ZZZ

2019⁄07⁄14(日) 00:00
日記の上ではそれっぽい並びになっていないのですが
先月は私 実家に顔を出しそびれておりまして
――何というか いろいろとリフレッシュしそびれた感がありました。

実家に戻ると何ができる? まずは思う存分寝ていてもとがめられることはない。
そして そのまま午前様で起床してもなんとホカホカのご飯が置いてある。

……最高ではないか。 という 危機感まるでなしなセリフ。

ちなみに 親曰く「かさばるけど、まぁ、仕事慣れるまではこんなもんやろ」とのこと。
はい、なるだけ早く一人前になれるよう頑張りたいです。

まぁ 半分くらい冗談ではありますが 同時にそれなりには
的を得ている部分もあると思うんですよね?

実際 今月頭は医者に「しっかり休め」といろんな意味で
くぎ刺される程度には心身ともに疲れ切っている、というのは
月一のリフレッシュしそびれたから、という説が
それなりに有力に輝いて見える程度には、といったところです。

そして こんな書き出しで始めておきながら
これを受けるオチを全く考えていない低堕落。

「たっぷり寝たで。半日くらいぐっすり寝たで。ついでに昼寝もかましたで。」
という三連休を宣言し、盛大にうまる(動詞)した報告を
するくらいしか言うことありません。 えぇ。



――というのも締まりがないので 帰るたびに何かが衰えていくのを感じる
――小さいころから寄り添ってもらった身としては悲しい実家の犬の話。

なんというか 歩き方が本当によたよたとしてきて
階段ものっそのっそと、とくに下りが少々恐ろしそうに
上り下りする姿、というのがとても印象的でした。

もうゆっくり会うことができる時間も少なくないかと思います。

だからこそ 月一くらいで――体裁的には――だらだらするために帰り
しっかり 老い先短い我が家の犬と適度に遊んで帰る。

……その一瞬を大切にしたいな~  と思います。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/3962-3c1ef579