けじめ

2010⁄06⁄27(日) 23:04
なんだか ものすごくしんみりとした空気をただいままとっている
サックス奏者のっぴぃです。

何となく 昨日のお話を引きずっていますよ。
そもそも ボク 昨日「ひとつキーワードを残したまま」記事を残していますので
ここは しっかり決着をつけておかなければならいでしょう。

……と 言うわけで最初の方はこの辻妻合わせにしていきたいと思います。
まぁ 昨日の記事を流し読みしてだいたいの流れを
あらかじめ 補充していただければ 非常にありがたい気がします。

ボクも 一応は男です。  ですから 最後の「けじめ」はしておかなければ。
……と 言うわけで 昨日は「けじめ」を合わせに
定期演奏会の会場には行ってきました。  証拠写真もありますよ。
名目は

ボクのような立場になった人間というものが
そもそも 珍しいものだと思います。  でも そのことは知った上で
あえて ひとつ質問を投げかけてみようと思います。

「たったひとりの人間との人間関係だけを理由に私は部活を辞めました。
そんな人間である私がかなり迷惑をかけた相手に対してできる
最大のねぎらいはなんだろうか。」  ボクは それを考えてみました。

でも 何となく ポリシー的に 演奏会を聴きに行くことはできない。
しかしながら 最低限のけじめは守っておかないと気持ちが落ち着かない。

……と 言うわけで ボクはボクなりの妥協点を探りました。
結局 昨日の予備校が完了した段階で出てきた結論は「最後のねぎらい」だけは
参加してあげようかな。  こんなところです。

吹奏楽に限らず 何かの演奏会に行ったことがある人ならば
何となくイメージがわくかもしれませんが(まぁ 吹奏楽で考えるのが一番ですが)
演奏会が終わったあと その関係者の人が入口近くに並んで「ありがとうございました~」
って 観客を送り出す場面がだいたいあるかと思います。
――やっぱり それなりにかかわったことがある人しかわからないかな??

ひとまず ボクは 塾が終わる時間もあれだったので
だいたい この時間帯に間に合うように会場へ行ってきました。

……で 漏れ聞こえる演奏を聞いておく。
そして 終わったと見えたタイミングで会場内に潜入。
意外と 気づかれたり怪しまれたりしないものです。  これもボクのスキル。

……まぁ ボクの「影の薄さ」のフィルタも 部員の保護者には効かなかったようで
なんだかんだで その方面でばれましたが。  まぁ いいか。
個人的には あまり 心の準備はできなかったけれども その場のノリで。

でも この会話の中で「演奏どうでしたか??」の質問だけは
がんばって 話をごまかすことしか できなかったですがねwww

でも 幸いというかなんというか ボクの演奏スタイルというものが元々
「ノリで突っ走る」ようなもの――文字のごとく「音楽は魂だぜ」な人間――なので
そのような質問が来た場合も この答え方をすることで
うまく 避けることができたわけですがねwww  キャラも一貫しているし。

でも ここで 漏れ聞いていた音もあったから
この持論に乗せてごまかしつつも それなりに的確な意見を言えることができたかと。
一応 後輩に伝授できるものも結構あったかと思いますしね。

やっぱり なにかしらかかわってきたものですし 何かにかかわることが
何となく 楽しいのかもしれないですね。  一緒に卒業はできませんでしたが。

なんと言えばいいのかよくわかりませんが ボクは たったひとりの相手との人間関係で
部を去る羽目になったと言っても過言はありませんし
やっぱり 何かしらの未練は このへんに残っているのかもしれないですね。

結局 昨日のボクは「演奏会」には 参加することはありませんでしたが
最後のねぎらいの会には なんとか参加することができました。
――「彼」を視界に入れないように 極力注意しながら……  ここ 大切。

でも これもひとつのけじめのつけ方だと思いました。
まぁ 後 先輩に変な目で見られたのが少し気になりますが。
この先も 一応後輩から聞かれたことは(だいたいイメージ論で通すけど)
技術の伝達に回っていければいいかな……と 思ったりします。



