通常海域最深部

2018⁄10⁄06(土) 00:00
01_20181002024519dc6.png
前回のあらすじ。 艦これ初秋イベの警戒陣大活躍!
――一期で到達しなかった海域までなんだかんだでコマを進めてました。

まぁ なんというか「演習面倒くさがって伊勢任務進めていない」ので
いずれまた6-4には泣く泣く出撃することがまたあるのだろうとは思いますが……

さて そんな感じでこれまでも任務攻略を並行してできる(なおかつ覚えている)ならば
ことのついでに、と 海域開放と同時並行して頑張ってきましたのっぴぃさん。

まぁ ことのついでに行けるならば行きたい場所、というのはほかにも一応あるわけで。
02_20181002024517470.png
その一例が6-5. 一期の時には6-4攻略終わっていない、ということは
当然この海域に顔を出すことすら叶わなかったわけで
すでにここへの出撃を指定してきている任務を遂行しそびれている、

――うん。 そりゃあるわけですよね。 面倒くさいことに。

というわけで「道中が安定しない」として敬遠されて要るっぽいルートを
この警戒陣使って突破してさっさとやっつけてやろうと考えたのっぴぃさん。

――幸いなことに 基地航空隊任務のほうはしっかり終わらせておりますので
そちらも出しつつ 艦隊運動やっていく、そんな感じになるわけでして。

03_2018100202451649d.png04_201810020245133bd.png
05_201810020245116a3.png06_20181002024510bed.png
というわけで まず突貫しましたのが鈴谷改二航の任務。
……しょっぱなから撃墜されまくる未来が見えていたわけで
実際 航空カットインがあまり刺さることもなく苦しい戦いでした……

何より これでもかってほど大破してくる大鳳さん。

そして 連合艦隊相手ゆえに「第一第二で中途半端に残してしまうと絶対達成できない任務条件」
と来たわけで 地味に面倒くさい任務だなぁとぼやいたまでは覚えております。

07_20181002024638b66.png08_20181002024635d73.png
11_20181002024633d8a.png12_201810020246311bd.png
その後 間髪入れずにサラトガ任務。

で ここで輝くのが先日手に入れた夜襲カットインの皆様。
……サラトガさん 旗艦で守られていた、ということもあり
夜戦初手でそれなりのダメージたたき出してくれるという頼もしさを見せてくれました。

まぁ 軽空母じゃないというだけで制空の安定感も違うということでそれだけでも大きな違い。
とりあえず いただいた装備のほうもこのまんま。

13_201810020246290f0.png
で 結局その勢いのまま(アイオワを武蔵に入れ替えましたが)とりあえず
ゲージ削りきって勲章もらう、というところまでこなした。 ただそれだけのお話。

TOP

後方充実も忘れずに

2018⁄10⁄05(金) 00:00
40_20180929232655926.png41_20180929232648540.png
まぁ 前 中部海域をがっつりやった(すべてを一日で終わらせました)
お話を書きましたが この時は該当海域攻めてきたということもありZ作戦もついでに受領。
――この先この任務を受けることが果たしてあるのかどうかは、わからない。

こんな一言も一応あったので一緒にのせておきましょう。

さて 今回のイベントの後ろでやっていた「資材の無駄遣い」のことについて。

051_20180929232636894.png
052_20180929232629a8a.png054_20180929232623f21.png
「やっとのことで」該当艦載機が追い付きましたので夜襲艦載機のほうを
任務取得したというお話でございます。

正確に言えば「気が早く段階を追って終わらせるはずの艦載機改修を先に進めてしまった」
という背景がありまして F6F-5の改修マックス作ってから その時必要だったのが
F6F-3改修マックスだったということに気が付き……ちょっとした振出しに戻る
みたいなことを経験していたわけですよ。

……改修素材集めとか、まぁ いろいろあるわけですよね?

