再来...

2010⁄09⁄11(土) 23:01
「ふぅ……  今日もつかれたな~っと。」
とりあえず 重たい足を引きずって帰りついた家路。
肩にぶら下がっているバッグに入っているテストの点数も好ましくなく
それに比例してかなり重たい足を引きずりながら我が家に帰りつく。
……まぁ そんな事もあるさ。  そんな風に自分を誤魔化しながら。

「ただいま~」  ――そしていつもと変わらない日常通り扉の鍵を開ける。
今日は 新しく買ってきたラノベでも読もうかしら。  テストと模試の連チャンで
良く考えてみたならばずっと机に向かっていたような気がするからな。
今日は幸い塾も無かったし 久しぶりにゆっくり羽根を広げてみるか。
そんな気持ちで俺は 扉を開いて 家の中に入った。  ……ここまでは日常通りだった。
家の中で何があったって??  つい最近にも体験したことがあるようなこの感覚。

――中国からの来訪者が また いらっしゃった。  ……マジで???



……と 言うわけで こんにちは。  のっぴぃです。
↑の文章は 正確な時間系列から行かせてもらうと 昨日のことになるのでしょうか。
一部 制作っぽく訳していて現実に即していない部分もありますが
結果論的には 話に嘘はありません。  中国からの来訪者・再びです。

でも 前回来た香港からのお客さんとはまた違う部類になりますね。
今回来たのは 重慶だっけな??  からやってきた女の子です。
案の定 名前を晒したりすることはありませんが まぁ そんな感じです。
ついでに 今回はボーイスカウト関連ではなく 妹の学校からの様です。

……なんだか 毎度毎度思うのですが 妹は中国の方に縁があるのでしょうか??
なんだか 同じように外国からお客さんがいらっしゃるのなら
気分的に……と 言うか 物珍しさ的に 欧米の方からとかアフリカの方とか
もう少し いろいろと違う雰囲気を醸し出している人の方が諦めがつく気がするのですが。
――まぁ 見た目的には近い感じのモンゴロイドですからね。  我々は。
でも 大陸の方の方と日本人は少々見た目も違いますかね??

さて そんな話はどうでもいいとして ↑のストーリーに
ボクから見た主観と事実という名前の肉付け作業でもしていきましょうか。
……とか 書いておきながら 個人的には↑の文章については
「それはそれ これはこれ」として考えていますが。  ……どうでもいいですね。

まず 上記のとおり ボクはつい最近までこの事実
全く知らされていませんでした。  ええ。  全く。
「なんだか 学校の方からこんなお誘いがあるのですが~??」って
妹が 学校から持って帰って来たプリントをぴらぴらさせていたような記憶が
あるような内容なって感触くらいしか これに関しての知識は持ち合わせていません。

ついでに 正確な連絡をボクが受けた人言うのは 彼女がやってくる前日
すなわち テストが終了した一昨日の夜・予備校帰りでの電話ということになります。
――母親曰くには「テスト妨害になる可能性がありえたから 連絡しなかった」
とのこと。  まぁ その気持ちは分からなくはないですがね。
絶対 何かしらのパニックを起こす事 請け合いですから。  さすが母。

あと やってきたのは女性です。  そして 妹より年上と。
どちらかと言ったら ボクの方が歳が誓いのかもしれませんが 気にしない。
……なにせ ボクはこの間は「ムッツリ」で通している感じですからね。
たとえ 異性が相手だからと言って ナンパに走るようなことはないと。

ついでに 同じような年代で異性だったとしてもいい関係を保っている妹。
あまり 関係がない話ですが せっかくなので概要だけは書かせていただきますと
先日(←八月十日前後の記事をご覧ください)来た 香港からのスカウト
(↑まぁ 概要的に 確か15歳・男だったっけな??)と 妹は
なんだか 未だにメールのやり取りを欠かさないような感じみたいです。

まぁ 一体何を話しているのか 全く分からないのですが
もしかしたら 今までありえないと思っていた 国際なんとやらが
下手したら 意外と近いところでありえたりするのかな~  とか
少しばかり 変な目線を向けている イケナイ兄貴なボクが居るわけなのですが。

ついでに 母親とボクは 今回にいたっても英語が危ないので
あまり喋らず 日本語で誤魔化しているような状況です。  はい。  ヘタレです。
――簡単に「しゃべればいいじゃん」って言ってくる人もいるかと思いますが
実際 それしか通じない相手が目の前に来た時には……
やっぱり いろいろとテンパりますよ??  初めて知った この感触。

