動物園(ver 2.0.0.4)

2020⁄02⁄09(日) 00:00
動物園 (11)動物園 (12)
お次はジャングルの動物を集めたエリア。
手前側に中州を作り、ここにライド系を集約、その奥にはゴリラやチンパンジーといった
アフリカにすんでる類人猿などを集めた建物を作りました。

特にゴリラはしばしばbest of ZOO animalに出てきたりするのですが
少なくとも私が動物園内を循環している限りですと
特にそれが納得できるような来客を集めているとは思えず。

そもそも 動物園のヘリに当たるせいなのかこのあたりまで
来園者がやってくること自体がなかなかなく
正直なところ 若干の閑古鳥が鳴いている感あるのが
アフリカ以外の動物のいるエリアです。 もっといろんなところに散らばってくれ。
(中央のサバンナエリアが強すぎる説)

あと、画面奥の妙に開いた空間はアマゾンの動物を押し込みたいなぁと考えています。
ゆくゆくはここいらにアステカ風ピラミッドを立てて
そこの中にも動物園出入り口を仕込みたい、というのが一応思惑。

動物園 (9)動物園 (10)
なお、このゲームには動物の檻だけではなく小型の動物を飼育する
ケージみたいなのも備わっているのですが このジャングルエリアには
その中でも昆虫の類を集めたインセクタリウムも用意しております。

これはこれでこじんまりと収まっていて私個人としてはなかなか好きな光景。

同じように ヘビやイグアナ、亀を集めたテラリウムも別のところに用意。
――リクガメの類はでかすぎるのでもはや温室内に檻を置いている、という有様ですが。

こちらもこちらで私個人としてはお気に入りの光景となっております。



動物園 (8)動物園 (7)
最後はただいま工事中の風景も踏まえつつ。

まず 先のアップデート、DLCで追加されたシロクマの奥に主に氷や雪ブロックで作った
水族館じみた場所を用意しました。

ここらあたりにはそのうちペンギンやアシカ、オットセイの類を入れられたらな~
みたいなことを画策しています。

このあたりは正面エントランスに近いにもかかわらず基本的にすごく更地。
……当然のようにほとんど人気のないこのエリアですが
この先のアップデートに備えて大きな遊びも欲しいところですからね。
……将来に期待して待つことにします。

TOP

詰めの甘さ

2020⁄02⁄08(土) 00:00
某動物園経営ゲームとかやってみながら思うことが多いのですが
私って結構詰めが甘い、詰めが荒い行動が多いのかもしれません。

若干見栄えが悪くなっても「まぁ、動いているからヨシ」などと
適当な判断をして 結局そのボロからいろいろ悪くなってくるだとか。

「とりあえず動いているもの」があるものの なんだか治すのも面倒くさいものを
見つけたときに それを改善する方法を考えず 若干の不便を抱えたまま
とりあえず そのまま現状維持で動かし続ける、ということを続けている気がします。

このブログ――今に始まったことでもないのですが――あたりも
気が付けばPCからの自動ログインができなくなったことがありました。

オートログインといえば 会員登録等をしているサイトに訪問するとき
毎度といっていいほど潜り抜けねばならない壁ですが
これらがすんなりいければそのサイトに来るたびに変なこと考えずに済みます。

実際 私の生活の中でもこの手のサイトに顔を出す機会は比較的多いです。
例えばこちらのブログの管理画面もそうですね。

記事投稿画面へのオートログインチェックボックスにいくらチェックを入れても
次の訪問時に毎度パスワードを要求されるという利便性に面倒くさい設定になっていても
てんでその改善方法を積極的に探すようなことをせずに
その「不便な設定」を享受していたなんてことがありました。

で その方法を気まぐれで調べてみたところ chromeの設定画面から
パスワード設定等をいじってあげるだけでこれらの問題を解決できたのだと。

明らかに調べる方法と 今まで記事投稿画面に行くたびに
パスワード入力していた毎度の時間の累計を比較してみたときに
前者のほうが圧倒的に所要時間が少ないのではないか、などと。

……そして加えてこう思ったんです。 若いうちから不便を享受して
調べればすぐにわかることなのにその調べる手間さえ面倒くさがる
この現状はあまりよろしくないことなのではないか、と。

考えることを忘れると人間すぐに凝り固まった人間になってしまうことは
自分の父親を思い返せばすぐにわかることなのにすぐ失念してしまうことなんですよね。

……チャレンジ精神、ハングリー精神ってこんなことなのかな?