055_20180929233007598.png056_20180929232959e04.png
逆に言えばその次に続くF6F-5改修マックスの転換任務はノータイムで終わるわけ。

058_201809292329553f9.png60_20180929232952e10.png
その次も。 ――まぁ こっちは改修がいらないというのが非常に大きい。
……で これらの近パートで万単位でボーキが吹っ飛ぶとかいうことを
一応 イベント真っ最中にやっていたわけですからそれなりにアホな資材管理だなぁって。

――まぁ でも 夜襲艦載機が届いたのはこれからの動きを大きく変えてくれることは
間違いないといえますし そこまで変なことでもないのだと同時に主張する次第。



61_20180929232949f0f.png
62_20180929232946ac3.png63_2018092923312394f.png
最近の艦隊運動といえば……  困るよね。 レア駆逐運用。
誰から育成すればいいのかちょっと判断に困りますし。

まぁ 最近は「旗艦限定グラ着てる子から育てていけばいいんだ」という
なんというか 色気にほだされた司令官やっています。 本当にありがとうございます。

64_20180929233117958.png65_20180929233113a54.png
66_20180929233106950.png67_201809292331004f7.png
そのノリで指輪渡すまでが様式美とか言っているクソ変態でした。
訂正します。 部下を色目で見てる変態はこちらです憲兵さん。

TOP

下半期初日

2018⁄10⁄04(木) 00:00
――最近は週末のたびに雨に降られて まとも外出できやしない。
……などという声を会社で聞いてきたのですが 私もそう思います。

涼しくなってきたからには(先の目標ではないのですが)
茶利で漕ぎ出してちょっと 遠出してみるのもありかもしれない

……などと考えはするものの 部屋の前を濡らす雨粒を見て
租っと部屋に引きこもる、ということが恒常化しております。

この下半期始まりの時期にも盛大に台風さんがやってまいりまして
のっぴぃさん(連絡はしたものの)早々から遅刻をかますという
なかなかに幸先の悪い滑り出しをかましました。

まぁ 実際線路点検で始発から止まり、いつもの出発時間ギリギリに
やっと電車が動き出した、という状態でもあり
まだ まともなプロジェクトに配属されているわけでもない、という気の軽さもあり
大事には至らなかった、という状態ではあるのですが。

ついでに ホームで列車を待つ→電車が来る→扉は開くものの底にあるのは肉壁

……などという状況が連続しまして 挙句には目の前で
列車に入りきらなかった女性のヒールがドアに引っかかり
それが原因で立ち往生する列車、みたいなのを眺めたときに
「あ~ もう、これだめだわ」ってあきらめのムードが立ったというのも大きい。



そんなさんざんな中 この就職戦線を抜けてきた方々が内定式をしていたようで
この日は真新しいスーツに身を包んだ若者をかなり眺めることになりました。

まぁ 入社一年目の若造が先輩風ふかせるのもいかがなものかと思いますが
その時の自分のことをふと 思い返してみたときに
全く持って一年先(現在の今)の状態を見越すことができていない。

そして 現在もまたしかり、私が一年後にどこで何をやっているのか
全く持って理解ができないということを思い返して
自分一人の判断力なんてどんなにちっぽけなものか、などと考えています。

大人になることで「人生なるようになる」なんていう大人
前まではなぜこうも多いものか、と思ったものですが そういうことなのかな、
という理解がやっと至った気がします。

……なんか 急に感慨深くなりましたがそんな、下半期一日目でしたとさ。

TOP

通常海域えんやそら 後

2018⁄10⁄03(水) 00:00
当時ののっぴぃさんの心境としては「警戒陣あるうちに面倒な通常海域は終わらせたい」
という意図が多大にあった、ということは申し述べておきます。

……ついでに言えば こんな感じで通常海域のやりなおし作業があるのであれば
イベント自体もわざわざ「ちょっと大きめな中規模」とかいう
よくわからない仕様にしなくてもよかったのだろうと思う今日この頃。

ついでに 最近一つ一つの海域の重さが激重だったりして
「労力の割に報酬がしょぼい運営の怠慢であるのでないか」という疑問すら
覚えてしまうというのはこれいかに。 

……重くするのは構わないが それの労力を正確に把握することと
報酬用意できないのであればむやみに面倒なことし越しこまなくていいからと思う。

29_20180929232307b5a.png
そんな愚痴ばかり語っていてもアレなので
たぶん イベント前あたりにつながってくる?  ような垂れ流し。
……通常海域の再攻略を一言ずつしゃべっていきます。

