倦怠期

2011⁄07⁄28(木) 00:00
どもども~  ちょっと昨日はQMA記事挿入しましたが
本来は昨日の内に書こうと思っていた内容になるものですが
――記事のバランス的な問題から ちょっと時期をずらすことになりました。

今日の記事内容は 前の月曜日にあった模試の話題から行きたいと思います。
――火曜日はもともと授業開始の話題で書くお約束に(勝手に)していたので
これは動かせないにしても 基本的には記事に上げるのと
その時期とが離れない方がいいのだろうにね……  ホント。

……そして ここ最近のボクの記事の書き方はと言いますと
こんな感じですでに数日前に記事を用意しておいて
予告記事として毎度記事投稿をしておくという「日記」とはほど遠い体質になって
かなり時間がたちますが……  まぁ 深いことは気にしたら負けなのでしょうかね。

さて そんなこんなできっかけとしてそして
なんだか自分自身が書いている日記の体質を~  みたいな話を組み立てる
きっかけのように書いている模試の話題ですが
正直に そこまで大がかりな事は書かない気がしますがね~
(↑おい 思いっきりお前 大幅な文字数稼ぎしているだろう。)

まぁ 今までの記事の流れでも気がついてもらえるかもしれませんが
この模試があったのは 予備校の第1タームと第2タームの間の間にある
たった一日だけのお休みにそれはあったということで……。

そして その時にあったのはマーク模試。  すなわち
ボクの場合はセンターで受ける科目全てが該当する模試と言うことで
「地理B→国語→リスニング→英語→数学ⅠAⅡB→物理Ⅰ→化学Ⅰ」といった
フルの受験。  てか めちゃくちゃ長いっす。  辛いっす。

で その翌日からは休みなしで授業が開始するわけですからねぇ。
……まぁ 流石にいつかはやらないといけないとは思いますし
どっちにしろ休日でも勉強していて違うような気もしますが とにかく
一日に全ての試験を全て無理やり終わらせようとする体質はどうにかなりませんか。

休日の場合は まぁ 自分でいろいろと達成感をその場で得ることができますし
結局同じ時間を勉強に費やすとしても意識の持ちようが違いますし
そもそも ちょっと最近は調子が悪い(倦怠期)なもんでして……。

そして 中の時間的なものでもかなりぎゅうぎゅう詰めになっていて
昼飯を食べるのは14時以降(健全なこの時期の男として燃料切れは必須www)
そして 段々後の方になってくるにつれて短くなってくる休み時間。

……何となくですが シャトルランの辛さを彷彿とさせるような作り。
――シャトルランも最初の方は歩いても大丈夫なレベルだけれども
段々とテンポが速くなってきて振り落としにかかるんだよね……。

もともと センター試験が一日に強引に終わらせるから
こんな風に「精神力つけろ(特に理系)」みたいなスタンツならまだいいですが
別に現実ではそんな事でもない以上 何かのいやがらせのようにも見えるボク。

……てか 文系の社会の間の時間はしっかり10分あるのに
何故 理系の理科の間の時間は(日もとっくにくれている時間で
ただでさえ精神力尽きているというのに)5分で切り上げるのだろうか……。

愚痴ってばかりでも始まりませんね。  続けましょ。
試験会場にでっかく張ってあった張り紙がありました。
「当試験会場は節電を実施しております。:ご迷惑をおかけするかもしれませんが~」
と言った内容。  今年ならではですよね~  なんて 思ったのですが。

……質問。  どこがどう節電されているのでしょうか??
クーラーも結構強め。  蛍光灯が抜かれているわけでもなかろうに。
――結局 最後までこのへんの状況はわかりませんでしたがね。

内容の方はと言いますと 自己採点をしようにも問題用紙が回収されたままなので
感覚程度の話しか出来ないことはあらかじめ了解いただいて
(↑とはいっても ボクはどこでも点数は晒さない主義ですが)

なんだか 全体的に炎上した臭い。  あほう。
――ひとまず 「浪人生(笑)」みたいな点数を取った気がバリバリするとのことで。
……うん。  これからの夏期講習の弾みになれば良いなぁとか思ったり。



――と言った内容で 先ほどちらりと流した「倦怠期」と言うワードについて。
……先日の一週間をぼちぼちと勉強で潰すにあたって
最近 なんだかけだるくて勉強に集中しきれていない現状があるような気がして。

夏期講習が始まる直前あたりからのボクの一日の大まかな流れをざっと書きますと
九時ちょっと前あたりに予備校に到着。  場所を確保して勉強道具を広げます。
そして 大体最初に開くのは「英語」でしょうか。
……そのまま なんだかんだで昼まで迎えてしまうことが多い感じ。

昼を挟んだら数学をやる……のですが これの後半あたりから
集中力とかいろいろと切れてきましてね。
半ば 意識がもうろうとしてきたり 集中全くできなかったりして。

そのあと 授業があったりすると 集中力とかその辺が復活するのですが
いわゆる 勉強に対するモチベとかその辺を鑑みると
「授業直前」までの時間の使い方が非常にもったいないことになっていまして。

いや やることがないのかという問いについては「溢れているに決まっている」
と言った答えがすぐに返せるのですが それとこれとは別問題
……みたいな感じになってしまうわけですよね。  人間って不思議。

意識では「やらなきゃ」と焦っているのに 深層心理と言うかなんというかが
「あ~……だりぃ。まぁ ちょっと位良いよね(笑)」みたいな感じで
正直に 自分に統制が効いていないような感覚でしょうか。

ちなみに 授業が終わったあとはまた 集中力も復帰して
難なく勉強(主に直前の授業の復習)に復帰できるわけですがね……。

――で これを「一日」と言う風に称してみるのならば
「明らかに教科に偏りがある」と言う事実を見過ごすわけにはいきません。
……が なんでしょうか。  気がついたらこんな流れになっていて。
――特に 古典とかやらなきゃ不味いのに なかなかそんな流れにならないんですよね。

「紙の上では」この今だらけている時間帯をどうにかして
この時間に古典などの文系科目を挿入して行きたいところなのですが……。
――こんな風に「ネットに会えて晒す」事で反省できればいいのですが。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/982-04394942