春の足音

2019⁄03⁄09(土) 00:00
一応生まれてから大学に入る直前まで千葉で過ごしてきましたし
関東平野の――通年の――気候というのは大方頭に入っているつもりなのですが
普通の冬であるならば関東の冬って降雨少ないはずなんですよね。

で 冬の終わりになってくると南岸低気圧とかで雨や雪が
徐々に降り始める、というのがよくある流れだったりするわけです。

ところで、ここ最近私の身の回りを眺めてみると連日雨ばかりとなっておりまして
――まぁ 冬の終わり、といった様相になっているんですよね。

そこで私、思うわけです。 さすがにやばくね? と。

今年は特段に暖冬である、という言われ方もあるわけですが
まぁ 今回はそんな高尚な事しゃべっても意味がありませんので
ひとまず私個人的な身の回りの危機感をしゃべらせてもらいますと主に
「冬ボーナスの買い物として買ってきたスキー板の利用率に関して」といった感じです。

せっかくスキー板とかそろえてみたというのに今のところ
まだ今年二度しか滑れていないというのに 全く持ってゲレンデに
今年の間顔を出すことができずにいた、というのは
少しばかり焦りたくもなる事案であるわけです。

まぁ 言い訳じみた感じで言わせてもらいますと当初から
今年のスキーが十分にできるとは思っておりませんでした。

なにせ 環境が変わったばかりで その環境に慣れる過程で
――私自身はかなりストレスがたまる人間ですので それのしわ寄――せで
まともに休日が動けるようにまだ私自身の体が出来上がっていないと思ったからで。

――その一因として 例えば前にスキー場へ行ったときに
最悪のコンディションを実感したことであったりとか
そのあおりで肋骨に打ち身(一応張り薬はまだつけている)作ってしまったりと
身をもって体験した事実も裏付けにあるのかもしれません。

……とはいえ、シーズン中月一でスキーいければ、とは思っていたんですよね?

でも 現実は 12月は驚くほど雪が降らずにスキー場が開かなかったわけで
今月は――やっと肋骨に違和感なくなってきたので、といった有様。
とりあえず 今月中にどこか行く算段立てられるか今から考えなければなりません。

……とにもかくにも 現在の自分の身体管理、限界管理ができていないおかげか
どこか行き当たりばったり感が出てきたことは否めませんが
もう少し自分を今後管理できるようになりたいですね……

そのためにも 早く現在の生活に慣れなければ。

TOP

レア駆逐

2019⁄03⁄08(金) 00:00
最近の改二は「レア駆逐枠だろ」とこちらが勝手に想定していた艦でも
不意打ち的に降ってくることがある、ということで気が抜けません。

――そんなわけで 風雲に改二が来た、やべぇ、育てていないだろうと
半ば慌ててみたのですが いざ我が艦隊の風雲がどこにいるのか確認してみたところ
「東京急行艦隊にドラム缶要因として配属されていました」ということで。

14_201903060040331af.png
――のっぴぃさん、育成が面倒くさい、ということもあり
最近はレア駆逐枠に未改装レア駆逐をぶち込んでるという生体があったのですが
今回はその生態がうまく働いたのかもしれませんね。

――ちなみに 同時育成枠として天霧が。
……一緒のタイミングで入隊してもらっていたのでこの時点では
経験値量が全く一緒、私の性格的にはこのまま80くらいまで持っていきたかったのですが。

12_20190306004035340.png13_20190306004034762.png
相方だった天霧さんには最近空きが出た「キラ付け遠征艦隊」に参加してもらうとして。
21_201903060040321ee.png22_2019030600403108f.png
23_20190306004118a6e.png24_201903060041175f3.png
そこから軽くブートキャンプはさみまして風雲改二完成です。

うーん、作っておいて何ですが やっぱり昔からいたコモン艦に
早く改二実装してあげた方がいいんじゃないか、とこのあたりからは思っちゃいますね。

28_2019030600421993e.png
まぁ 一つありがたいことを言わせてもらうとすれば
この娘 普通の改時点で見張り員持ってきてくれるから、その点は大きく評価。


25_2019030600411650a.png
最近の回収工廠。 噴進砲、やっとできたよ。

でかい戦艦とかに航空戦対策で積ませることがはやっているらしいこの砲。
――そういえば持っていないことに気が付きましたので
最近頑張って作っていたのですが 最後の最後になって気が付く「25㎜三連装砲」不足と。

