For soccer W cup 2018

2018⁄06⁄13(水) 00:00
どうも のっぴぃです。 世間ではワールドカップとかが
盛り上がっていたりしているようですね。

基本的に「じらされる」ということが得意ではないのっぴぃさん。

おクイズの正解率でもお察しである、って言いたくなるレベルではありますが
とにかくスポーツに関して興味を持っていない今日この頃であります。

――さて そんな中日本戦がどうとかニュースでも話題になっておりますが
正直な話私、このあたりは相当冷ややかに見ているタイプであります。

主に前の監督の扱いがなかなか非人道的じゃないか、と思えてしまう理由から。
いや いろいろと実験してみて「アレがよかった悪かった」を繰り返しながら
本番に向けて調整していくのは当然のことでしょう。

それに対して結果がどうこうという理由で解任する
――しかも確かに見たところ格段に結果が悪いわけでもない、実験であることを考えれば
むしろ上場かもしれない――というのは正直なところ
あまりこの場に詳しくない私でも見ていていいものではありません。

というか 訴訟の話が持ち上がっているって何よって話。

まぁ 結果出てきたチームも正直そこまでいい結果にも見えないし
あの解任をして何かいいことあったの?  とかなり疑わしい話であります。

そして その結果出来上がったチームを見るのも「詳しくない私が聞いて」
あまり珍しく思わないというのもなかなかだと思います。

それはつまり 前の大会からあまりメンツが変わっていないということで
それはすなわち次の世代の選手は全く育っていないということになります。

まぁ 正直な話、とても個人的な意見にはなるのですが
今回のサッカーワールドカップはいろんな意味で痛い目にあってほしいとすら思います。

……で 上層部にはしっかりこの選択をしたツケを払っていただきたい。

これはさすがに新旧どちらの監督のせいでもないし
日本サッカーがいつ高を境にして時を止めてしまったと考えられるのではないかって。

――という サッカーファンからは相当お叱りを受けそうな気もしますが
ふと そんなざっくばらんなことを言いたくなってしまったんだ。 仕方ないよね。

TOP

間宮強襲

2018⁄06⁄12(火) 00:00
01_20180610205431552.png02_20180610205431614.png
前回に引き続き、やっておりますは食材集め。
――敵軍も間宮を狙うとはあっぱれなり。

03_2018061020543091e.png04_20180610205429d20.png
……まぁ その食材集めとともになぜか大量発生した海防艦
――それもこれまたなぜか新規艦あり――の回収というのもありますので
食料集めもそこそこに彼女が出てくる海域にいそいそと繰り出すわけであります。

まぁ 初めはデイリー任務との兼ね合いで2-4出撃していたのですが
なかなかボスにたどり着かない――食材集めも兼ねようとすると絶対に逸れる
駆逐艦混ぜなきゃいけない――ということもあり
もう さっさと終わらせようと6-3に反復出撃することにいたしまして。

……これはこれでなかなかに面倒でありますな……
05_20180610205428b5f.png
まぁ、とれたんですけどね。 結構困らされたわけですが。

06_20180610205538197.png07_201806102055377cf.png
その後も順調に食材集めてとりあえずもらいました完食掛け軸。
――といっても この先もまだ多少(こっちのほうが面倒)続くんですけどね。
感覚としてはこの先がエクストラ海域、といったところなんでしょうか。

(最初 サンマ祭りの時に大量にとってた缶詰を使うことを画策していたものの
それにロックがかかっていたおかげで料理ができなかったことに気が付いたというのは内緒のお話です。)

08_20180610205537eb5.png09_20180610205536f18.png
10_20180610205535497.png11_20180610205535945.png
で こっちのほうが面倒だった完食後の任務も無事完了。
――まぁ その道中はひたすら地味なものだったので割愛。


今回のイベントに関しては 資材へのダメージやら最近やたら増えた
駆逐艦改二や前回のイベントドロップ艦の育成チャンス、という意味で
非常にありがたいものであったことは言うまでもありません。

ついでに 最近後々のために用意しようとしていた海防艦枠が
ずいぶんと圧迫してきていたので そちらの方に意識が向いたのも
結構うれしいポイントだったりします。

まぁ 期間限定海域というのもそれはそれで盛り上がるものではあるのですが
たまには通常海域にも目を向けて いつもルーチン化していたそれらを
楽しむというのもまた乙なものなのではないか――と私は思いました。

