災害・人災

2020⁄01⁄17(金) 00:00
この日は阪神淡路大震災のメモリアルデー、ということで
私自身が遭遇したわけでもない――ついでに言えば その時のニュースとかも
ほとんど記憶にない――レベルですが なんか気持ちが厳かになる一日です。

――いまだに この日はあまり地震や災害と関係ない話題で
記事埋めるのは申し訳ないかな~  という気持ちが働きますし。

まぁ 何がともあれ自然災害はいつどこで何が起こるかなんて
神のみぞ知る領域であり、人間の科学技術がいくら進歩したとはいえ
自然が抱えるエネルギーと比べれば塵芥のようなもの。

人間の弱さと文明のはかなさをこのような日になるとふと
想起してしまう。 ――まぁ、変にしおれる必要まではないとは思いますが
忘れてはならないことだと私は思います。



さて これに抱き合わせる話題として……若干記事投稿に遅刻して
後から大急ぎで作文をしているのっぴぃさんリアルの時間軸と混ざる部分もあるのですが
この一月、中国で発生したコロナが猛威を振るい始めております。

そして 中国の何が怖いかって 一党独裁を揺らぎかねない、
もしくは トップへのごますりの害になりそうなものをことごとく見なかったことする。

――そして ついでにそろそろ旧正月が見えてくる時期、ということで
世界最大の人口を抱えるこの国の人々が病原体を抱えている疑惑を持ちながら
全世界を飛び回る可能性が高い、ということ。

……一応発生源となった都市は中国の中でもかなり内陸で
一昔の人の移動であれば大きな問題もなかったとは思いますが
今は飛行機で人間は数時間で世界のあちらこちらへ動き回る時代。

……人類にとって未知の病は即座に全世界に波及する怖さがあります。

ついでに あそこは人も多いですからその間で感染が広がっていくうちに
誰もが知りえない突然変異なんかを起こすかもしれないということ。

すでに過去中国は人災レベルのあれやこれやでパンデミックを呼び出したこともありますし
今度もこれの二の舞にならないことを祈ります。

……そして なるだけ早く収まってほしい、と願う、そんな
毎朝避けようもなく混雑率150%の列車に詰め込まれる社畜Nの言葉です。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/4156-95a73d1c