――正直 上で風雲のレベリングも 三連装砲持ってきてくれる
秋雲やら夕張やらの牧場ついでだった、という裏話もあります。

26_20190306004115d7f.png27_20190306004114a6c.png
ついでに言えば まだ四航戦関連任務も終わっていないですし
タイミング見つけてこっちも上手くやっておかないといけないですね。

TOP

桃の節句(おやくそくの)

2019⁄03⁄07(木) 00:00
何らかの節句に折に触れてそのイベントに触れようとするものの
「まぁ 私には関係ないんだけどね」という一言を添えてしゃべり始める、
というのは私の記事づくりの中では半ば定番になってきつつありますが。

01_2019030400381054d.png02_2019030400380907f.png
まぁ、そんなことですね。 散会~

03_20190304003808940.png04_201903040038079db.png
05_2019030400380679e.png
あと 最近のアップデートで増えた立ち絵には
某古参デパートの衣服をまとったという艦娘の皆様がいらっしゃったりします。

私自身もせっかく関東暮らしに戻ったことですから
コラボのもろもろを見に行ってやろうか、とも考えたのですが
ざっとそのラインナップを見たときに「私が欲しがるものもないな」
とさっさと切り捨てささっと引きこもってしまっていたり。

……先月にはローソンでのコラボがあったりと まぁ なんというか
「この手のコラボ」も盛んになってきている今日頃ですが
「今回は乗るか乗らないか」の判断が 日に日にシビアになってきている気がする今日この頃。

06_201903040040170fc.png07_201903040040166a7.png
08_20190304004015ca8.png09_20190304004014f2e.png
先日の艦これネタ、といえば ビッグセブンの陸奥改二も。

――長門と並び 特殊砲撃をひっさげて登場です。

なんというか 「特殊砲撃ができる」のはビッグセブンの特権、みたいな
空気をどこか醸し出すような運営のいいかたでしたが
この分であるならば いずれ艦これはビッグセブンの戦艦を
すべてそろえる、みたいなことを考えているのでしょうか。

10_20190304004014917.png11_201903040040131b1.png
ついでに それと並んで出てきた任務の中に
「執務室のリフォーム」的なのがあったりしたのですが

……何というか この手の名前というのもどこかツッコみたいような
どこか歯がゆい何かを感じるのは私だけなのでしょうか?

TOP

とん挫

2019⁄03⁄06(水) 00:00
01_201903040020599ed.jpg03_201903040020580a9.jpg
割と街づくりも「ノリと勢い」でごり押すことが多い――と自負しております。
のっぴぃです。 まぁ 軽く昨日書いたネタのおかげでとん挫しかけている街の様相でもお見せしましょう。

まず 街制作時のコンセプトとして「碁盤病の脱却」というのがございまして
あちらこちらで――それこそ碁盤の街の真価が発揮されそうな場所は残していますが――
ちょっと不規則な街路、というのを目指して街づくりをやってみた感じです。

例えば 「町の開発を始める前に仮想的な街道、宿場町」みたいなのを開発したうえで
これを発展させていく、みたいな感じでしょうか。

そのほか メインストリートをわざと円弧のようにして
カーブを持たせるなどして単純な街路からの脱却を。

02_201903040020573c3.jpg
あとは 尾根、谷筋を上手く使いまして 谷筋に道を通して
その左右に鉱山を設ける、とか まぁ そんな感じで少しばかり
地形、標高線を意識した街づくりみたいなのもやっておりました。

04_20190304002057598.jpg05_20190304002056c5a.jpg
といいつつ やはり工業地帯とかは碁盤に身を任せた方が
いろいろと作りやすい、というのは私の中野城跡になりつつある件。

06_2019030400214020d.jpg07_20190304002139b31.jpg
あとは リゾート地を目指した何か、のような島であったり
城郭都市のようなものを目指した何か、みたいなものもあったりします。

城郭都市はその城郭自体が角張ったものしか見つからなかったがゆえに
どこか中国のそれを模倣したかのようなそれこそ
碁盤の目のような都市が出来上がりましたが――まぁ 東洋人だからね、仕方ないね。

こんな悩みを吐露しつついろいろと街作っているときに
「もう少し都市の成り立ちについて勉強してみようかな」みたいな
気持ちが湧きたつこともたまに、あります。

……まだその心の余裕はありませんが。

TOP

暇つぶし(だったはず)

2019⁄03⁄05(火) 00:00
最近 暇つぶし、一種の趣味、時間融解材としてやっている某都市づくりゲーム。

……最近しょっちゅう中指立てたくなるレベルでセーブ失敗みたいなことが起こりまして
週末のたびに何らかの対策を立てて行動してみる――みたいな日々を過ごしております。

