地元での

2011⁄02⁄17(木) 12:00
見ている人がどれくらいいるのかわかりませんが
ちょっと やり忘れていた気がする連絡もあるので 念のため?

前 投げやりに「隠居します」的な発言をしてしまいましたが
やっぱり 前期日程が終わって ボクの精神が復帰したら当然?戻ってきますからね~
(↑しないままだったらコメントなどで迷惑をかける可能性もありますしね)

――主に 起こる事と言えば フットワークが異常に重くなったりだとか
記事にたまに 適当にわりふった過去記事を挿入してみたりだとかかしら。
……まぁ 今日みたいに「割と真面目に」記事書くこともありますがね?



新聞をざっと見させてもらった限りですと……。



地元――千葉県の公立高校――で 高校入試が始まったようです。
まぁ 現役(表現的にはおかしい気もしますが ここでは高校1・2年のこと)
世代だったならば あからさまに学校がなくなったりして
その辺の意味を(主に遊ぶという意味で)謳歌しているのでしょうが。

今のボクにとっては ほとんど変わり映えのしない毎日で
――毎日日記と何かしらの形でかかわっているから
そして 毎日解いている問題のノートに記述するのを欠かさないように
心がけているから――「日付」という感覚はしっかり残っているのですが
「曜日」という感覚が 完全に抜け落ちてしまったボクだったりするのですが。

ひとまず ここで「ボクの曜日感覚が抜けてしまった」というのは
さほど大きな事でもなく――でも 社会的に考えてみたならば
これ あまりよろしくないような……気も しなくもないが。――
やっぱり こんな時期なんだよな~  みたいに思う布石だったりして。

そりゃ ボクも一応 高校入試なるものを経験して
何も考えていない時には「やっぱり こんなときにでもいろいろと受験について
想いを馳せて生活してみたりするのかな??」みたいに
思ったことも無かったことは無いのですが……(過去の話。)

まぁ 実際どうだったかと言うと 割と遊んでいた気がしますね。
――何も考えずにゲーセン行ったりした去年・一昨年だった気が……。

まぁ たとえるのだったら「何かしらの意味があって休日になっているけれども
正直 その文面なんか全く考えていない国民の祝日」みたいな位置づけ??
――というよりも 存在意義からして完璧にそれと同じな気がする。

だって 国民の祝日に国旗を揚げている家 年々少なくなっている気がしますよ?
――少なくとも ボクのご近所さんの家ではね。
(↑ご近所さんは割と高齢な方が多いので まぁ 割とみる方なのですがね??)



なんだか どうでもいいような話題かもしれませんが 今年から
千葉県の入試の仕組みががらっと変わってしまうみたいなんですよね~
――そのおかげで ボクの学年の卒業式は かなり遅くずれこんでくるという素晴らしさ。

今までは 特色がある生徒入試(←正式名称は忘れましたが 通称「特色化選抜」)
なる物を経てから 「普通の学科試験&面接」の一般入試があって~
みたいな流れだったのが 噂からすると 先に学科試験があって~  みたいな感じで
まぁ 比重が前期・後期と入れ替わっているのかな??  みたいな。

正直に ボクが生まれてくるのが3年遅く生まれていたとするならば
ボク 完全に高校入試墜ちていた気がしますね。  何となく。

そもそも ボクの場合は 前期入試をやった時から後期入試までの間に
学力(主に数学)が急上昇するという奇跡を演じた人間ですので。
――適切な言葉を選ぶなら「スロースターター」??

前期入試直後では 例えば模試の数字をそのまま使うならば
数学:60点  みたいな「あれ??」みたいなレベルだった人間が
(↑当然 このままだったら 合格も危うい感じだったのですがね?)
その一週間後――この時期には 毎週末にちょっとした本番テストがありました――
数学:100点  ……は??   破格の急成長。

なんだか 一週間の内に なぜだかわからない原因によって
点数が40点上昇したという奇跡を演じましてね。
――ちなみに その後 二回あったテストの数学は共に満点です。
(↑この最初のテストの解答用紙 御守りとして今も 身近なとこにあります。)

多分 ボクがここの高校に入学した一番の原因というのは
この 数学で起こったミラクルなのではないかと思っているのですが。
(↑ちなみに それ以前から「理科」「社会」においては90後半をマーク。)

結果的に 「数学」「理科」「社会」で90代の点数を取って
「国語」80を若干わる程度……まぁ ここまでは普通なのですがね。
(↑と いうか どちらかと言えばよろしい方ではないでしょうかね??)

「英語」半額以下。  ――あれ???  これって……。

今なお引きずりつづけている英語の底辺振りは このへんからすでに
顔を堂々と覗かせていた――って事になるのでしょうかね???
いや~  変わるものは変わるけど 変わらないものは変わらないのか??
(↑まぁ さらには 中学校時代 吹奏楽で割と勝ち抜いたのもプラスしたのかな??)
(↑↑どちらかと言えば「英語のおかげでギリギリだった」とも言えるかも。)

ちなみに 新聞を見た限りですと 去年の千葉県の高校入試・一般入試での
理科の得点平均は「38.8点」だったそうな。  ……へ??

センター入試は 平均点が60点前後になるように調整して
まぁ 模試でもそれくらいの平均点を眺める事が多かったから
この点数に関しては かなり 違和感を覚えたのですが……。
……それって ボクだけではないですよね?  きっと。

なるほど~  このへんから子供の理科離れが進んでいるのでしょうかねぇ??
――ちなみに 理科は今のボクでも一番楽しみにしている教科であり
受験の上でも 未だに 一番の得点源と期待している教科でもありますww
(↑まぁ 優越感に意味なく浸ってみたいものなんでしょうよ。)



まぁ 何がともあれ 高校入試でも数学の急上昇に至っても
それまで ボクがボクなりに全力投球してきた結果でしょうし
胡坐を書いてそれを待つのではなく 自分でそれを作りだそうとする努力。
――それを 招き寄せられるかは 残りの一週間の踏ん張りどころ。
まぁ ぶっちゃけて ブログ編集画面・過去記事参照してみると
一ページは完全に 予約投稿&下書き記事で埋まってしまっている状況なのですが。
――公開という文字が全く見当たらないというすばらしさ。

――どんだけ記事溜めこんでいるんでしょうか。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/789-cc900e63