TOP

動物園(ver 2.0.0.3)

2020⁄02⁄07(金) 00:00
動物園 (14)
今回私が作った動物園の中央にはシンボルになれば、と
それなりにでっかい単独峰を一つ、どどんと設置いたしました。

昨日お話しましたサバンナエリアのこの山をはさんだ正反対の位置には
とりあえず 動物園の顔になりそうなアフリカゾウを配置しております。
――このあたりの位置から見ると せっせとこしらえた山がいい味出しているなぁ、と
自画自賛したくなる場所もありますね。

動物園 (15)動物園 (16)
なお こちら側の山の中にも来園者の湧きスポットを用意しておりまして
ここからも園内に人が入ってくるように設計しております。

ただ 昨日上げたエントランスよりも若干人の入りがまばらというか
ここからやってきた人たちはどこに行っているのだろうと
毎度気持ち悪く思うことがあったりなかったり、といった感じ。

そして こちら側にはアフリカのサバンナに住む動物の檻それぞれを突っ切る
アドベンチャーライドを用意しました。

突っ切る檻の数も相当数ありますのでかなり人気になる、と踏んでいたのですがねぇ……
期待通りの客入りにはなっていないかなぁ、という印象。



動物園 (5)動物園 (6)
アフリカサバンナの動物は園内の中心に寄せていたのですが
代わりに園内外縁部にはその他の地域の動物を集めたエリアを用意してあります。
――というわけで アフリカゾウから園内中心シンボルマウンテンをしり目に行ったところに
アジアの動物を集めたエリアを作りました。

もともとのゲームの素材に「インド風」「中華・日本風」の建物が作れるパーツがあったので
とりあえず このエリアに住む動物はこれらのどっちかに所属するように分割しました。
――ヒマラヤヒグマだけは、どっちつかずの場所に配置しました。 領土問題面倒だからね()

この中でもひとまずテーマを掲げておりまして、中華・日本風の動物はとにかく
仙境のような渓谷を用意し、その中に配置することを心がけました。
ここいらは他と比べて圧倒的に地形いじりが多かった感あります。

インド風の動物は ちょっとした宮殿――中にはインドゾウが済んでいます――を配置、
その周囲にちょっとした街を作り、ここの中にいい感じに
動物を配置することを意識して作りました。

TOP

動物園(ver 2.0.0.2)

2020⁄02⁄06(木) 00:00
昨日上げました動物園に若干寄りながらスクショをさらしていくシリーズ。

まぁ 今も一応細かい装飾やらをポチポチと進めているので
それらが追い付いていない荒い部分もさらすことになるかとは思いますが
所詮自己満足でやっていることなのでご了承ください。

……最初は動画投稿とかも考えましたがあまりにもカクつくので
――グラフィックボード変えたとはいえ やっぱりカクつきはまだ感じます――
色々あきらめた経緯もありますし……

動物園 (13)
まずは正面のエントランス。 基本的にレンガ造りでまとめています。
ここいらには そこそこ多くの人があつまってくるわけで
ここから園内各所に散ってもらうことを予想して昨日あげました
各種園内ライドへのアクセスをよくして待ち構えています。

動物園 (4)
と、いうのが私の想定だったのですが現実はなかなかうまくいかず
来園したお客さんの大多数がこのエントランスの正面にある
サバンナの動物を一向に集めたこのエリアに集合してしまいます。

……お客さんは基本的に自分が見たい動物のリストを持っていて
これらの動物のもとに真っ先に向かう、と聞いていたのですが
実際のところを確認してみたところ 別にここの中にいる動物が
目的になっていないお客さんでもなぜかここに吸い寄せられてしまって
結果 自分の見たい動物が見れずにタイムアウト、というのが多発しているようです。

それで「見たい動物が見れなかった」と不満漏らして帰るのだから商売上がったりですよ。

さらに 動物を増やしすぎたからかもわかりませんが
飼育員さんがなかなかここの動物を処理しきることができずに
一時期餓死が連発する、なんてことがありました。

かなり訓練を積んだ専属の飼育員さんを配置し、それにとどまらず
補助の給仕専用の飼育員さんも用意したのですが これらの体制が
思ったように機能しないことがザラに発生しておりまして。

