Event in vicinity at my home and there

2010⁄11⁄23(火) 21:29
いや~  いつもと変わらない休日というものは良いですねぇ……!!!
※ちなみに タイトルは「いろんな意味で」必死になって書いていますので
 「おちょくりは」無しの方向で。  マジで その辺の心遣い お願いします……!!
 一応 苦手克服の一旦として 考えている最中ですので!!




そんなわけで 本日は勤労感謝の日……でしたよね??
そんなわけで 今日は両親ともに家に居て 割と普通なのほほんとした一日を。
――ただし 勤労感謝の日なのに 学生の労働・勉強をやらざるを得なかったのは
いわずもがな……って 感じなのですがね。  残念ながら。

ちなみに 日曜日には素晴らしいほどオーソドックスな方法でボクの勉強を
真正面から邪魔しに来てくれた妹(?)ですが 今日に限っては
父親も家でゴロゴロするに決めつけたらしく まぁ なんというか
「邪魔したかったけれどできなかった」みたいな空気が垣間見れたわけですが。

なんだかんだで この兄弟関係はかなり良好だと判断してよいようです。
――ボクも「俺妹」にだんだん毒されてきているのでしょうかね……???

ちなみに 「勤労感謝の日」というわけで 予備校教師にも配慮しているのか
今日は予備校の方もお休みだったりしたわけなのですが…… まぁ ぶっちゃけて
ボクにとって見てみれば ほとんど意味は無かったと言ってもいいでしょうかね。

……まぁ 予備校に行って勉強するはずだった時間を月末から始まる
後期の中間試験――三学期制ではないので 少々感覚がずれるところではありますが――
に向けての勉強に取り組まなければならなかったので そんなにも……な感じ。
(↑とは言いつつも 結果的に勉強のスタイルはあまり変化することも無く
なんだかんだで 教科だけみてしまったら二次試験の内容と変わらないと。)

そして まぁ そんな休日でも働いていたのでしょうか。  父親から聞いた話で
詳しいことはわからない……と いうか 人づての話なので 何ともいえませんが
なんだかんだで 明日お隣で建てている家の(少なくとも一方が)完成すると。

それで なんだか引き渡しの何とやら――あ 建て売り物件だと思っていたのですが
なんだかんだで 買い手の方はすでに見つかっていたみたいですね。――が
あるらしく それのお知らせ&壁に這わせているツタがかなり進行しているから
これをどうにかしてほしいというお願いがあったらしく。

ちなみに その家が建つ前――すでに取り壊された家――から残された
唯一の遺産であるブロック塀なのですが まぁ その前の家がかなり年季もありましたし
なんだかんだで 見た目的にも(もしかしたら中身まで)割ともろいというか
そんな感じで「つたでおおって隠しちゃえ」的ニュアンスを感じることがある塀でして。
……何となく「剥がしてもいいですが 剥がしてしまった後 どうなっても知らないよ?」
みたいな空気が感じ取れたような気がするのは 単なるボクの気のせいなのでしょうか。

まぁ きる以外にも「上手い具合に貼りなおす(この漢字であっているのかな?)」
と言う意見も個人的にはあったりしたのですが まぁ それはそれで。



さて なんだか前々から少し宣伝してくれ~  みたいな話を言われていて
写メまでとって忘れていた家族内の宣伝が一つあったので形だけでも。

オムレツ
先日土曜日に 丁度中途半端な時間帯にボク
予備校に行って帰ってきたことがあって
その時に家に帰ってきて
リビングにある食卓を ふと 見たならば
「私がつくりました」みたいな空気を
バンバンに出している妹と 食卓の上に
このようなオムライスがドンと
置かれているではありませんか。

ボク 冷や汗。


まぁ 普通だったら ボクも普通に出されている物は食べきってしまうのですが
なんというか 時間の関係上「外で豚丼を食べてきてしまったのですが」という
少々言い出し辛い理由があったりしたわけで かなりこまってしまったんですねww

……なんだか この展開だけで「実は 『一人称も俺』になったりする妹は
殺人料理の天災料理人」みたいな設定を考えた方 少なくとも一人はいますよね??
……一応 このへんに関しては「女の子らしく」それなり物もは作ってますよ??

裏話:前 家族の中での会話で「一人称」をテーマにした雑談が繰り広げられた時
「ボク」の普段の一人称って何だろう  みたいな話になって
まぁ いつも「喋っていたり」するときとか「リア友相手」とかには
普段から一人称が「俺」だったりするボクは そんな話になっていたのですが

そんな話の中「妹も一人称『俺』だよね??」みたいな話が普通に出てくるという。
せめて『あたし』くらいで留めてほしかったらしいですね。  母親的には。
最終的には 母親はかなり頭痛そうな顔していましたが……。
「蝶よ花よと育てて来たはずの我が娘が……」みたいなことを口走りながら。
……心からその点については同情します。  ……てか 大丈夫でしょうか???

あ。  ちなみに「豚丼+オムライス」の昼ごはんは重すぎたので
なんだかんだで「妹に見えないように」オムライスの方は夕ご飯としていただきました。
――冷えていてもおいしかったですよ~  アツいとボク 味わかりませんし。

補足:ちなみに ボクが料理を作ると「何かとアウトドアな味がする」という
噂が好評だったりしていたのですが……。  反応に困る。  どうしよう。
「地雷ではない」けど「野生的な味」みたいな解釈でいいのでしょうかね???

――確かに 何か物を入れる時には「とにかく目分量・食えりゃ良い」をモットーにして
台所に立っていたりしますからね。  そこが外であれ中であれ。



なんだか 食べ物の話題を書きこんでいましたし 物はついでに。
なんだかんだで チキンのフェア? をやっているマクドナルドでしたが
何となく 今までのやつはあまり 興味を持つことができなかったボクですが……

考えてみたら 過去にやっていた「ビッグアメリカ」はなんだかんだで
全て食べたボクですし 一つも食べないで終わるのは逆に変かな~  と思ったので
カルボナーラだけは食べさせていただきました。  御馳走様です。
カルボナーラ パッケージカルボナーラ

……まぁ 正直な話として書かせていただきますと 今までのチキンに関しては
あまり興味を持てなかったりしたというのも 大きな要因なのかな??

ただし イタリアンな空気だけは割と好きであったりするボクは「これだけはいただこう」
と カルボナーラだけには手をつけてみた……みたいな解釈の仕方もあったりします。
――なに??  この長々とした言い訳道。  面倒くさいよ???

まぁ 結果的に 帰りながら電車を待つ時間にいただいたのが始めなのですが
いつもの通例のメニューに入っていたら飽きてしまうのかもしれませんが
たまに出てくる話として 食べてみるのはおもしろい味ですね。  これは。

でも ビッグアメリカンの時とは違って クーポン使っても300円超えますし
――いや 違わないかもしれません。  詳しく覚えていないわけで……――
何となく いろいろと触り辛い感がぬぐえないのは どうしてなのでしょうか。
そもそも 300円に謎な壁を感じているのっぴぃであるわけですが。

……さて 一体この300円というのは何なんでしょうかね??
単なる 貧乏性が感じている おかしな勝手な設定なのかもしれません。

――人間 桁の数が丁度上がったりするときとかに
何かしら障害(いろんな意味で)を感じるのかもしれません。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/692-3daf9180