予備校を探して。@津田沼 ~前編~

2011⁄03⁄26(土) 12:00
先日 予備校めぐりをしてきたという話題を晒しましたが
今回は それに続くような形で。

――とにかく ひと通りの予備校の説明を受けて来て
そこから 自分が今年一年間かけてみるパートナーを探そうという算段。
……なんだか 現代っ子ってこんな感じなのでしょうかね??

ひとまず 今日感想を垂れ流してみるのは いずれも津田沼にある予備校の話。
津田沼って 京成などでも内陸から生徒を集めることができるから
割と 予備校が固まっているのかもしれないですねぇ。

……まぁ その辺を考えてみたら房総半島の先っぽまで予備校が無いことを考えて
そこに住んでいる受験生を拾える千葉に校舎をもっと構えてみても
良いような気がするのですがねぇ……(そうなると寮に入るのかな?)

前にも書いたかどうかはわかりませんが
この内容に関しては ボクの目からというフィルタがかかります故
ちょっとした偏見等もかなり混ざってくると思われます。
その辺 あらかじめご了承の上……ということくらいは 書いておきましょうか。

なお 全体的なデメリットとして 「ちょっと遠い」という部分。
――まぁ 距離が長ければ 移動時間もかなりかかったりするということで。
一つ 考慮に入れるべき内容だとボクは思っているわけなのですが。



<河合塾>――元々自分が入っていた場所。勝手はわかる。
まぁ そのような性質上 平等な天秤にかけることは叶わないだろうし
ちょっと 乱雑な形になるかもしれません。  よろしくお願いします。


~メリット~
※すでに入っていたから 勝手がよくわかる
その他 入学金の問題諸々など 細かい勝手がよいことも含まれる個人の都合。


※すでに単位認定が入っているので テストの必要が無い
ちなみに 認定単位は東工大レベルまで達しております。
……医学系統にはいきたくても体質的に行けませんしねぇ。

そもそも ボク個人的に 後期日程が小論文だったという特性上?
様々な意味で 「錆びついている」状況が発覚しておりまして
只今の時期 この錆を必死になって落としている状況というわけで。

ただ 確認テストみたいなのはさせられるようですよ。
センターに毛が生えた程度だと言うけれども 悲惨な結果が予想。


・確認した予備校の中では 小論文対策が一番丁寧
自然科学系小論文ということで 後期日程に出てくるカオスな小論文にも
ある程度は 授業という形で反映していただけるようです。


・“フェロー”のシステム
これは 現役館(千葉)の校舎では無かったシステム。
院生の人や 講師の人が日替わりで講師のように教えてくれるシステム……らしい。
――なぜ これが現役館に設置されていないのかは気にしないことにして。
ボクの問題としている「英単語」などは このあたりで考えることにしようと。


・充実したラウンジ
少なくとも 千葉近郊の河合塾においては
それなりのラウンジ(自習とかも出来ると思われ)があり
そこに かなりの自販機が並んでいたりすると。

自販機の中には カップ麺のものやシリアルもあったりして
小腹がすいた時にも役立つ 男の浪人生の味方。


~デメリット~
・軟弱な自習室

様々な予備校の方とかかわっていくうえで ボクが去年の夏期講習で遭遇した
この校舎での自習室での渋滞というのは 一種 異質だったということで。
――この渋滞は ちょっとしたデメリットだということでしょうか。

※自習室での昼寝
……ちょこちょこと見えたりしたんですよね~  夏期講習の頃。
――これをやられると 周りではテンションが下がるということで。
(↑去年 かなりやってしまった自覚がある自分としては痛いところだが。)

※講師
去年一年間通ったことで ボクにもあった先生とあわない先生がおりまして。
――このへんの折り合いが 未だ わかっていないということで。
(↑ただ 授業自体いっぱいあるわけで その先生が当たる確率も高ければ
避けることができる確率も高い……わかりにくい書き方ですいません。)


――なお 「中にいたからこそ見えた」デメリットということで※マークを使い
デメリットとしては ちょっと区別させてもらっております。

まぁ 他の予備校に行っても同じような展開が予想できるんだけどね??
気分的に 矢面に立たせた形ですいません。  なんとなく。




<代ゼミ>――映像授業と集団講義
売りとしては 二つを組み合わせて受講を進めていく事ができる所?
希望をすれば 個別指導も選ぶことも出来るようで(高いけど。)

あと 校舎は二つあったようで 一応二つとも見学はさせてもらえました。

~メリット~
・大きな自習室

幾つかの個別ブース的自習室と 授業で使わない大教室を開放するとのこと。
これをフルに使うことができたとしたならば かなりの席数。


・入学金免除制度
なんだか 学校の先生の推薦状等をいただければ 免除してくれるとか。
――ただ ボクの学校の去り方がアレだったから 利用することはできなそう。


~デメリット~
・説明したのが学生っぽい。

厳密に言えばデメリットというくくりなのはおかしいのですが
単に人出が少なかったのか それとも「これくらい許してね」という意味なのか。
――ちょっと言葉足らずなことがあったとしても……みたいな意味で。
ちょっと 考えすぎなのかもしれないですが そんな気がいたしました。


・パンフレットが……
どちらかと言えば その場でいろいろと用意しているような感覚。
――傍から見たら いかにも「準備不足」って感じでしょうか。
これも デメリットという意味とは違う気がしますが 印象は悪いよね。


・食事スペース・自動販売機が弱い
すなわち 外に出て食べるとかそのくらいしかない。
浪人生は 一日中予備校内で過ごす可能性が高いことを考えると
このあたりは 一種 生命線的部分があるのかもしれないなぁ。


なんというか 全体的に「可も無く不可も無く」みたいな。
……なんだか 説明した方の影響なのか インパクトが弱い印象。

節電の影響で 照明も全体的に暗かったし(計画停電もあるししょうがない)
もう少し 積極的にアピールしてもらっても良かったなって印象。

TOP

Comment

お久しぶりですw

河合塾って有名なとこですよね
成程、そんな感じなのか・・・

2011⁄03⁄26(土) 17:31 |

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/842-4c68fa02