取り合えず いつも使わない対空砲が使い道ありそうな対潜装備に化けたのは
個人的になかなかありがたい。

TOP

そして、突然のクライシス

2018⁄06⁄11(月) 00:00
さて 唐突に物流がいきわたらなくなったりしたものを
資金無限ModやらNo Problem Modやらでいろいろと無視しながら街づくりを行っていた
のっぴぃさんではありますが そのような無理くりした生活も
気が付けばあっという間に終わったわけであります。 ――原因は驚くほど単純でありました。



06_20180610172359c83.jpg
どうも。 のっぴぃです。 いつものように街づくりをしようとしたときに
こんな感じで「建物をこれ以上建築することはできません」という表示が出てまいりました。

……このような警察署や消防署のみならず鉄道駅なども含めて、ですね。

07_20180610172358bbd.jpg
のっぴぃさんは今まで特に際限なく都市をどべたーっと広げていくことを考えつつ
今まで街づくりを行っていたのですが どうやらこのゲーム
扱いきれる人や建物の数に限りがあるようで。

――考えてみればそうですよね。 このゲームのすごいところは
それぞれにょきにょき建ってくる建物の中に住人が住み着いており、
彼らが行動するプログラムは「だれがどこへ行く」という目的も含めて
しっかりと組まれているわけですから それらが多くなると
計算量が膨大なものになるのは日の目を見るより明らかです。

……ということをこうやって 「目に見える形でエラーとして表示してくれる」ことで
初めてそのことを検索することができましたしいろいろと納得いった次第であります。

そして よく考えてみればこのゲーム、はじめは25タイル用意されているものの
実際に開発できるのは9タイルが限度。
これを 25タイル全部開発できるようにModで盛り上げている状況でありました。

――それをしっかり無計画に敷き詰めることをはじめから想定していなかったとしても
仕方ないのかもしれないな~  ということで。

08_20180610172357708.jpg
この先まだまだ街を広げてやろうと考えている気満々の苦い形ではありますが
今回の街「Test 01」は文字通り「テスト」の役目を果たしたということで
開発終了――ということになるみたいです。


さて この失敗を先に立ちまして このゲームで次の街を作るとしたならば
どべたーっと街を広げるのではなく「二個三個の経済圏を作る」ということを意識すること。

――そのためにもあえて山岳とか海とかで分断されているマップを探してきて
「最後まで開発しきれる街づくり」を意識した方がいいのかもなと感じた今日この頃であります。

――ついでに言えば この限界まで街をどべたーっと広げても何とか一度も落ちることなく
(ついでに 裏で艦これ動かしていても)耐え抜いてくれたこのマシンは
このゲームをやるにあたり最低限以上のスペックを保ってくれていたみたいです。 よかった。

TOP

レジ打ち

2018⁄06⁄10(日) 13:29
先日スーパーでてんぷら買おうとしたらレジ打ちが間違えて
てんぷらをパックからボロボロと落としてしまったんですよ。

――まぁ そのくらいだったら別に特筆して起こることもないのですが(私の場合)
その後、シレっとその(かごの中に)落ちたてんぷらを
「すでで」戻し、何事もなかったかのようにレジ打ち続けようとしまして。

……いやいやまてまてと。 飲食店でのバイトでも
このあたりの衛生面はめちゃくちゃ気を遣うだろうに。

――そして スーパーでもお総菜売り場とか魚の調理場とかの人は
相当消毒とか諸々やっているだろうに。 何何事もなかったかのように
第三者が素手で触った食品を買わせようとするのかと。

当然のように怒らせてもらいましたが 内心としては十分
「あり得ない」ですね。 さすがにちょっと頭に来たので書き溜めることにする。



さて そんなこんなでそろそろ雨のシーズンになってまいりましたが
そうじゃないときはとにかく暑い、そんな日和となっております。

故に、てんぷらとそうめんでもいただこうか~  って思った某日のお話でした。

まぁ そんな風に考えてみるのであれば もう関東も関西も梅雨入りしたんですよね……

食べ物の足が速くてかなわない――ということは前にもしゃべった気がしますが
大学時代以上に自分で作った料理の消化が難しい現在。
――今まで以上に気を付けていかないといけないようです。



先ほど 自転車のほうを点検に出してまいりました。

引っ越しもあり 大学院生活ではまともに乗り回すこともできなかったゆえか
相当レベルでがたが来てしまっていて残念な感じ。

私も予算2万で押さえたいと思っていたのですが どうやらそうもいかない
――こともあるのかもしれない?  みたいな感じです。

ブレーキパッドやらワイヤーやらを総入れ替えして……
……その待ちの時間にこうしてタイピングしているわけですが
さて どこまで膨れ上がるか、今からちょっと戦々恐々。