まぁ そんな風に綺麗事を書いてみても いろいろと
ボクにとっては心残りのことは残っていたりするんだよね。

AB!.jpg
まぁ たとえるのならば この前終わったAB!の世界に迷い込めそうな
そんなレベルの高校生活を送っていたような気がします。

……脊髄が動かなくなっていても復活しているくらいだから
ボクの耳も正常に働いてくれそうだよね。  この世界。

ついでに もしそうなったならば ボクの輪廻回帰の条件は
「音楽劇」とか そっち方面になるのかしらね??
よくわかりませんが。(←なんだか現実逃避を始めました。)

卒業した人たちはよく言います。
「高校生活は楽しかった」と。  昨日久しぶりに出会った先輩方も
それぞれの道を歩んだはずなのにほとんどの人がこのセリフを言っていました。

このことを考えてみると ボクの高校生活はどうだったのだろうか。
なんだか 無性に考えてみたくなります。

青春の代名詞といわれる「部活動」。  ボクの場合は「吹奏楽」に
青春をかけてやろうという意気込みで 入部届けを提出した日。

その日のボクは 結局最後の「定期演奏会」の日を
こんな「部外者」のような立ち位置で見つめることになるだろうと
これっぽっちも予想していなかっただろうと断言できます。

でも 現実は甘くない。  今ボクに残っている高校生活の思い出は
どのようになっているのだろうか……  思わず考えずには居られません。

結局 ボクにとって「高校時代の友達」って 居るのだろうか。
この思い出は 自らをむしばんでいくようなことがあるのでしょうか。



最近 記事が重苦しくてすいません。
まぁ 明日あたりは盛り返していきたいな~  と 考えてはみていますがwww
ちょっと 後半はアニメの事も入れつつお茶を濁していますが
結局 鬱な感じの内容になってしまいましたね……

まぁ 正直な気持ち(こちら主体)を書いただけなので 訂正などはしません。
ひとまず これからの考えとしては 後輩から頼られたのなら
できるだけのサポートをこれからもしていきたいと考えてはいるのですが。

まぁ 「たよられれば」の話ですがね。  しょうがない。
もうそろそろ 明るめの記事をひとつ入れなきゃまずいよなぁ……。



あと 半ば忘れそうなので。
昨日の「特牛」の答えは「こっとい」です。  わかりませんよね~

ちなみに ボクは「秘境駅へ行こう!」で 紹介されていて
この駅の名前を覚えました。  秘境駅なら任せなさい☆



コメ返
藍眼ヤマさん
まぁ その方向性で決定したのなら 勉強に支障が出ない限り
(↑人に言える立場ではないがww  がんばっていきましょうかwww)
更新してみてください。  ……できるだけいきたいと思いますwww
(↑ところで 訪問者履歴に残らないということは ログオフして巡回してるんですか?
何となく それが原因で通い損ねることが多いので なんだか申し訳なくて……)

書き溜め……と 言うより だいたい頭の中で「これを記事に起こすか~」って
だいたいの見当はつけているって感触でしょうか???
だって まだ 翌日記事にしか 筆はつけてませんし。

まぁ そんな風に適当に上げている記事の場合は スペック低すぎ
でも ヤケに検索ワードで引っかかりやすい(→だから カウンタが回る)記事しか
上げているつもりはありませんからね~  ええ。 あくどいですとも。

あ~  まぁ いいんじゃないですか???  クラシック。
藍眼さんはTbでしたっけ???  クラシックにも自然に入れますよね~
(↑saxは 入る事もあるけど 基本 なんだか浮いた感じになりますからね~)

……でも そのような書き方をしているということは
クラシックよりもジャズとかそちら系が得意という解釈は間違っていませんか???
……ただの 文面からの予想なので 何とも言えない部分なのですがねwww