怒っていることは――なんか近頃にも書いた記憶があるから
あまり詳しくは書きませんがセーブをするときに半分くらいの確率でクラッシュ。
――何か作業をやっている最中にこれが起こったらほぼ確実にクラッシュ。

最近はクラッシュの機会を減らすために自動セーブの昨日を止めて
作業してみたりしているわけですが……本末転倒感が否めない。
(↑何かの作業中に自動セーブが割り込んできてセルフクラッシュ、ということが多かったため)

とりあえず ここ最近にやってみた概要を軽く載せてみますと

……まずはゲームに導入しているModをごっそり抜きます。
その後 システム根幹にへばりついている――地下鉄関連――以外のModを
よいか悪いか判断しながら抜いてみつついろいろ挙動を確かめて

……みたいな地道な作業を実施→さほど大きな成果も出ず。

まぁ 有名なModのクラッシュだったらもっと大々的に荒れそうなものですし
割と地味なところにクラッシュのネタが転がってそうなのですが……

地下鉄なんてそのもっとも足るものだし 日本語化Modとかも
日本人なら何か影響あったらすぐに情報は回るだろうし、という打算のもとやっているのですが……

それでも影響がない、仕方ないからゲーム自体を入れなおす作業を実施
→相も変わらず お困りの症状が現れまして心の中に暗雲が立ち込める

挙句の果てにはセーブデータも新しく作り始めて
心機一転、やってやるぞ~  とか 考え始めた矢先にも
セーブクラッシュが発生するものだから何がどうやら、といった感じ。

あとは これと同時にサブスクライブできていないアセット等の
アンサブスクライブ等 まぁ 不具合怒りそうなものは極力消してはいるのですが……

まぁ あとは上で試していたModの抜き差しというのをまさに
「一個ずつ」試してみるという策しか思いつかないわけですが
――何というか 自分の性格的にここまでやられると非常に萎えるものがあるわけです。

とりあえず 明日あたりにはこの影響で道半ばでとん挫している作りかけの街のほうでも載せてみます。

TOP

だから肥える。

2019⁄03⁄04(月) 00:00
外食01外食02
外食03外食04
私が千葉に帰った時にかなりの頻度で立ち寄る――というか
前に実家へ帰った時にも当然のごとく寄りましたが――系統に
味噌ラーメン店、なるものがあったりするのですが その同列店
少し私の定期券とかそもそも列車の便からは遠くなるのですが
一応、通えなくない範囲に一軒あることに気が付きまして行ってまいりました。

……ら、千葉の店なんて目じゃない程度に店内が凝った作りになって驚いた、という話。

なぜか店内に小さなお宮があったりするし あれ? この店って
店内にこんなこだわり持つような部分あるチェーン店なの?  とか思っちゃいました。

びっくりドンキーがトタン風の外見をしていても驚きませんし ディズニーとかユニバとかに
店舗展開している店がその空気を読んだ店構えをしていることにも驚きませんがこの理論と真逆。

……それとも、千葉がイモいからそんな凝った内装は必要ないということでしょうか?
ダサイタマ、なんて団栗の背比べしていた向こう側は最近映画で飛んでるし
いよいよイモさが板についてきた気がしますよ()

スイーツ01
頭をフル回転させてMP消費する仕事をしていると
不意に欲しくなることがあるのはスイーツ、ということで。

時たま改札内に出ているワゴンとかでわざわざ遠くから仕入れたスイーツ
――写真は福岡博多の物らしいですが――みたりすると
別に詳しくはないけど買ってしまう、なんてこと、あるみたいです。

まぁ どこにどこがワゴン出している、みたいな情報をわざわざ仕入れようとは思いませんが
一期一会の楽しみを、という意味ではプチ贅沢といえるのかもしれません、この辺も。

外食05外食06
だんだん出してくる画像が俗っぽくなりますが。

のっぴぃさん、最近ランチはこんな感じのチェーン店を行ったり来たり。
……基本的にクーポンにつられながら生活しております。

最近ちょっと驚いたのは松屋の先月末まで使い放題だった定番定食割引券が
最近の生姜焼きグレート、みたいな定食にも適用されていたこと。

かなり太っ腹だなぁと感じた半面、この割引券配布時に
グレート化していたハンバーグ定食がこのチケットから漏れていることを思い出し
――なんだかな~  という どこか腑に落ちない感を同時に感じる今日この頃です。

