お遍路⑦

2020⁄03⁄23(月) 00:00
53_20200417001456ec0.jpg54_202004170014573d4.jpg
55_20200417001459c26.jpg56_2020041700150075d.jpg
完全に降り立った時には帳もおりて 日中だったらそれなりに映えるスポットに
なるだろうこの駅前広場も 残念ながら白い体に下から光を向けるという
ベタなうらめしスポットになりかけている高知の街であります。

――が 私が思っている地方都市(という言い方も失礼な気がしますが)にしては
結構夜でも街中のお店が開いておりまして――エキナカのお土産屋さんで
私 高知土産を閉店間際に物色して回っていたのですが
その後 はりまや橋周辺に行ってみたら普通にその手の店が開いていて
「急いで買い物するんじゃなかった」と後悔したものです。

この手の都市のあるある。 列車が移動の中心じゃない。

故に 駅の閉店時刻よりも中心街の閉店時刻のほうが遅いことがままある。
――なーんてこと、学んだ今日この頃であります。

あ、お約束かもしれませんが はりまや橋ではしっかりがっかりしましたよ。
なんか 平成になって掛けなおされている、なんて言われていますし
隣には路面電車も走っている割と広めの道路もありますし。

57_2020041700150225d.jpg58_2020041700150329f.jpg
そんな高知の街で私が夕飯としていただきましたのがカツオのたたき。
――まぁ お約束ですよね。 せっかくだったらおいしく食べたい。

もっと複数人がいたならばもう少し選択肢の幅も広げられたのですが
やっぱり おひとりさまだと頼める料理の幅も狭まってしまうというのは
この手の旅行ではあるあるのお話だったりします。



59_2020041700150514b.jpg60_20200417001506649.jpg
ところで 高知出身の有名人といえばだれもが通る道、アンパンマンの作者
やなせたかし先生の出身地だったりするわけですが
ここまでの道中含むあちらこちらでアンパンマンに関係する
列車の姿を見まくっております今日この頃。

――若干しつこいのでは?  とか思うこともあるレベル。

とはいえ これをきっかけにして旅に興味を持つ子供が増えて
将来のお客様を作る、よい思い出にしてもらう、という意味では
大きな意味がある活動なのではないかとも思う今日この頃。

まぁ 実際に乗った列車にはアンパンマン号はなかったのですが
いつか彼らを追い求める日がきたりするのでしょうかね。 私にも。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/4214-042919a0