プランニング

2020⁄06⁄07(日) 00:00
個人的にコロナの話が収まってきたならばそろそろ考えなければならないのが
次はどんな場所に引っ越そうか、というお話です。

――半外的な要因によって たぶんこの秋ごろには
お引越しを余儀なくされているのっぴぃさん。

まぁ 場所についても徐々に目星を立て始めているのですが
それに加えてお家のために準備するお金とか
最悪でもどんな間取りを所望するかとか考え始めなければいけません。

で 家賃とか諸々に関しては後に回すとしても
ひとまず今のところ「居住スペースと趣味の部屋のある家」を所望する方向で
おおざっぱに計画を立てていたりします。

さらに 食器洗い乾燥機を置く場所がある、というのもマストです。
――そうなってくると 必然的に2LK以上……Dがあれば調理スペース増やせそうだな、
みたいなうれしさもあるかもわかりませんが。 まぁ そんな感じです。

で その前提で不動産サイトを見たりするとまた悩みどころがありまして
「所望するお部屋を洋室・和室どのようにするか」という点。

まず 「居住スペース」のほうは「作業机、PC、ちょっとした本棚」が最低限。
まぁ このもろもろを置こうとしたら洋室のほうがありがたいですし
そうなってくるとベッドも追加して、と考えると大方これで固まります。

要するに 「6畳間の洋室が一部屋あればいい」といった感じです。

では 趣味の部屋はどのようにするか、についてですがこれはなかなか悩ましい。

――一応、想定としては 壁の一面にカラーボックスで同人誌の棚、後ラノベもかな?
後グッズを保管するスチールラックをくみ上げて
少なくとも壁の一面にはタペストリーを並べられる空間を用意する

……程度までは決まっています。

では そこから「持っている本をどんなふうに読むのか」ということを考えると
「人をだめにするソファ」を持ち込んでごろ寝する、という前提で考えると
「畳の上にカーペット」スタイルでもなかなか悪くない気もする。

ただ この大量の本を置く前提で行くと絶対畳にあとが残るし……といった具合。

――まぁ まだ具体的な物件があるわけでもないので妄想のやり放題という状態ですが
そろそろ現実味を帯びて視察始めるべき時期にはなっているのかもしれませんね。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/4292-94e7c93c