6-1. 初戦大破(水上艦)多すぎワロタな感じ。
……潜水艦は一度も大破せず(ついでにマンスリーも受けてやっていたのですが)
済んだというのは阿武隈とか翔鶴とかを厳重注意するに値すべしと自分の中の誰かが言ってた。

30_20180929232305eb0.png31_2018092923225998d.png
6-2.鈴谷任務が残っていたのでついでに攻略。

まぁ 「こんなもんか」といった感じの難易度だったりしたわけで。
――ところでどう見てもこのあたり 戦闘ます突っ切っているのですが
ここに配備されている方々はこれには反応しないんですね()

32_20180929232254c1e.png33_20180929232248597.png
水蒸気母艦が大活躍の6-3. ここもまぁ。 マップとしてはシンプルよね。
――ただ 出撃できる方々が相当つらくて難関になるという。

ただ 今は「駆逐の方々がかなり回避率上がってくれる」警戒陣が使えますし。
……というわけで それ使いまくって何とか旗艦スナイプカットイン決めた
ぽいぬちゃん、本当にありがとう案件で何とかするわけです。

35_20180929232411493.png36_20180929232408ee7.png
37_2018092923240509b.png38_201809292324023a3.png
で ここで取り上げる最後は6-4. 一期の間私は面倒くさがって
出撃しなかった海域なのですが――なんか やっておいた方が良さそうなので
それこそ「警戒陣が使える間」に何度も突貫したって感じ。

39_20180929232357c01.png42_20180929232354734.png
確かに困難を極めましたが コマさん使い始めてからかなり安定。
……やっぱり コマさんの被害を抑えつつ道中突破できる警戒陣最高ですわ。

TOP

抜錨! 連合艦隊、西へ!⑥

2018⁄10⁄02(火) 00:00
106_2018100202411093d.png107_20181002024108cf3.png
108_201810020241072cd.png109_20181002024105343.png
110_20181002024102f8f.png111_201810020241001f5.png
前回は報酬眺めながら後語り、ということもしませんでしたのでまずそこから。

乙作戦ということで艦載機のほうはもらえませんでしたが(熟練じゃない方くらい
もらえてもよいのでは、とも思たけれども お札ないだけでずいぶん楽させてもらえたあたりから
そんなこと言うのは贅沢なのかな、という気にもなってきた)
しっかり砲のほうはいただくことができました。

一応 一番の目玉のビッグセブン、ネルソンさん。

私自身は試しておりませんが複縦陣など条件を満たしたならば
三人連続攻撃を追加で行うことができるとかいう特殊能力をお持ちとのことで。

――ある意味運任せのカットインになるわけですが そのオンリーワン性能はなかなかのもの?



117_20181002024226a78.png119_20181002024223a23.png
さて イベント海域恒例堀のお話ですが 私の場合今回は
海域攻略中に幸いなことにどちらとも邂逅することができたということで
なかなかに助かった、という展開だったりします。

岸波とはE3の第二ゲージ削っている最中、ゴトランドとはE4のジェノバの港で。

102_2018100202422299a.png
ゴトランドさんは軽巡ということもあり 今回の連合艦隊では
友軍旗艦としてやたら顔を見せることが多かった印象もありますね。

――ただ いきなり脈略なくスウェーデンから艦が合流する、というのは
いささか不思議なところもあり せっかくだったらこのあたりにも脈略が
欲しかったかな~  という個人的な感想も否めません。

113_2018100202422076a.png114_201810020242175b6.png
115_20181002024215972.png116_2018100202432743b.png
118_20181002024325f19.png120_20181002024323c83.png
その他のレアドロップはこんな感じか。

個人的には大東がやってきた――ということで その片割れも二隻いることですし
また海防艦ガチャの可能性ができた、というのはそれなりにありがたかったり。

099_201810020243218b5.png100_20181002024318616.png
あと 攻略している最中に気が付いたのですが「イントラピッドの改装忘れていた」
事案が地味にあったようで 攻略中中破した際にバケツ節約もかねてこっそり改装。
アイダホのジャガイモの雰囲気がします()

121_2018100202435623b.png
というわけで やることやれたのでイベント自体はおしまいですね。

TOP

Maple leaf

2018⁄10⁄01(月) 00:00
201810月
(やべぇ、先月分の写りが
そこそこ悪くない絵が思い浮かばないでござる…)
という 中の人の本音駄々洩れでお送りいたします。 のっぴぃです。

