青写真

2020⁄04⁄27(月) 00:00
33_20200427003614277.jpg34_202004270036164cd.jpg
ある種のばくちのようなものではあるのですが 先日あげたような
青写真をもって動物園設計を実施しているからには
ちょっとそれっぽい雰囲気づくりをあらかじめ用意しておくのもまぁ 悪くないかなと。

そんなわけで 「オセアニアっぽい場所づくり」と題しまして
ほかのエリアと水で隔てたというだけの簡易オーストラリア(雑)を用意いたしました。

できるならば この中にカンガルーとかを展示してあげたいですね。

ここを渡している木の桟橋のような通路は自分的にも気に入った部分です。

もしも「オセアニアパック」とかいう名前で オーストラリアにこだわらない領域から
動物が収集されたとしても まぁ 近くにいくつかある
空き地に入れてしまえば問題はないでしょう、たぶん。

――例えば ジャングルとの間にキーウィを入れてみる、とかね。

35_20200427003617ca8.jpg
中途半端にラマを一種類だけ今回のDLCで投入されてしまったおかげで
彼らをどこに配置すればいいのか完全に戸惑っている私。

せっかくだったらカピバラとかも加えて ある程度は様になる
アンデスエリアみたいなのができてくれたらな、という願望はあるのですが。

とりあえず ラマの生息エリアをそれっぽく作ってみたのと
その隣に――いつかコンドルを引っ張ってくるつもりででかい大穴を明けておきました。

なんか ここいらに金網で覆って 適度に止まり木を置いて
大きなケージとして猛禽類入れてみたい、みたいな願望で。

なんか 前にも書いたけど「ワシ」「フクロウ」みたいなのと合わせて
こうなったら鳥類パック、といった感じで実装してほしい感じありますからね。



29_20200427003611086.jpg30_202004270036135c5.jpg
なんか 微妙に行間が空いたので適当な画像を投下。
――アマゾンエリアの動物たち 基本的に悠々とあちらこちらを泳ぎ回っているのですが
その真ん中に「さも船のように」浮かんでいるボート型アトラクションのレールを見てみると
彼らがさも当然のように休憩している姿をよく見ます。

これを見ると もっと水面下に埋めるべきやろ、とかいろんな失敗パターンが
脳裏をよぎったりするのですが まぁ 深く考えてはいけないのでしょう、これは。

あと、動物の入った木箱を抱えてきれいに並ぶ清掃員たち。
――妙にツボったので合わせてあげてみます。 なんだこの光景。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/4250-f56fc4bc