お遍路(終幕)

2020⁄03⁄29(日) 00:00
35_20200417103102c1d.jpg
昨日まで書いておりました旅行に関連付けまして
一日目終了時――愛媛堪能後――ののっぴぃさんの手荷物事情。

完全に愛媛県の蛇口から出てくるという噂が流れているポンジュースを
密輸する人、という風刺が効いているような絵柄ですね。

もともとそこまで私はオレンジジュースが好きというわけではないのですが
ジュースにありがちな砂糖をドバっと入れた甘ったるい味とは違い
みかん果汁100%をうたう 私の舌が申すには甘さよりも酸っぱさが渡る
そんなものを大量に、ついでにバッグも含めて輸送する、と。

まぁ 当然ではあるのですが この後の動きは基本的に
このポンジュースバッグとともに動き回っていたのですから
――何というか 完全に浮かれまくっている人でしたよね。



さて ここ数日間分のブログ記事を作りながら思っていたのですが
――やっぱり 唐突に訪れた修羅場に対する焦りなのか
ノルマペースのギアが一気に変わったことに自分のメンタルが追い付いていないのか
焦りのようなものを大きく感じますね。

なんというか 旅自体をあまり面白く感じれていない。

……さらに 撮影した画像や動画の数が圧倒的に少ないし
やたらぶれていたり とても人様に見せられる状態ではない、というものばかりで
「さて、この材料から何を書こうか」と自分で苦悩したことを覚えております。

――もともと閲覧者がいない、という前提で続けている当ブログ。
別に世間体もない、ということで これ以上なく独りよがりで
書きたいことを書かせてもらう、という方針で結果的に落ち着いたわけですが……

この「画像が悲惨」ということ自体に対してはどこか
「自分の余裕のなさ」というものを暗示しているのではないか……
と考えてしまう部分があるのもまた事実であります。

いくつかの駅で撮影したはずの駅名標がそのまま残っていなかったり
何を撮っているのかもわからないほどぶれていたり
シャッタースピードの関係かそこに映っているものがむしろもはや地面だったり、などなど。

せめて 自分で後からこの「急に修羅場になったタイミングで誕生日のタイミングに逃げ出した
二十代後半のあの日」を思い返すのに十分な何かは残したかったな~

……なんて感じた、そんな昼下がりです。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/4218-6d60a035