まぁ そんな中選ぶことにしたのは築地市場。

賛成だとか反対だとか渦中にあることも事実ですが今月から
新たな道を歩むことになります東京の台所。


――この決定を覆すことはできないでしょうからせいぜい
失敗だった、という展開にならないようにしてほしいものです。(という体で)



酷暑だった今年の夏も何とか落ち着き秋がやってきた、といった感じでしょうか。

基本的に暑さに弱いのっぴぃさんは例年よりも暑い今年は結局
終始クーラーをかけて引きこもっていたら終わっていた、という印象です。

というのも 今年はあまり無茶できませんし(やったとしてもその後の
仕事に響いたら叶わない、という心の中のプレッシャーがある)
そもそも 慣れない生活に順応するためということもあり
基本的に面白くない生活していたな~  という印象があります。

これで新社会人になって半年――上半期も終わりまして 新たな目的というか
次の動き、ということを(実践することができるかどうかを別として)
そろそろ考えていかないとな、ということを考えています。

まずは 土日外出しても大丈夫なように休む時に休み遊ぶときには遊ぶ。
……同じ休日の過ごし方といえど、「ずっと体を休める」という展開からは
徐々におさらばしたいなぁ、と思い始めております。

旅行に行くもよし、スポーツをするもよし。

とりあえず「休日寝てただけ」という展開からの脱却をこの半年の目標にしたいです。

なお 一応今の現状もここに書き記しておきますと
週末に昼寝をはさまないとなかなかウィークデーの体力が持たないという正直な現状。
日帰りにするにしても何にしても 「この必須の昼寝」というのが
私のウィークデーの心身にたまった疲れを表しているのかもしれません。

――新しい生活に慣れないことには自信があるのっぴぃさん。
この壁を乗り越え、次(パートナー探し)につながる一歩を踏み出したいところです。

TOP

抜錨! 連合艦隊、西へ!⑤

2018⁄09⁄30(日) 00:00
085_20181002022631cfe.png086_2018100202262617c.png
気が付いたら大西洋に進出していた我が艦隊。
……正直 バカンス楽しんでいる、という設定なのだったら
最終海域地中海で止めておくあたりがよかった気がするのですがまぁ その辺は気にしない。

あ、全力出撃ができない、ということをまず最初に言っていた私共ですが
結果的に「乙」での突破のほうができた、ということを報告させてもらいます。

とりあえず 初手ゲージはダイソンとなります。

――こちらは艦これ的に言えばウォースパイトがメインのイギリス軍、という動きらしいですが
この時点で割とイギリス本当からは離れている印象。
――まぁ 忠実知らないのでアレですが そんなものなのでしょうか。

088_201810020226244a1.png089_20181002022622b1f.png
これが終わりますと次はドイツ軍の動きとトリコロール夏姫が出てまいります。

一応 海域的にはこのあたりが山場、といった難易度みたいなのですが
姫の立ち位置みたいなのもなんとなくそんな気もしますし
私個人的には「ここでいったん海域割ってフランス艦くれよ」って実際思ったわけであります。

091_20181002022619b3f.png092_201810020226149ad.png
まぁ そんなこと言いつつラストは空母機動艦隊で割ったんですけどね()
――洋上補給(ただし補給艦自らが食す)を活用しながら。 こうでもしないと溜まるもの。

096_2018100202274126b.png097_201810020227394a0.png
で 最終的に欧州水姫の待ち受けるマスが開けるわけで。

101_20181002022738507.png103_201810020227369e0.png
なんか 本来はラスダン入った後に「第一第二ボスたたきに行く」という
ギミック発動したりなんなり、ということがあったみたいなのですが
私の場合 気が付けば「ギミック割った後の光景」が広がっておりましたので
これ幸いに、と進ませてもらいました。

まぁ 空襲ます開放ギミックのほうはやりましたけどね。

というわけで 最終的には魚雷カットインマシマシの攻勢で行ったわけですが
見事 カットイン三連星の真ん中にいたぽいぬちゃんから
おにぎりもらった雪風がカットイン決めて終わらせました。