ほー  ボクはそこまで細かいことを気にするような神経を持っていないので
その辺の補足説明初めて聞いた感じですね~
……まぁ 世間一般に「Brass Band」っていう呼称もハマってますし
(アメリカなのでしょうかね?)そこまで執着する必要もないかと。

……一応 木管楽器のボクは気にしていませんし。
このへんは 人それぞれの感性がありますし そこに執着しなくてもいいじゃん(ボク)
みたいな考えを持っている人もいるわけですから……
(別に 名前なんて人間が勝手に定めたものでしょ???  みたいな。)
だから 藍眼さんの考えが悪いとも書きませんし もろ手を挙げての賛成もしないかな?

あと 英語悲劇的にヤバいので そこまで頭が回らないだけかもですがねwww
HAHAHA!!!(←もう この人重症じゃね???)

まぁ 文章の使われているところからニュアンスで察知してほしいのですが
今回の場合は「二次元脳」とでも 解釈してほしかった感じですがwww
ほら “room”で 「部屋」と「空間」の意味を併せ持つように。

……特に こちらはニュアンスですべての記事を書いていますので
そのように ニュアンスの揺れ(こちらから見たらこんな感じですかね?)について
議論されると 何も書けなくなってしまうわけでして(逃!)

まぁ 政治の議論についてもボク的には先ほど書いた話と共通しますかね???
これに関しても 人それぞれ感情や写り方も変わって見えるわけですから
ここで ボクの意見を並べて それで藍眼さんの意見が変わるとは到底思えません。

……なので ドツボにハマる前に この話題勝手に切ってもいいでしょうかね??
個人的には あまり 自民の1年で変わった人たちをあまり評価していないので。

「個人的には」ですよwww  ボクが藍眼さんにあまりこの話に突っ込まないように
たぶん ここで藍眼さんがこれで返信したとしても
あまり 考えを変えることはないと思いますし まぁ 政治の話はお開きに。

本当に あの掌の返しようは いろいろと驚きましたね~
それも 勝ったとたんに「日本 すげぇ!!」みたいなことになっていますからね~

あれだけ 岡田監督を責めていたりしていたのに
なんだかんだで 日韓共催の時の結果と同じところまで行っているのですから
これは どんなふうに評価をすればいいのか よくわかりませんがね~www

で 勝ったとたんに騒ぎ出す国民もある意味素晴らしいと思います。
……相当皮肉っていますけれども でも これが日本人なんだろうな~
変わった国民性というのも また ひとつおもしろいものなのかもしれません。

監督ぅ~
これも 計算のうちなのだよ。


チャモロさん
まぁ チャモさんには地の知識で来てもらいたかったですが
そんなにわがままも言いませんwww

でも ここまで来たならば 社会のエフェクトでいずれ遭遇すると思うので
覚えておいてもいいかもですねwww

スルーしてもいいと思いますwww  重苦しいの承知ですから。

まぁまぁ……  ここで火種撒かないの☆
二人の間柄がどうなのかは知りませんが ケンカはしないでくださいね~ ブルブル。
何となく 日清戦争中の韓国民の思いです。(←わかりにくいなぁ!)

TOP

Comment

お勤めごくろうさまです!!

特牛… 忘れそうですwww

重苦しいのは基本的にするーしますwww
その方がのっぴぃさんも楽かなぁ~ ←自分がコメントしにくいだけ

やっぱり火種ですか?ww
そんな感じしたんですよねー まぁ、コメントしましたけどw
なんだかんだいって仲直りできると信じてますのでww

韓国民… その気持ち、すごく分かりますよーwwww
「喧嘩するならよそでやってくれ」
2010⁄06⁄28(月) 00:17 | | [edit]

うむ・・・
なんて書きましょうかw
まぁ俺もスルーしちゃいますw なんかすいませんw

特牛でこっといか
難しいw
2010⁄06⁄28(月) 21:24 |

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/506-3d255210