あと それと少々近い感覚として 中国の方が喋る英語とこちらの英語
まぁ なんというか 発音が違うというのか なんというのか。
――ボクと違って それなりに英語ができるという判定をいただいている妹でも
たまに 顔をしかめるような英会話となっているような状況であったりして。

まぁ ここで ボクが経験から学んだちょっとした知識ですが
中国の相手と面と向かって話をするのは ビジネスマンの皆さんは別として
学生とか 英語のかかわりがあまり濃くない人にとっては かなりムズい。

……でも 仮に紙とかペンとか――我が家の場合は ホワイトボードが
壁にむんずと貼りついているので それを利用させてもらっていますが――
筆談できる道具がそろっているのならば 漢字を使っての筆談をした方が楽だという事。
――どちらも 中国の方だったので その傾向が読めてきました。

さて ここまで続いてくると なんだか「二度あることは三度ある」的感じで
また 近いうちに誰かくるのでは???  みたいな不安にかられるわけですが。
……ついでに 彼女がいつまで滞在して 何をしに来たのか
正直言って 実際に彼女が来た時点でも知らされていないので
はたして ボクは何をするべきなのか 全く分からないというわけでして。
――土日を預かってもらいたいってことなのかな??  知りませんが

……あ。  ボクが知らされている「時期に関するお話」については
「短い間だけだから我慢してあげて」って 母親の一言しか
これに関する情報はいただいていない状況なので はたしてボクはどうするべきか。
――たぶん 受け入れる生徒に選ばれてしまった妹も大変かも知れませんが
それを知らされず 日々過ごす羽目になったボクも 結構大変ですよ。

さて こんな感じで 異文化交流を少々したところで
全く効果が出ない英語に関する能力。  うん。  悲しくなってきたぞ。
まぁ 積極的に話していないから しょうがないことなのかもしれませんがね~

まぁ 今までの展開的に ボクの心の中はかなり駄々もれな感じもしますし
案の定 今日はどうしていたかというと 即効で予備校に逃げだs……
……そうと思ったら なんだか 普通の定期になってくると予備校があく時間
少々 遅くなっていたようですがね。  うん。  オワタ。
――たぶん 中文変換とこの後のお話は書かない予定。  つかれた。


コメ返
チャモロさん
まぁ ボクもこんな風にiTunesに投入したら
日に焼けないように大切に保管に入りますがね。  当然でしょうwww

まぁ せいぜい自分を磨くことですね。
ボクが言える事ではないですが 言えることはそれくらいです
結局どっちなのかは ボクにも分かりませんでした。  気にしたら負けです。

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

……正直疲れて コメ返も適当さが出てきた気がします
なんだか すいません。  今日は特別疲れました。

TOP

Comment

またも海外からの訪問者が……
私の家はペルー人なら来たことありますね。
南米系の方は結構日本語話せる人が多いです。
(方言チックになってますけど)

中国はとりあえず漢字で通じると聞いていますが「歩く」と「走る」の字の使い方が日本とで違うとか…
中国では「歩」=走る みたいなことを中国語専攻の友人から聞いたことがあります。
2010⁄09⁄12(日) 08:33 |

海外からの■……だと!?
間違えた、刺客だった
大丈夫! きっとなんとかなるはずだから!

とりま、誤字あったぉwwww

《引用始め》

あと やってきたのは女性です。  そして 妹より年上と。
どちらかと言ったら ボクの方が歳が誓いのかもしれませんが 気にしない。

《引用終わり》

歳を誓ってどうするwwwww
そうか、誓いこうやって書くのか……
下が言なんて思い出せなかった
2010⁄09⁄12(日) 10:53 |

海外から訪問者が来るなんてすごいですね~。
自分の家には国内からすら訪問者が来ませんwww
年の近い女の子と同居ときたらおいしいトラブルの予感がしますね!w

のっぴぃさんも「けいおん!!」学園祭の挿入歌CD買ったみたいですね~。自分も買いました。
ごはんはおかずもU&Iもフルで聞くと余計にいい曲ですよね!!
あずにゃんの人形かわいすぎです。。。なんとなく欲しくなってきました。
2010⁄09⁄12(日) 18:00 | | [edit]

…お疲れ様です。
ホント、お疲れ様です。
2010⁄09⁄12(日) 21:22 | | [edit]

なんという、いんたぁなしょなるな家庭でござるか・・・

我が家はそもそも客自体あんまりこないな・・・

そもそもALT以外の外国の方と話した事ないような・・
2010⁄09⁄12(日) 22:44 |

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/610-2119a1e5