セカンドハンド

2020⁄06⁄03(水) 00:00
人によってはあまりいい顔をなされない方もいるのかもしれませんが
私は親の趣味の影響を色濃く受けてあまり「セカンドハンド」というものと
縁のない生活をしてまいりました。

大学になってからブックオフで漫画を見に行く、なんて機会が増えたものの
やっぱり基本は普通の新しい本屋にまず駆け込む、というムービングができています。

で それと同時に自分が「使わなくなった」もの、言い方を変えれば
「使えなくなったわけではないもの」というものを――多くの人は
セカンドハンドショップへもっていって多少のお駄賃にするのかもしれませんが
私の場合 どうもこの段階に至る間にちょっと間隙があるようで。

まぁ このコロナ期間の間、もしくはその直前あたりにも
私 いろいろな行動を起こしたりしてその手の
「使えなくなったわけではないもの」に分類されるあれこれをため込んでしまいまして
私個人としてここ最近 これの処理に困ることが増えているわけであります。

例えば洋服。

ちょっと古めの洋服をこの期間内にある種の「ふるい」にかけまして
ちょっとしたキャリーバッグを埋めきるくらいの「売ってもよい」服がたまっています。

例えばPCのパーツ。

よくよく考えてみたら売れるよね? ということに思い当たり
実際に行動に移していないにしろ、一応その時に交換した「グラフィックボードとPC電源」を
そのままの形で放置していて現在に至ります。

あと PCメモリもいくらか手元に転がってますね。

――まぁ 正直な話 古着としてももう売れないレベルまで
くたびれていたりだとか 封を切ってから時間を空けすぎて
商品にならなくなってしまったりとかいろいろとあるような気もしますが

……まぁ 何もせずにこのまま成仏させるよりも
何かしらの販売店に持ち込んで査定をしてもらう、というのも
――実際二束三文レベルだったとしても ある種の勉強量にはなると思うんですよね。

まぁ 割とコロナで後回し後回しにしていた代償でもありますが
そろそろこのタスクについても思い出してあげないとな~  という
ある種の備忘録だったりします。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/4290-bbb0490a