104_201810020227328b3.png105_20181002022728b7b.png
甲作戦は「同じ札が付いた連合艦隊でないとたどり着けない」
という縛りがあったこの海域で この欧州水姫の片割れになっているビスマルクと
彼女が言う「忌々しい複葉機」を扱っていたアークさんを
並べて攻略できる、いかにも艦これらしい連合艦隊で行けるのは
甲作戦ではできない乙な計らいなのかなと感じる今日この頃。

TOP

抜錨! 連合艦隊、西へ!④

2018⁄09⁄29(土) 00:00
057_201810020219169d6.png058_20181002021914bd2.png
なんか 気が付いたらやってきてしまった地中海。
……今回の欧州進出では結構あっさりスエズ運河通してもらえたんですね。

――というか そんな設定だったら本当に「同時進行作戦ってわけじゃないでしょうに
そこまで細かく札分けする必要なくね?」って思うワイ提督。

――封鎖するとしたらここ、というポイントだろうと思うし
前回は欧州の門番、とばかりにいらっしゃったトリコロールな方がいらっしゃいましたが。

059_201810020219104ea.png060_201810020219085a9.png
061_20181002021906d01.png062_20181002021903789.png
というわけで まずはこの海域にて――ダイソンに資材を提供します。
――輸送先が全く持ってよくわからない海の真っただ中なのだからそうとしか言いようがない。

063_2018100202203530a.png064_2018100202203203b.png
すると なんだかんだで海域が広がるので その先でギミック破壊します。

065_20181002022030e81.png066_20181002022027e81.png
なんか 入居中の姫が鎮座しております。 あらすじそんな感じ。

066_20181002022027e81.png067_20181002022026f96.png
070_20181002022149404.png071_201810020221465de.png
基本は駆逐艦ですが まぁ ずっと修理しているという難儀な子。
――その影響か 水上艦なのに陸上標的といういろいろと困った苦難を抱えております。

……そんな 特攻的意味では軟な方ですが 随伴艦が固さも受け流し的な柔軟さでも
物量でも豊富に位置しているおかげで見事に守られてる感が強かった印象です。

まぁ そんなことを想いながら――やはり 陸上装備で押し切る感じ。
やはり、ケッコン済駆逐艦は強い(真髄)

072_20181002022142984.png073_20181002022140753.png
074_20181002022135137.png075_20181002022132af0.png
076_20181002022259c28.png077_201810020222548b6.png
078_2018100202225287b.png079_20181002022248af2.png

どうでもいいけれども 「今年はしっかり働きます」って
水着にならない、という選択をした子をわざわざ有名な避暑地へ送り込むあたり
割と鬼畜なことしているのではないかという罪悪感にさいなまれた今日この頃でございます。

081_201810020223299d5.png084_201810020223241d5.png
さて その次に続くのは……ライン演習?

――何というか 日本の海戦はそれなりに海域ごとにストーリー踏みながら
やってくるものが多かった感があるのですが 欧州の場合はそれを結構脈略なく
投下してくる感じ、なのでしょうかね。

私としては ここでプリンちゃん全力出撃させるのを「女神に傷をつけてなるものか」という
いつぞやの謎の誓いの影響でためらう展開になったため
この海域の「手抜き参戦」がここで決まったわけであります。

……海域終了後ボイスドラマがあったならば この誓いを破ることも考えた。

TOP

サカナ、イモ

2018⁄09⁄28(金) 00:00
先にあった三連休と後からやってきた三連休。 それぞれの時にやったお話が
いろいろと錯綜させながら書いている 自分でもよくわからない配分になっておりますが
今度は後半の三連休――まぁ スケジュール的には個人的に
非常に充実しているといえる方のお話をさせてもらいましょう。

築地04
オリンピックのあおりで壊される――必ずしもそうではないのかもしれませんが――
昭和の名残惜しく騒がれる築地市場のほうへ行ってまいりました。

私自身来月移転予定のこの築地 行っておかないと手遅れになりそうと思ったのもありますが
例えば ここに来たことがないという友人のことを聞いて
自分の知っている東京を案内するどや顔ツアーのルートに組み込んでみただとか
私がすき好んでちょいちょい食べている築地で仕入れるおかかのふりかけが
最近どうも食べたくなったから仕入れにやってきたとかそんな邪推な同期はございません。