……一つのエリアに入れる飼育員は一人、とか決まっているのでしょうか。
なんか サブの飼育員さんは「働く場所がない」などとぼやいておりますし
いろいろとマネジメントが面倒くさいな、というのが正直なところ。

TOP

動物園(ver 2.0.0.1)

2020⁄02⁄05(水) 00:00
動物園 (1)動物園 (2)
さて ここ最近の話のネタにあげていないけれども
私のオフの時間を妙に圧迫している()という噂のこのゲーム

考えてみたらこちらのほうでそうやっていることをあげていないなぁ
――ということで ちょっと触れてみることにしました。

……それこそ 私が忙しい忙しいといっていた昨年末あたりも
ちょくちょくとは触っていっていた程度にはやりこんでおりましたので……

動物園 (3)
さてここ最近はちょっとばかりまとまりを考えながら動物園を作っていこうと考えて
更地から動物園を作り上げてみたりしております。

まぁ 私のセンスの問題で微妙な出来になっておりますが
ひとまず現在作っている段階の動物園がこちら。

とりあえず 園内の移動をうまくいかせるために
園内中ほどに大方円を描くように汽車とボートを、
南北、東西を突っ切るように小型モノレールとロープウェイ的な何かを配置しております。

とりあえず 対角移動とかも含めてこれらの乗り物をうまく使って
お客さんが縦横無尽に動いてくれれば……という魂胆。

ところどころに不自然に開いている空間がありますが
このあたりは今後のアップデートで動物が増えるだろうことを予測して
彼らが入ってくる空間を明けている、という体でお願いします。

まぁ 少なくとも
・オーストラリア・ニュージーランドの動物
・アマゾン・アンデスの動物
・北米(プレーリー)の動物
・ヨーロッパの動物
・鳥類/海の哺乳類
あたりは追加アップデートないしはDLCで実装されると読んで
彼らが入ってくる場所は若干意識しながら配置をしております。

まぁ これらの欲についてはどこかでかいたようなきもしますが。

さて、概略はこんな感じにしてこの先はちょっと寄った視点でスクショを並べながら
たわいもないおしゃべりをしていきたいと思います。

TOP

美容師さん

2020⁄02⁄04(火) 00:00
今年のしょっぱなからやらかしてしまったお話。
――今年最初の通勤を終えるまで結果気が付くこともなかったのですが
定期券を更新することをすっかり忘れていたようです。

まぁ この年末年始は相当忙しくしていた、というのは
そもそもこの記事が投稿されることになった流れの中でもどこかで
お話したことがあるかとは思いますが まぁ そーゆーことです。

完全に目を回してこの 当たり前のことに気が付くことがなかったということ。

そして 改札機で「定期券」表記になっているかをさほど気にせずにいたということ。
――会社のメールに「通勤手当申請について」ってメールが流れてこなければ
最後まで忘れていて 膨大なSuica使用料が支払われることになっていたかもしれません。

で 私がやらかしてしまったお話というのはこれだけにとどまりません。
……クレジットの残高のほうもまぁ それなりにやらかしてしまいましてね……

先月のクレジット払いに関しては ボーナスが支給されたということもあり
ちょっと物の出入りが多い一か月だったわけです。

――まぁ これといって一つでかい買い物をしたわけではないのですが
これに関してもちまちまと過去書いてあることに期待したい

で それがたまって ちょっとあらかじめ無駄遣い防止のために
ちょっと低めに設定していたクレジット残高に近くなってしまって
定期券という それなりにでかい買い物ができる余裕がなくなってしまったようで。

いや、正確に言えばいくつかクレジットカードは持っていたので
すぐに「カード払いができない」という展開にはならなかったのですが
定期券という 自分の金以外の何かで それなりにおいしいポイントが期待できる
買い物をするというならば やっぱりいろいろと配分を考えたいところじゃないですか。

――などと申し上げるわけですが まぁ 案の定やっちゃったのっぴぃさん。

まぁ もともとカードのポイントに関しては割とズボラだったことは否めませんが
なんというか 年の初めからクレジットカードの使い方について
何か腑に落ちないものを抱えてしまった私です。