TOP

桃もリンゴも

2019⁄03⁄03(日) 00:00
桃の節句、とはいえ何をするでもない。
それにかこつけて何を話すネタがあるわけでもない。 のっぴぃです。

そういえば とうとうバレンタインも社会人で男所帯に放り込まれたこともあり
同年代でつるむということもなくなったからに
本当に縁のないイベントになってしまったなぁとふと感じる今日この頃です。

というわけで 今日も当たり障りのない愚痴でもこぼしてみたいと思います。
――ちょっと 実家に帰る前後で思ったこととかについて。

買ったはいいものの 肝心なところが抜けている、で少なくとも
私の周りでは落ち着きつつある評価を誇っているアップルウォッチについて。

前実家に帰った時 これの充電器を忘れ これの充電が切れると
私はスイカから切り離されて生活しなければいけなくなる――実家からの帰りだとか
そのまま仕事行こうとするなら定期もろもろとか――ということがあり
実家近くでアップルウォッチの充電器を買おうとしたのですがこれがなかなか見つからない。

そこんじょそこらの電気屋さんに行っても売っていないし
これみよがしにアップルウォッチの展示販売している店にも取り扱いなし。
……かなり店をはしごして苦労して手に入れざるを得ませんでした。

まぁ こんなことは今後もあるだろうからその時買った充電器は実家に置いてきたのですが
――こんな扱いってどうなのよ?  と思わざるを得ないわけですよね。

ついでに言えば アップルウォッチも(本気を出せば)iPhoneも
ノンケーブルで充電が可能、という特徴があるのですが 実はこの二つ
充電形式が地味に違うらしく 「片方の充電ステージ買えば万事解決」というわけでもないらしい。

世の中には一応双方を一度に充電できるスペースを提供するような
充電器スタンドのようなものが大体諭吉くらいで売っているらしいですが
この売り方って結構ぼったくりなんじゃないの?  って思うわけ。

――一つの充電器で場合によって療法充電できる、って方が絶対便利なのに。

なんというか この品にはいつも愚痴しかはいていない気がする、今日この頃であります



サテライト
実家帰るときに東京駅で見た簡易オフィスらしい。 狭いところのほうが落ち着く人間には
なかなかいい感じのアイテムであると私は思うのですが
正直 こんな通勤途中でやるくらいなら素直に家帰った方がいいんじゃね? と同時に思うワシ。

……そんな私にはわかりませんが 様々な場所にいろんな完成を持った人が
様々なアイデアをちりばめて社会はできているんだな、ってそう思います。

TOP

「なにもしない」

2019⁄03⁄02(土) 00:00
今住んでる部屋で画鋲使うことが憚られる、そして
前のコミケで卓上カレンダーが手に入らなかった――去年使ったそれを
売り出してたサークルが別ジャンルに引っ越してしまったから――ということで
地味に日時感覚に疎くなってきている気がする今日このごろ。

とは言えども 最近は一週間程度書きたいネタから
時間をはさみつつおしゃべりするネタが提供できているのは
そこそこ良い傾向にあるのではないか、そう思いたい今日この頃です。

というわけで 前の週末何していたかというと
――感動を覚えるほど何もしておりませんでした。

……ただし 一応実家に帰っておりましたので
「なにもしない」ことをしに帰った、と言い張ることができます。

ついでに言えば このために有給を確保したというところまでありますから
この時点での私の怠惰に対するやる気っぷりを
見せつけることができるのではないでしょうか。

……だって皆さん、ただだらだらしているだけなのに
仮に11時くらいに起床したとしても そこにはあったかほかほかの
ご飯が鎮座しているんですよ??

そりゃ、世界とおいしいごはんに感謝して大きな声で「いただきます!」

――まぁ 教育番組でもないのでこんな書き方もどうかとは思いますが
親のすばらしさというものを身に染みて感じるわけであります。

正直な話 昨日あんな感じで月初め記事作っただけありまして
まだ 私には平日に枯らしてしまうMPを日々のお休みだけで
回復しきることができているとは到底思っておりません。

さらに言えば 仮に週末片方を全力で怠惰に回したとしても
やっぱり 回復しきらないMPがじわじわ残っているようです。

それを回復するためだけに――これに効いているのが「家事をしなくていいこと」
「しっかりスプリングがあるベッドで寝れること」「三日目の休日」「その他の要因」
どのあたりにあるのかはわかりませんが こうやって
何もしない時間を用意する、というのが非常に大切なのだなと再確認する次第。

……あと、似たように(こちらは年取ったおかげで)相当な睡眠時間を要している老犬がおりますが

……この辺もある意味 似たもの同士なのかもしれませんねw

TOP

季春

2019⁄03⁄01(金) 00:00
201903月
先月もゲレンデに行った、ということは書かせてもらいました。

まぁ せっかく板その他もろもろを購入したわけだし
「レンタルするよりは安い」と思える程度には滑ってやろう、
なんて思ってみたりはしているのですが どうやら今年は温暖らしく。

……前は猛暑の夏でうんざりしたかと思えば 冬の楽しみはなかなかやらせてくれずか。
たしか、12月もなかなか雪が来なくて板持て余していたのになぁ?