築地02築地03
まぁ 築地といえばやっぱり魚とかが集まってくるわけですが
少なくとも私一人だった場合は「何を好き好んで一人食い歩きするんだ」
って言いながら たぶんやらないだろう食い歩き。

でも 誰かとくるとその「意固地になっている部分」というのを
吹き飛ばしてくれるわけですからなかなか楽しげがある……ように思います。

築地01
といいつつ 築地には魚以外にもおいしい食べ物が集まるということで
一応スイーツにも舌鼓を打ってみたりしているわけだったりします。

こちらでは なんともおいしそうなイチゴスイーツが見られたので思わず一口。
酸っぱさがなくすっきりとしたイチゴの味、いただきました。



まぁ 私自身願ったりかなったりの買い物(ふりかけ)ができたにもありますが
そのほか ちょいちょいと一緒にいる奴のやりたいことなど聞いてみながら
私の案内できる範囲の東京見学、みたいなこともやっておりました。

――といいつつ 育ちがイモの千葉っ子、のっぴぃさん。

基本的に渋谷や池袋といったおしゃれな人たちが集まる山手線の西側には
残念ながら縁もゆかりもありはしない、ということで 胸張って案内できるのが
秋葉原をはじめとした山手線の東側ばっかりだな~  ということは

――ちょっと計画建ててみながら思ったことだったりもします。
……まぁ できる範囲でできる場所を宣伝していくスタイル、それでいいんだよね。 きっと。

――などと言い訳しながら多慶屋へGOするのっぴぃさんであった(見た感じそれなりに好評?)

TOP

抜錨! 連合艦隊、西へ!③

2018⁄09⁄27(木) 00:00
035_20181002013906a53.png036_20181002013904d8b.png
前回のあらすじ。 インド洋ど真ん中の泊地。 どこ?
――いや 実際に 「バカンスでなんか海に浮かんでいる泊地」という状況らしく
扱いも水上艦に代わっているという なんとも素晴らしいことになっているこのバカンスモード。

……現実の陸上施設が「やれバカンスだ」で海にぷかぷか浮かばれると
それはそれで物理法則も顔真っ青な展開になるわけですがまぁ。

037_201810020141119bf.png038_20181002014109c56.png
さて このあたりの海域から(まぁ 私はRTA勢ではございませんし)
友軍艦隊のほうがぼちぼち現れるようになった、という状況でございます。

今回のイベント この海域では割とアメリカ艦をまとめた方々がやってくる
――ただし 明らかなバランス調整があると思われるため 「アイオワはやってこない」
という状況だったりするわけですが。

……まぁ 全体的に今回のイベントでは結構支援艦隊として夜襲カットインする
空母がやってくる、ということが多かった印象があるわけなのですが
そんな意味で考えると 今艦これの装備で夜襲カットインをする→アメリカの力が不可欠

ということで 後方支援に特化しているとはいえ 今回の作戦で
一番の立役者ってアメリカなのではないか説が浮上しております。

――いやはや、夜襲カットイン装備、さっさと揃えたいものです(フラグ)

041_20181002014107ae3.png043_20181002014105352.png
043参照044_201810020141001c7.png
――で 泊地水鬼ゲージを割った後は同じ場所に出てきている
ドイツに帰りたい姫のほうがやってきましたのでそちらをボコす作業になります。

――まぁ 展開的にはなかなか心が痛む。 なお なんか見覚えがある鬼がおりましたので
せっかくなので並べてみました、というのも一応やっておきます。

プレイしている最中には全く持って気が付きませんでしたが 一応角の傾向が違うのね。

045_20181002014234404.png046_201810020142315b4.png
047_2018100201422907f.png048_20181002014226290.png
一応 空母の方々に特攻があった、という形なのですが
「相応に無駄に大破する大食い空母」がおりましたゆえにそれなりに苦戦しながらなんとか海域突破。

049_201810020142246c5.png050_20181002014221f12.png
051_20181002014339d3c.png052_20181002014336a43.png
053_20181002014334900.png054_20181002014330a2f.png
055_201810020143265eb.png056_20181002014322ca0.png
海域突破報酬は――まぁ ボスのイモっぽさからなんとなく
想像ができていた方がもらえるわけですが それはそれでありだと思います。

TOP