……とりあえず この先は自分が持っているカードのポイント周りについて
もう少し把握してから生活したいな~  なんて。

TOP

セッツブーン

2020⁄02⁄03(月) 00:00
さて 艦これの界隈ではなぜか定期的に集め物を
しなければならないという妙な通例があります。

節分01
その集めモノとは例えば秋刀魚だったりこの節分お豆だったりするのですが。
――なにも、秋?イベを終わらせたアップデートで一緒に実装するというのは
さすがにいささかやりすぎの部分があるのではないか……と。

とまぁ そんなことは思いつつも ここで拾うもの拾っておかないと
次以降のイベント難易度に露骨にかかわってくるわけで。

節分02
今回のイベントは主に任務を一つ一つつぶすところから始まります。
――まずは デイリーの演習で駆逐を入れて勝利する。
……うちのケッコン駆逐娘を編成しておけば何とかなりますね、この辺は。

節分03節分04
節分05
まぁ 最終的には5-5とか露骨に面倒くさい海域に
精力的に進撃しなければならないという地味に面倒な仕様なのですが。

……しかも この手のイベントなのに開始直後には「いつまでやるのか≒豆の最大数はいくつなのか」
という大切な情報が伏せられたままという。 なんといじらしい。

節分06節分07
まぁ そんな感じで 面倒なものをした後には戦果ももらえるのですが
特にこの手の戦果稼ぎをしていない人――暇を持て余した学生でもないので――には
この手の任務は一度やるだけで十分だった感が漂っておりましたが まぁ それはそれとして。

節分08節分09
節分10節分11
で 結果的に集めた豆を投げつけることによって
それなりにレアなアイテムをもらえるわけですが。

とりあえず この中で我が艦隊的に欲しいな、と思えたのが
銀河と二式陸上偵察機。 後者は熟練版と合わせてこれで3機目。 これだけそろえばいいでしょう。

さすがに「銀河」には取得制限がかかっていたようで一つしかもらうことができませんでした。
……複数所有可能だったら前述の面倒な任務に何度か伺うことも考えたんですがね。

TOP

20200202

2020⁄02⁄02(日) 00:00
私は普段ブログの記事はメモ帳――昔はWord――に保存していたのですが
その時のファイル名は「yyyymmdd.txt」形式で保存しています。

で そのフォーマットにのっとって名づけをしてみますと今日は
「20200202」と――何というかものの見事に面白い見た目になるということで。


……いや、だからといってこう、といったものでもないのですが
そんなしょうもないことでも楽しめる、面白いと笑える
そんな価値観は大切にしていきたいな~  と思う今日この頃です。

まぁ こんな感じの経験重ねていけば 今年の年次を書くときに思わず
「2019」って書いてしまう現象をどうにかすることってできますかね?



最近のWindowsアップデートで妙に面倒くさいアップデートが入りましたね。
――省エネ設定とか言ってUSB接続のデバイスの接続を切断してしまう
……とまで言ってしまったらちょっとばかり語弊もある気もしますが そんな感じ。

聞くところによると これが原因で私のPCでも 例えば
外付けのハードディスクとの接続が頻繁に切れるなど
なかなかに面倒くさいことになって困っています。

この類の減少の中で特に勘弁してほしいと思ったのがマウス(トラックボール)に関する話。
一応 購入して半年かそこらだと思うんですけどね、これ。

このアップデートが来てしばらくしていきなりこれが動かなくなって
当初は早すぎる寿命と考え新しくマウスを新調。 使い勝手自体は気に入っていたので同じ型番。

そしたら交換後二、三日して再度同じように動かなくなるという。

一応 このあたりのUSB接続の節電設定デフォルトのものは上記HD対応をしたときに
一通り外したはずですし 何ならドライバも入れなおしたのですが
一度動かなくなったデバイスは再度元に戻ることはなく。

まぁ これとWindowsの不良が全くの無関係かもわかりませんが
少なくとも連動するとは思えない(同じ会社の同じ型番とはいえ)二つのマウスの
似たような症状に 何かあるんじゃないかと疑いたくなる所存。

