検定・反省

2011⁄06⁄27(月) 00:00
さて 全国大会の影で ひっそりと気がつかれないかもしれない間に終わりました。
――宇宙天文検定のランキング期間=魔法石インフラ期間。

……うん。  全国大会も世間一般的には魔法石インフラらしいし
後半は 半ばそれにうもれかけているようなきもするしで
結構 存在を忘れている方 多いのかもしれませんが。

※ちなみに のっぴぃの場合は 全国大会はトラウマ続き。
やることはやって期はするけれども あまり興味が無いので
「すいているトナメに突入」→「予習埋め没頭」という流れが多かったとか。

儚かった。儚かったよ。
……で 今まで流した感じで 最高点を測ってみますと
最高点数は 大賢者昇格の時に載せた画像4936が最高ですね。
――と こんな中途半端な数字で ボクが止めるわけないでしょうと。

一応「浪人生」という立場がらもありますし それとバランスを取りながら
「いかに 不自然ではない形で止めるか」という考えを巡らせた結果
「なら 5000点超えた時点で 一つのけじめをつけようではないか」ということで。

5000over.jpg5111.jpg
一応 ボクの最高点数は「受験生らしく」このくらいで止めておきました。
――5000を超えて初めて「0」という数からおさらばする数字です。
……まぁ 当然 こんな事 狙ってできることではないのですがね。

まぁ この背景説明をちらっとさせていただきますね。  念のため。
まず これがあったのは「大賢者昇格直後」というタイミング。
で そもそも 初めて5000点を越えてみた買いであるということ。
そして そんな点数を叩き出すためには 全問正解が必要だということを
ひしひしと感じることができたこと~   みたいな感じで良いですかね。

余裕なくて 先生が喋っている内容とかが変化したかとか
この細かい内容までは覚えてないですね。  もったいない。

――まぁ 言い訳チックになってしまうのはしょうがないと断ってから
この時期の割には 5000超えるのは それなりに頑張っていた……
……逆に書けば 一種 非難受けても仕方がないような状況なのではないかと。

ちなみに ちょっとした余談ですが 5000を超えるまではかなり
こちらとしても フラストレーションがたまっていたのかもしれませんが
これを越えてしまった直後からは 気持ち的にも割とすっぱり行きました。

やっぱり キリが悪いとなると 結構気持ちが悪いものなんですね~
――まぁ 欲感が無くても 5000という数は2500のちょうど二倍。
……Sランクノルマが2500点ですから やっぱり 意識せざるを得ないのかと。

まぁ 何がともあれ この点数を越えて以降は あまり検定にとらわれず
結構 勉強優先という形を取り戻しつつあるような生活に戻れた(多分)ので
――少しおかしい気もするけど ひとまず 基本的にどうにかなったんじゃね??

そんなわけで これ以降検定は回さないように努力しました。
一応 このような書き方だけは 意識の無いようなので強調しておきます。
――逆に これで「もう少し取れたのでは」的意見はご遠慮させていただきます。
――一応 これでも もう少しやりたかった感もあったのをぐっとこらえているわけだから。



拉致怒涛の後
ついでに ランキング測定が始まる直前にボクが作ったグラフと
只今現在~  ということで 作ってみたグラフを並べてみました。

……うん。  おかしいよね。  完璧におかしいよね。
普通に 大魔道師とか演じていたはずの人間が スターダストを浴びた結果
なんだかんだで 大賢者の位まで登りつめちゃっているのって おかしいよね。

――これ 心から反省するべき事として今はとらえております。
……ひとまず 全国大会とか一時期は理系の☆埋めに走っていたから
この影響も少なからずあるわけだけれどもね。

まぁ 確かに この検定のランキングをやっている間は
Sランクに届かなかった回数なんて 確か2回程だった気がしますが
(↑一クレ目・点数が全く伸びない買いも含めているはず)
そうだとしても かなり人生を棄てている気がする……のは 気のせいかしら。

ちなみに この期間には「ボクが思ったよりも激しく」100円玉が飛びました。
――この飛んだ分のお金の内 どれくらいがバックしてくるのか 考えておこう。

※のっぴぃの家のシステムでは 予備校の間の昼食や一部の間食・追加の飲料は
なんとか 母親とかに肩代わりしてもらえるようなシステムを構築しています。
バックする金=予備校生活での必要経費  ととらえていただいて結構です。

さて まぁ 当然の話題――でなければこまるのですが――ですが
この先は ここまで廃プレイする機会は無いでしょうから
この思い出は 一年間大切に胸に閉じ込めておこうと思います。

……と この時期は QMAネタが多くて助かりましたww ブログのバランス的にも!


・はしたがき
薄々あらわれているとは思うけれども
「検定について 思いっきり不完全燃焼感がある」というのは……

まぁ せめて もう少し点数取れたら良いなって思う面はありますよ。
――そして これがおそらく高二とかの段階だったら
それ 迷わず実行していただろうね~

ここで ふと 不安になったのは 大学生活になって
同じような展開が起こってしまったら 自己破産の道まっしぐらじゃねって事。

まぁ 責めてでも「この不完全燃焼感」を残しておくまたは
精度を上げるというのが考えられますが。

まぁ 常識的に考えて ここでボクがとるべき選択肢は
「この不完全燃焼感を体に刻んでおくべき」ということでしょうね。

さまざま 言いたいこととか書きたいこととか
良いわけしたいこととかありますけれども……。
まぁ 我慢も大切ですよね。


今は亡き某先生に「欲望にかられて命を削るのは人間ではなくサルだ」と
言われたことがあったのをふと 思いだしました。
――やっぱり 我慢も大切ですよね。  人間ならば。


ついでに 社会の正解率が危ないね。  頑張らないと。

TOP

Comment

検定始まる前と比べると、賢者伍段→大賢者捌段が通りますよーorz
どんだけやってるんだか・・・orz
まぁ、全国大会の分もあるんですが。

はたして5000点越えが受験生らしい点数と言えるのか否か←お前が言うな
ちなみに私のハイスコアは2×だったりしますorz 1問凡ミス1問初見でしたorz

最近コメントできてなくてすみませんでした。
2011⁄06⁄27(月) 19:36 | | [edit]

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/940-4c3065e1