TOP

未来のお金

2018⁄06⁄09(土) 00:05
さて 先日も書いておりましたパソコンの代金というのは正直なところ
親に前借をしていて今月給料が来た段階で差し引かれる――さしずめ今月は
新しくお金が入ってこないのとほぼ同等の意味――約束になっています。

正直なところ このあたりの話がなかったとしても今月は
四月に使ったカード明細のほうから10万円近くとられることになっていて
なかなか今月も難しいな~  というのが目下の頭痛の種だったりしております。

というわけで先日に引き続きまして今日も大学生活との経済感覚の違い(個人的に)というのを
続けて書いてみようかなって思います。

まぁ のっけの話の中で出てきた単語を使うのも芸がないなぁと自分でも思うのですが
今日語りたいのはその中でも家計簿アプリとクレジットカード。

私の中での同期的には一応 「自分の日々使う金の量を把握しなければならない」という気持ちから
スマホの中に家計簿アプリを導入し、その計算の都合上
財布の出し入れではなく クレカの明細を追いかけた方が楽だった
――という 事務的理由からクレカの使用が増え

……何というか ここ最近の私の中では空前絶後のキャッシュレスブームが来ております。

……まぁ これに関して先日絶望したのは「自販機でジュースを買おうとして
それを買うだけの残額ですら財布の中に残っていなかった」――という状況を
ずいぶんと放置してしまった、ということになるのですが……

ただ 財布に金を入れないとなるとこんな感じで「むやみな金の流出が削減できる」
みたいな効果、あったりしないかな~  とか思ってみたりしているんですがね。


ひとまず 今月らへんまではある程度銀行口座にプールする
お金づくりを目標としてあまり給料に手を入れることはしておりませんでしたが
七月以降は(夏の予定の予算を確保しつつ)お金も貯めないとなぁと考えておりまして
預金とかどんなものがあるのかな~  という商品調べ始めたりしております。

……一応 私のことなのである程度の目標は定めたいと思っておりまして
今のところ考えているのが30歳までに結婚式代金の半額は
プールできている状態にしたいな、というのがあるのですが……

まぁ これから住民税やら奨学金やらでしばらくは
給与が目減りすることになるわけですが 明るい将来のため
いろいろと「今のお金の動き」だけでなく「これからのお金」についても考えなきゃ

――実に面倒くさいなぁと思った今日この頃であります。

TOP

新人・自炊論(研修中)

2018⁄06⁄08(金) 00:00
基本的に現在ののっぴぃさんは大学生時代と同様に
なるだけ自炊を頑張るような感じで経済をコンパクトに抑えつつ

――という基本スタンツで過ごさせてもらっているわけですが
社会人になって相応に経済環境も変わってきたわけでして。
……とりあえず 今回はそのあたりに焦点を当てつつしゃべっていきたいなと。

まずはやっぱりという感というか 「学生時代よりは」外食は増えました。

理由として挙げられるものを箇条書きにすると
・単純に学生時代より経済がでかくなった
・自炊したからちょっと早く帰って家飯をすます、というスケジューリングが効かない
・冷蔵庫に入れてても腐る(クソ)

といった理由が合わさった感じですね。
――麻婆豆腐とか作ってもそれを置いている間に腐るとか
そんな容器になってきたのは本当につらい。

今まではそのあたり作った時にはお昼に一度帰宅する――みたいなプレイもできたのですが
今の生活では同逆立ちしてもそんなことはできませんので
腐りそうな気がしている料理でも腐るまで放置するしかないわけですよ……

まぁ 私もタダで腐らせるつもりもありませんから 例えば
〇〇の素みたいなのを使った料理でも自分で「香辛料を足す」などのアレンジを加えて
少しのあがきはしてみたりしているのですが――

特に 四川やインドといった高温多湿で生まれた料理については
このあたり少しは期待しているんですがね。
――豆板醤とか今まではあまり使っていなかったのですが ここ最近は多用します。

あと 瓶詰の食品の利用で料理時間のショートカット、みたいなことも多用するようになりました。

今まではパスタのソースもボロネーゼを自作したり
トマト缶をアレンジしたりすることが多かったのですが
最近は 瓶詰のトマトソースを買ってきてオリーブオイル、ガーリック、ベーコンで
一緒に炒める、みたいな料理が結構増えた気がします。

……まぁ 料理の基本的な趣味に関しては全く変わりはないようで
「困ったときはパスタをゆでる」といった原理は大きく変わりはありません。

まぁ 今までも体力調整などが難しくなるとは思いますが
日々の努力で少しずつでもお金貯められるようにしたいですね。

TOP

Test 01

2018⁄06⁄07(木) 00:00
数年前までののっぴぃさんなら今日の誕生日でミュー誕生日、とかで
QMA記事投稿していたのでしょうが 今作はゲームモード的に全くやる気にならない。