――なお、現在は仕方なくPC購入時についてきた有線マウスを利用してPC操作をしております。

とりあえず この辺何とか対策しないとな~

TOP

令和二年、如月

2020⁄02⁄01(土) 00:00
202002月私は今 猛烈に感動をしています。

――というのも(まぁ きっかけ自体も私自身ではありますが)
あれほどため込んでしまったブログの上での債務を
なんだかんだで一週間程度で返し着ることができたからです。

ついでに言えば 「いつでも投稿できる特に旬もない雑談」やら
一部スクショ――食い物系――なんかはまだ 記事にすることなく
ため込むこともできているので 一応記事ストック的な意味でいえば
ちょっとばかし余裕をもってこの負債を返すことができたかなぁと。


まぁ これも時期がよかった。 何も考えなくても今までの慣習上で
勝手に記事がまとまる時期でもあった、というのが大きいでしょう。

あとは ちょうど直前期に艦これのイベントやっていたこととかね。

まぁ こんな負債を抱えた時期にブロガー的な意味で
非常にありがたい時期ばかりが続くとはさすがに考えられませんから
この先もまぁ ぼちぼちと同じような目に合うこともあるかと思いますが

……なるだけ、こっちに定期的に顔出せる心持は残したいな~
――まぁ そう言っても無理なんだろうけどね。


さて 今月の自分の目標、ということを考えてみますと
――一部まだ続いている――私のタスクを埋めてしまうような
目の上のたん瘤的な問題と向き合っていくことを念頭にしたい感覚。

……そんな意味では いつまでにこれをやっつけるのか。

――そして その優先順位をどんなふうにつけていくのか
真面目に考える時期にしていきたいと考えています。

まぁ それに加えて現実は「衝動的に前もって計画建てていた優先順位に先んじて
思わずやってしまう事柄」というのが私の場合はよくあるので
この事案との向かい方も解決を見出したいところであります。

そのためにはやっぱり 似たような目線で物事を観察してくれる仲間を
どうにかして獲得しなければつらい――なかなか自分の姿というものは
自分で見ることが難しいものですからね――ということで。

……やっぱり、人と積極的にかかわりに行くのが一番今必要な事なのかなぁ?

TOP

冬の一杯

2020⁄01⁄31(金) 00:00
食べ物04
冬になると妙に食べたくなる食べ物、ラーメン。
私自身の趣味でもある、といってしまえばそれまでですが
やっぱりこの季節になってくるとラーメン店に足を運ぶ機会が増えます。

――まぁ 今年は割と暖かい冬が続いていますがそのあたりは関係ない、
食べ終わっていい感じに火照った体を冷やすことができる時期がラーメンの旬、
ということで そのあたり、しゃべっていきましょうか。

まずは 前から某チェーン店で売り出しているのを見て気になっていた
チゲ味噌ラーメン。 なかなかの辛さ。
こちらを先のコミケの時期にいただきました。

やっぱり この時期は基本的にハードなムービングが連続するということで
ずいぶんと頭も体もしゃきっとした感があります。
……が、味噌として考えたときはどうかな~  といった感想。

食べ物03
年始に車で拉致られたときにすすったラーメン。
醤油と味噌を合わせた、ということみたいなのですが……

一応双方ともに大豆由来ということで相性はよさそうな物なのですが
基本的なコンセプト――あっさりした醤油ラーメンとこってりした味噌ラーメン――
がまさに反対を行く両者。 うまく折り合いがついていない感がありました。

まぁ あったら食べたくなる組み合わせではあるのですが……
難しいですよね。

食べ物05食べ物06
通勤経路から行けなくもないけれどもちょっと路から外れている、
そんな場所に味噌ラーメン専門店を知っていたのですが
近くの路線で人身事故が起こった某日、ちょっと行ってみることにしました。

そしたら 期間限定で伊勢味噌ラーメンが出ているとか。
……さすがに愛でたい伊勢エビが、という展開ではなかったようですが
ちょっと赤みがかかったいかにも中部地方の味噌、といった感じ。

ただ 赤味噌とは違うオーソドックスに近いみそらしさ、というのが出ていて
なかなか食べ応えのあるいっぱいでした。 ごちそうさまでした。


――なんか 味噌ラーメンとなるとだんだん言葉が辛口になる気がする今日この頃。

TOP