などと愚痴りたくはなるものの、まぁ 自然にはどうあがいても勝てませんので。

……ただ できる限りは腐らせずに有効活用させたい、という願望は
一応、持ち合わせております。 現在胸に爆弾抱えてるけど()



さて 本日は前立てた「今年の目標」に向けての中間決算
――まぁ 結論から言えば「何も進んでいない」というのが現実なのですが
今年中に建てる目標何がいいだろう、というお話。

その前に 一応立てている目標――の概要――を思い返してみると
今年一年間知識とか……お金とか?  蓄えてきたでしょうし
そろそろそれらをうまく使って 将来のことを考え始めようよ、といったところか。

私的に現実性を求めていくならば「休日一日を爆睡に充てなくても活動できるようにする」
というのがなかなか現実的なラインなのではないかと考えています。

私が仕事をすると気疲れするのか週末には相当な休息
――そして 定期的に実家という名前の「ダメ人間」と化する時空を往復しないと
生きていけない体、生活リズムが形成されているように思われます。

単に怠惰なだけなら「さっさと動け」ということになるのですが
先日のスキーで得た体験的に それをごり押しすると事故死しかねない、
ということで 「早急に現在の生活環境に慣れ、有意義な休日を得ること」を
第一目標にするのが一番建設的だと思うのです。

肉体的につかれる毎日を送っている、というわけではなく
明らかにこの惰眠等を引き起こしているのは心労が一大原因、ということで
ここでは「この趣味、浪費等は本当に大丈夫なのだろうか?」といった点は考えません。

……ひとまず、「土日ともに建設的に動いたうえで、平日五日間を乗り切れる」
精神的体力をつける……ということを ひとまずの目標にしたいですね。

――千里の道も一歩より。 すべてを取ろうとしたら何も取れなくなりますよ。

TOP

地質学

2019⁄02⁄28(木) 00:00
ちょっと、記事投稿日時を遅らせながら記事づくりをするスタイルしていたら
触れるのが遅くなってしまった感がありますが、先日再度北海道のほうで地震がありました。

……同じ地域を震源地に大規模な地震があった、という記憶が
かなり新しいところにありますが立て続けの災害に見舞われた方々へ
――こんな関東の片りんで何をすれば、感ございますがエールを送りたいと思います。

やはり 一度地面が動くとほかの部分もつられて動きやすくなるのか
――というか ひずみがたまる、という言い方がベストなのでしょうが――
「ここらの断層はエネルギーを出し切った」という安易な考えを持つのは
非常に危ないものである、ということを改めて思い出させてくれます。

一応私は地質系で大学を出させてもらい――ここで得た勉学的知識は
正直今の仕事で屁ほども役に立っておりませんが
この地震大国日本で生活するにあたって 「自然の偉大さ」と
「自然の恐ろしさ」について知の最先端を追いかけることができた数年間、
というのは一種特殊な体験であったと考えることができるでしょう。

――今回のような災害が起こった時に健全に怖がることができる、というのを
頭が固いおっさんになっても忘れないようにしたい今日この頃です。



さて 出身学部の話題を軽く踏んで最近のニュースを語ってみるならば、
こちらは日本的にはうれしいニュース? はやぶさ2のタッチダウンの話があります。

気が付けば知っている顔が新聞の一面を彩り――まぁ 成功したタッチダウン関連とはいえ
そこまでうれしい話題でもなかったのですが――ある意味
日本が湧くような話題を提供してくれたといえるでしょう。

……私もさっそく そちら方面でまだ大学にいる方に
「はやぶさおめでとう」みたいなメッセージを送らせてもらいました。

……まぁ はやぶさ2がサンプルを得ることができたとしても
この先それを持って帰ってくるまでにはまた とてつもない難題が
幾度となく立ちはだかっていることと思います。

……まぁ 就活中はこれに別角度で携わることができたなら……
……みたいな夢を持っていたこともありましたが どうやらそれもかなわないだろう今
とある一般人として その夢の舞台で一線を支えることになろう知人に
できる限り大きなエールを送りたいと思います。

――みたいなことを書いてるとちょっとやっぱりむなしくなるな。 まだ。

TOP