……視界の端に移るミューちゃんのぷぎゅっと見ながらちょっと悲しい気持ちになるのっぴぃさんです。

01_2018060522384303f.jpg02_2018060522384208f.jpg
とりあえず 昨日書いた話の続きを軽く書かせてもらいましょう。 のっぴぃです。

とりあえず これを始める前ののっぴぃさんの都市づくりシミュレーションゲームの経験値ですが
大方シムシティ2000程度、ということで 大方10年近くのブランクがあったのではないかと思います。

そんな私、都市名「test 01」などとつけたものを用意。
基本的なゲームシステムを思いだし、理解するところから始めたわけですが。

私の最初の年は残念ながらせいぜい1時間程度で崩壊することとなります。
崩壊の理由は「私が過去感知してこなかった行政サービス・死体処理が滞って住民の健康が大幅悪化。
そのまま市民が病死し、その遺体が~―」という負のスパイラルに陥ったもの。

死体が死体を呼ぶとかいうゾンビ映画さながらの事件を起こしてしまったわけですね。



05_20180605225344816.jpg
)ここ最近ののっぴぃさんが頭を抱えているのが謎の物流停滞状況。
工場は納品先がないと騒ぐし、商業施設は商品が届かないと騒ぐ。

相反する要求を掲げるそれらは時期に共倒れで倒産する。 そんな感じ。
――お前らで商品の交換やってくれと正直思いまして
いろいろと車両AIとかをいじれるModを探している最中なのですが
なかなかうまくいかないのが腹立たしいところ。

いくら渋滞解消をしても貨物鉄道を整備しても一向に改善することもなく
動いてくれるはずのトラックが動いてくれない。 隣り合った洋服工場とブティックが
これ原因で倒産する図とか眺めていると「何このくそげー」とののしりたくなるものです。

結局原因はまだわからないままで最近はいろいろとあきらめきったうえで
「とりあえず廃墟化しない(けど操業停止する)」Modで対応しておりますが
都市は休業中店舗や操業停止中の向上にあふれるおかげで慢性的な赤字都市。

都市資金無限Modも投入する羽目になりいろいろと解せない状況が続いております。
……まぁ もともとテスト都市だったから失敗することはしゃーないと思うけれども
手を打っても手ごたえがないというのが正直一番きつい。

03_20180605225345c55.jpg04_20180605225344295.jpg
とりあえず 最近は「見てくれだけは普通の都市」である車窓風景を眺めながら
いろいろな現実逃避を図っている、そんな今日この頃でございます。

TOP

購入理由

2018⁄06⁄06(水) 00:00
私が「オチを書いていないイベントだったな~」って少し焦っているのが
私がGW前に購入したパソコンの主だった使い道。

――さすがに 艦これをするためだったらこれだけがっつりとした買い物をする必要もないわけで
私の手取りにも等しい額の金をつぎ込んだからにはそれなりの理由もあるわけです。

01_2018060522384303f.jpg02_2018060522384208f.jpg
……で その理由というのがこちら。 スチームから落としてまいりました。
cities skylinesってゲーム。

簡単に言いますとシムシティリスペクトのゲームとなっております。
つまり、自分で道引いたり鉄道引いたりしながら都市を築く感じのやつ。

それだけでなく 警察や消防、病院といったインフラも整備して
発展させるだけでなく維持管理も求められるということでなかなか骨のある
都市づくりシミュレーションゲームとなっております。

私個人的にもこのPC、このゲームを進めたいがためにちょっとした調整もして
逆に 不必要と思った部分――PUBGとかやるつもりもないので通信速度等――は削って
……みたいなお買い物をしておりました、といった感じ。

実際これで一カ月半楽しく遊ばせてもらっているのですが
少なくとも今の段階では「相当時間を溶かしてくれる」ということで
正直 この面だけで考えるのであればこのゲームを買ったのは大成功だったかと。

――ただし、逆に言えばこれのおかげで日中に影響が出てくるほどまで
ハマってしまうことも――まぁ、あるなぁと反省することもあり
この意味では大きな問題点でもあります。 残念ながら。


特に最近は さすがに市民一人ひとりまでシミュレーションするゲームは
いろいろとこのためだけにチューニングしたPCでも
なかなかつらいものがあったのか いろいろと不可解なバグに遭遇することもあり……

