シュクメルリ

2020⁄02⁄17(月) 00:00
やっぱり外でものを安価に食べようと考えてみたとき、
ついでに料理する手間をかける体力がもったいないと感じたとき
お世話になる機会が多いのはチェーン店、特にファストフードの類です。

で 前にこの手の食べ物映してみました、系のおしゃべりしたのが年末だったのなら
その間にこの手のお店の期間限定メニューの類も軽く
一巡・二巡しちゃっているわけであります。

というわけで この手のメニューで私が手を出していたものの
消化していない画像、というのもちょくちょく溜まっているわけでありまして。

今回はその手の画像の供養、という意図でお話をしていきたいと思います。
――あくまでも優先的に消化したいネタ、という意味で。

食べ物04食べ物05
松屋。 年末年始あたりに話題になっていたビーフシチューとシュクメルリ定食。

まずビーフシチューは角煮にもできそうながっつりした肉を中心に
ブラウンソース調のソースで占めた逸品。
――まぁ この値段で食べる、という割にはかなりおいしい出来に思います。

ついでにいうなれば これにハンバーグ載せた定食、というのも
案外うまそうな気がしないでもないですが まぁ それやるとさすがに千円は超えますかね。

後者のシュクメルリ定食。 そもそもシュクメルリというのが
東欧のジョージア、東にアジア、西にヨーロッパ、北にロシア、南に中東を見る位置の国。
そこの郷土料理となっております。

基本的に言えばチーズたっぷりのホワイトソースベースのシチューなのですが
ふんだんにニンニクが使われておりまして世界で一番ニンニクをおいしく
食べることができる料理、といわれているようです。

実際、それを裏付けるように味も相当においしく、SNS上での評価も上々。
ついでに ジョージアの大使も宣伝(主に自国の)のために訪れてみたり
ジョージアからもメディアが取材に来たりとなかなかのグローバルっぷりをみせています。

あえていちゃもんつけようにも 粘度の高い加熱料理ゆえに
やたら料理が熱くて舌がやけどする、というレベルでしか思いつかず
次の冬にも食べたくなる逸品であることに間違いありません。

――実際、今回のフェアも今月いっぱいまで伸ばしてくれているあたり
かなりいい感じの収益になっているんじゃないでしょうかね。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/4181-94b7c3ba