学会~前半~

2010⁄05⁄23(日) 23:12
どうもどうも~

一昨日から「予備校がない」という事実をものすごくさりげなく
しかも 他人事のように書きつづっていた事実があるわけなのですが……。
それが 何故なのか わかりますか???

実は 本来 今日は記述模試があったわけでして……。
そのためのお勉強期間として予備校の授業が休みだったわけなんですよ~wwww

……え???  本来?????
はい。  正直に言います。   「模試 サボりました!!!!!!」

……いや やめて!!!    一斉射撃するのやめて!!!!
ボク 死んじゃうから!!!!!

……と いうわけで 冗談はほどほどにして 今日の話題入ります。
そりゃ それなりの理由はありますよ???  模試 サボるくらいの。
逆に そうでもないと そんな事させてくれませんからね~

海浜幕張ロッテの本拠地のところに行ってきました~
……あれ????   これって 十分な言い訳になってない???
……わかりましたよ。もっと 具体的に書きますよ。

学会学会行ってきたわけですねwww
ちなみに こんな風に「学会なのかそうでないのか非常によくわからない写真」で
ごまかしている理由というのは 肖像権やらなんやらが
人がこまごましている写真を貼ると その分だけ
気を使わなければならない事が増えてしまうだろうという妥協の結果であるためです。

なので この後に貼る写真も 本来ならばもっと入れるべきなのでしょうが
肝心なところで撮る事が出来なかったうえに
撮る時間帯もピーク前にやらざるを得なかったために
思ったより発表数が少ないという 少しばかり悲しい感じになっています。

まぁ これもしょうがない事ですね。
なにせ インターネットというのは世界に通じる窓ですから。
情報に対するマナーとして しょうがない事だとボクは思います。

ちなみに この先の記事も自己満足度がかなり高いので そのつもりで。



さて では いいわけやらはこのへんまでにして 本文に入りたいと思いますよ~
今回ボクが行ってきたのは 幕張メッセでやっていた
「日本地球惑星科学連合2010年大会パブリックセッション」
とか言う名前のお話です。  国際会議場でやってました。

これは まぁ 字幕からも何となく予想がつくかと思いますが
地球惑星関係の公益法人や一般企業・大学などが集まってきて
なんだかんだで 発表するような感じですね~(←いろいろはしょりました。)

まぁ 最初にボクがとらえたように「学会」って大きなくくりで
考えていただくのが一番簡単 且間違いが少ないだろうと思います。

ちなみに 本日は一般開放日で まぁ 学生服で歩き回っている人も
ちらほらと見受けられました。    ……ボクは 私服でしたが。

ただ 学会だったりしたので 受付が非常に大変で
9時に会場入りしたのに 実際に展示会場に入れたのは45分後でした。

で その9時45分~  な 講演会がありまして……
「スノーボールアース~全球凍結した地球~」  なる講演会。
……ちなみに これ テスト(QMA)に出ます。
数少ない9文字の並べ替え問題のひとつです(理系学問・その他)
東京大学の準教授の方が公演してくださいました。

まぁ これの内容をざっと説明すると
大昔(カンブリア期よりも前になるのでしょうか???――地質年代については
また ここで調べていただけると幸いです。  と いうより わかりませんよね?――)
には 赤道直下まで氷河におおわれてしまったという
読んで文字がごとく 地球が大きな雪玉になっていたという仮説です。

ちなみに 今までわかっているだけで 過去三回起こっているみたいで
その時の地層からは かなり鉄鉱石がとれたりするとかしないとか。
……まぁ その時期の地層からは その時期特有の色が出ている……
……そんな感じみたいです。  地学とってる人はもう少し理解できるのかな??

ちなみに この時期の地球は 植物の光合成も泊まっていたり
なんだか いろいろと大変なことになってたみたいです

……説明にもなっていないような 超適当な書き方ですいません。
まぁ こんな地球環境でもいろいろと平衡状態なるものがあるようで
今まで知る事が出来なかったお話も聞かせてもらう事が出来ました。

……ちなみに この説明は「一般・高校生」向けの話だそうでwwww
ボクは それなりに理解していると自負したいな~   って 思っている次第です。
まぁ その対象になりそうな人は 会場の半分くらいしかいなかったみたいですが。
(↑その 公演していた先生曰く。  半数は研究者らしい顔ぶれだったみたいです。)
(↑↑まぁ ボクの見えた範囲には 小学生みたいな女の子もいましたが。)

その後 販売ブースをうろうろと――まぁ 学会ですから……
普通ありそうな「お土産店」みたいな所はありませんよ。  悪しからず――。
そこで ボクは 専門書を売っているおじさんやおばさんと雑談……
……している母親を(←興味を持ってついてきたらしい。まぁ ありがたかった。後述。)
眺めた結果 まぁ 専門書を一冊と ちょっと特殊な早見盤をゲット!!

そうです。  親は 大蔵相としてうまく使うべし。
これが ボクが今まで過ごしてきて培ってきたテクニックですwwwww
(↑いや テクニックじゃないし。)

ポスターセッション
で そのついでにパネルディスカッションなんかを眺めて
――外国の方が結構いたのも 印象的でした。  なるほどね……――
あとは そこらの会場で 点々と行われていた 研究発表を覗こう
……として 全く英語が理解できない事実に漠然としながら撤退。
――ここ ニッポンですよね???  悲しくなってきたの 約一名。――

ひとまず 昼食に出ようと思い立ったわけですよ。
そこで ひとつあったのですが ここからは後半に続けたいと思います。
さすがに この記事 かなり長く延びますわ。   さすが。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/466-11c10935