お遍路⑨

2020⁄03⁄26(木) 00:00
67_20200417084702359.jpg68_202004170847039d6.jpg
さて 旅行の主目的となっている乗りつぶし、でありますが
そのような意味では徳島から南のほうへ伸びている牟岐線あたりも
押さえておかないといけないものになってくるわけであります。

69_202004170847050e9.jpg
さらに言うならば ここから南の安佐東線にかけては近々
鉄路走行可能なバスを導入する、なんてお話があったりで
地味にここでの乗り換え風景というのがどのようになるのか気になるところです。

――まぁ 乗換駅である海部駅は何と言いますか
ものの見事に「単線のなかで退避可能な駅」としか言いようのない構造をしておりまして
ついでに 「バス」は当然といえば当然なのですが 運転席は片側にしかない

――つまり この列車(バス)はどこかで方向転換をしなければならないのですが
鉄路上でそれをやるためには転車台なりなんなりを持ってこなければならないと。

……まぁ 端的にいろいろな問題が生じている気もするのですが
反対側では鉄路から道路へ転戦できる設備を整えているように
こちら側でも何らかの対策が施されたりしているのでしょうかね?



70_202004170847062d4.jpg
とまぁ そんな「現地視察」風に往復していたら
徳島市内に戻ってきておりまして そこから高速バスで移動。
淡路のサービスエリアにある観覧車をぼーっと眺めます。

71_20200417084707b36.jpg72_20200417084709e28.jpg
まぁ こんなルートになるのだったらやっぱり気になるのは神戸の街。
……まぁ 長居はできませんが軽く歩くことはしたい、ということで
舞子で下車、一路三宮を目指します。

75_20200417084710e4b.jpg76_2020041708471293c.jpg
ところで 四国――徳島をめぐっているときにはそれらしいものを全く食べず
「食の意味で」この日は四国を堪能できていないわけであります。

だから、というわけではありませんが 学生時代に通い詰めていた
こちらのドカ盛二郎系ラーメン店に久しぶりに赴き
懐かしの徳島風ラーメンをいただいた、という形に。

二年ぶりにやってきましたが――なんか 店員さんがいずれも見覚えがない方で
しかも もっと病みつきになる甘さがあったように思えるのですが
今回食べたラーメンは甘さ控えめで 味が変わったかな~  という印象。

……まぁ、これが時代の変化、ってものなのかもしれませんね。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/4216-51870089