※一応、しゃべる内容は選んでます

2019⁄11⁄18(月) 00:00

どことなく愚痴った上のほうの人たちが飲みに出かけている間に
その部下の人たちが休日出勤繰り返しているような……
と申しましたが これに関してはそもそも論として上のほうの人たちが
自分がやるべき仕事――マネジメント――を
しっかりこなしているんだろうか?  という疑問を呈したくなることも多々ありまして。

そのような気持ちになる一つの大きな要因として
これまた機能もちょっと書いた新しくやってきた人員――私たち――のことを
しっかり戦力として一カ月半たとうとした現在でも
生かし切れていない、ということが体感として挙げられます。

――何というか 初めから説明しておけば一時間で済むようなことを
右も左もわからない人間に書類からその情報を掘り出さそうとするものだから
それだけで半日時間が飛ぶ、なんてことが往々に起こっていて。

確かに私自身仕事に対するスキルが足りないことも承知ですが
一緒に来たスキルを持つ人も似たり寄ったりなペースでしか
仕事ができないことも多々あり この手はマネジメントがしっかりでき亭ならば
もっと早く解決していた問題なのではないか?  なんて思ってしまいます。

まぁ 裏を返せば直下の人たちが抱えている
地獄のような日々に巻き込まれずに済んでいる、という
個人的にはありがたい側面もあったりするわけですが。

とはいえ いい加減いつかはそちらのような闇に食われる頃が来るでしょうし
その時のために遺書でもしたためておけばいいんでしょうかね?


とまぁ そんなこと書いておりますが 実際問題これから期末に向けて
加速度的にやるべきノルマが上がっている――仕事内容聞かされていないのに
課される課題だけが上がっていくというよくわからない惨状だったりします。

もともと思考が迷子になりがちな私ではありますが
そうでなくても今私がやらされていることがどこへ向かっていて
どのようなスキルが求められているのか正直まだ図りかねております。

ついでに 仕事にで求められているスキル勉強も何をすればいいのかわかっていません。
――まぁ わかっていたとしても今のモチベーションではやる機会も多くなさそうですが()

まぁ 何がともあれ「すごいところに来てしまった」
……感想としてはそれがすべてなのかもしれません……

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/4092-f3ceac8a