とりあえず 今日の記事はもう長く語ることもできなさそうなので
明日以降に今日までの「大まかなゲーム感想文」みたいなものでもまとめてみようかしら。

――こうして記事を作っている時間軸ののっぴぃさん、
そういったものの この顛末を語るゲーム画面スクショをあまり撮影していなくて
軽い後悔も覚えているというオチもありますが そのあたりは
こまめにブログ記事を書かなかった自業自得です。 笑ってやりましょう。

TOP

くつろぎ空間

2018⁄06⁄05(火) 00:00
案外 先月の間に大量投下した記事の中で使いつぶしていない記事ネタがあります。
――なにそれ買ってきましたみたいな報告記事とでも言いますか。

まぁ 記事ネタに困ったらこれで引き延ばしてやろうか~
とも思っていたのですが 案外それなしでも終わってしまったので
結局出さずじまいになってしまった話のネタとなっております。

ダメ
というわけで 時期的にはGW――実家に戻っていた~とか
書かせてもらっていたのですが――あたりの話に戻ります。

現在あてがわれている部屋が家具付き物件だった――ということもあり
基本的にその時にあった家具を使って生活しているのっぴぃさんなのですが
もともとあった家具のくつろぐためアイテムが「椅子」しかなかったのっぴぃさん。

特に仕事後につかれて戻ってきた体に
ちょっと高い「くつろぎスペース」というのが
少々身に沁みたりしているわけですよ。

そんなこともありまして 買ってまいりましたのがこちらの
俗にいう「人をだめにするソファ」
――まぁ 一種のビーズクッションであります。

一応これも時期的には(結果的には)私が初任給で
自分の生活をより優雅なものにするために買ってきたものの一つでして
実際 これを買ったのちはしばしばこれに倒れこむ生活になっています。

――時々寝落ちになってしまうこともあるのですが
買った甲斐があるな~  とも思う反面 これはこれで
そこそこ重要な問題でもありますよね、これって。

まぁ 「人をだめにするソファ」の逸話は伊達じゃない、ってとこでしょうか。



一応 「基本的にもともとあった家具はそのまま使っている」ような意味合いで
記事書かせてもらっておりますが 一部品についてはそうでもない、ということは
ちょっと 触れておこうかな~  などと思いまして。

――何かというと電子レンジ。 私が下宿時代に合ったものをそのまま持ち込んでいます。

まぁ 部屋から出さなければOKということで 収納の奥に押し込めば何とかなる
電子レンジだけは オーブンがないものにダウングレードするのもな~  と思い
使い慣れているものを持ち込んだ感じです。

TOP

通勤路

2018⁄06⁄04(月) 00:00
割と大量の穴埋め記事を用意した時期とあまり時間が離れていないせいか
ちょいちょいあの時と類似した話題が出てくる気がする
――けれども そのあたりはちょっと許してもらいたい。

というわけで 日ごろの議題の中で思わずぼやきたくなるお話。

南武線、前にも混雑が半端ないという愚痴のほうをさせてもらいましたが
それに加えてなにかにつけてやたら遅れるということも愚痴らせてもらいたい。

――人が多すぎてホームにやたら人が落ちるとかそんな因果があるのかな?
先日は〇〇駅で線路で人が逃げ回っているので~  とかいう
笑わせにかかっているかのような放送されていたりもしていたし
もう 私の通勤というのは「そういうものだ」と考えることにしましたよ。

そして 一度列車が詰まると玉突き事故のように列車が渋滞を起こしまして
たぶん 必要以上に遅れが増大するとかそんな効果もあるんでしょうね。

のろのろと進んでいるのかいないのかよくわからない列車って個人的に
ストレスレベル高いのではないかって考えるのですがどうでしょうか。



ついでに そんなときは武蔵小杉駅も相当な人の渋滞が発生しますし
――あの駅の銅線も何も考えなくても
相当なん事故案件なのではないかと考えるのですが……

そもそも論として 南武線と総武快速線のホームが遠すぎる問題。
――駅にホームが追加された経緯的に隣り合った場所に置くのが難しいのはわかりますが
もう少し停止位置を川崎側にずらすというのも悪くはないのではと思ってしまう。

そして 両者をつなぐ動く歩道の配置もよろしくないですね。

片側に双方向行きの動く歩道が固まっている構造なのですが
まぁ どこからどう考えても人が詰まる構造になっていることは自明なわけですが。

そんなわけで この衝突不可避の動線の中
あほみたいにいる乗り換え客の海の中を渡り歩く能力というのを
地味にこの2カ月間では学んでこれた気がするのですが

この技術というのが果たしてどこまで汎用性があるものなのか
――あまりこの先の人生の中で考える必要のない問題ですね。
そうだと思っておくことにしよう。 そっちの方が心臓によろしいから。

TOP