令和二年度、始動

2020⁄04⁄02(木) 00:00
202004月
今月の一枚はひとまず松山で
撮影させていただきました坊ちゃん列車。

――まぁ 乗ることはなかったけれども結構見るべき場所が中央にまとまっていて
「一般のノリで敢行するのであれば割といい場所」なのでは……?
みたいな感想が持ち上がっておりましたね。

そういえば このあたりでは「せっかくロッカーで石鹸買ったのに
それをコートのポケットに入れたままコインロッカー(帰ってこないタイプ)に入れてしまい
結局 買った石鹸を使う機会がなくなってしまった」という
かなりアホなことしでかしたりしているのですが……

お父さん、お母さん。 こんなアホな事ばかりしているけど、私は今日も、生きています。



さて 新年度となりまして これから私も社会人三年目となります。

……一応お給料もらってはいるのですが これ、自分でいうのも何ですが
「果たして私は給料をいただくレベルの何かに値するスキルを持てているのだろうか」

――いや、別に寝ブッチしている、とか言うわけではないですし
最悪お金がもらえることはできているのかもしれませんが
この後建設的に給料をあげられるような努力ができているのかな、
と考えてみたときに あまり胸を張れないことに気が付きました。

一応、自分の自由時間を使ってスキルの勉強をするなり
自分の商品価値を上げる努力をするべき、という正論な考え
さすがの私も忘れているわけではない、のですが。

やっぱりというかなんというか どうも気乗りしないというのが正直なところ。
――というより ぶっちゃけて言いますと仕事がまったく楽しくない。

……大方これ、私が仕事に乗り気ではないことにものの見事に直結している気もしますね……

というわけで私も考えた。 私が近々やるべきこと

……いや、やるべきといういいかたはちょっと誤解のある言い方ではあるのですが
つまりは「今の仕事が本当に自分のやりたいものなのか」ということについて
自分の胸に手を当てて考え直す必要があるね、ということ。

なんか 同期の動向を見ていると自分のやりたい分野とは違う仕事になったという人が
ちらほらと転職に手を染めている、という話も聞きます。

――私もそうするべきか、それとも今持っているものを手放さないべきか。
このあたりに本気で向き合う時が来ているのかもしれません。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/4228-71cd5450