試み?

2010⁄07⁄22(木) 23:15
今日は まともに記事を起こすつもりはほとんどありません。
いつもは(たまにですが) 普通の記事の裏でこっそり書いている「見てきました」系の
記事を テキトーに上げて ごまかしておこうかしらと考えています。

まぁ そんな感じで これからは もしかしたら
今まで「他の記事とカップリングして出していた記事を単体で出す」こともあります。
以下 詳しい詳細は後日以降にさせていただきます。
なにせ しつこい性格のボクですからこのレビュー 「異常に」長いわけでして。

ついでに 文章上げるのに「全く自信を持っていない」ので
ここで書く内容は「単なる自己満足」ですから よろしくお願いします。



図1図2
と いうより ボクがこんな記事を挙げるのは
「時間がある時」みたいなときではなくて 「メインがあずにゃんのとき」ですがね←
……と 言うわけで 日常風景。  ボク 好きよ。  この空気。

図3
突然の来訪者。  と いうか 和や憂なんかが このドア開けるのは
何度か見たことがある気もしますが 純ちゃんは初めてな気が???
……やっぱり 何かの気のせいでしょうかね???

図4図5
で その彼女がみたのは こんな光景。
「仲がいい」とみるのか「変な集団だ」とみるのか……  人によっていろいろ違う?
図6
まぁ なんといいますかあずにゃんは快い視線だと感じなかったようで。
「見事に」真っ青になっています。  この二人の関係って???

図10
で 本編に戻ると 昨日(なんだろうね???)のプレイを見られた後の二年生。
純ちゃんに「いつもどんな練習しているの??」と 尋ねられます↓。
図11
こんな練習です。  あずにゃん 字 やっぱり女の子っぽいww
図12
そして ボク的にはこの表情もかなりいいwww

図13図14
で 自分も「軽音部」に(いろんな意味で)染まりきっていることに
気がついた梓。  「カムバック・あたし!」と 言うことで。
……絶対 こんなことしていたら「浮く」気もしますが まぁ 気にせずに。
図15
ついでに この「唯」みたいな行動をしていたら 本来の自分のキャラが
わからなくなってしまったようでして。  まぁ これもありですかね???

図16図17
事件は会議室で起きているんじゃない!!
……すいません。  全く関係ないですが 少なくとも彼女は生きています。
西日が気持ちよくてお昼寝中のムギ先輩です。
図18
寝起きのオーラも やっぱり ムギ先輩です。

図19図20
誰かが入ってきたら 「わッ!!」って 驚かそうと思ったようで。
梓「かわいいこと考える人だなぁ」  ……誰か???
図21
ム「わッ!!!」  ネタバレ ありがとうございます。
図22
まぁ あらかじめ教えられていたら驚けませんよね。  すねました。

図23
やっぱり なんと言うべきなのかあれですけれども
この「組み合わせ」というのも かなり乙なものですね。
珍しい組み合わせも 話を進めるにあたっては いろいろといいのかもしれない。

図24
ここで 何となく「二期:三話」カムバック。
図25図26
図27図28
「ムギちゃんwithむったん」ということで。
どうでもいいですが この髪の毛の流れで すんなりストラップが通るのが
不思議で仕方がなかった人間が約一名です。  気にしたら負けですが。
図29図30
まぁ なれない楽器はなかなかできませんからね~
ギターではないけれども そんな光景をよく見た身として 何となくわかります。

図31図32
そして 実はムギが一番望んでいたのではないかというシーンがあり
図33
覗き魔確保(←ちがうだろ)  先輩到着。
図34図35
そして 新譜発表。  ……あずにゃんの子の手に(以下略)
図36
唯「大変よくできました」  シールに只今ハマっている模様。

……ええ。  気がついていますとも。
ここに至って 妙に「箇条書きの成分」が多く配合されているだろう事くらい!!
まぁ いいじゃないですか!!!  ボクの特性に合っていないということで←

図37
で 二年生パート。  この空気 ボクは好きです。
でも あずにゃんとしては ジャズ研の情報を聞いたら気付くわけですね
何となくですが 彼女のセリフが子供っぽいです。  このへんだと。
図38
「カムバック・あたし」!  今日のキーワードです(たぶん。)

図39
「本日のお客様は 澪先輩です。」(←梓の部屋???)
図40
では お客様に質問です。(←いや だから 違うって。)
図41図42
まぁ 部活内で一番の常識人ですからね~
いろいろと感動できることもあるみたいです。  「カムバック・あたし(上気)」
図44
梓「じゃ お茶の準備しますね☆」  「……え???」
まぁ でも 気がつかないところで「染まっているようで。」
図45
「言ってみただけです。」  ごまかしに入りました。

図46図47
ここで律乱入。家庭科の宿題が出来ないらしく。 
まぁ ミシン面倒くさいわな。  ボクもそう思います。  ボクは男ですが。
図48
図49
ついでに この流れだと「りっちゃんの家へ行こう」というのは
座右の銘となりつつありまして 結果的には……
図50
梓絶望。  「やっぱり~」(こだま)

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/537-eafb4df8