ニュース

2019⁄06⁄04(火) 00:00
昨日話題として触れさせていただいた凶刃事件。

――今の世の中は一度そんな事件が起こるとそれを誘発するような事件が
続けて起こるような世の中なのか はたまた いつものように
こんな事件が起こっているのをメディアが載せるという風潮になっているのか。

……実態は定かではありませんが まさにそんな課j日の事件が起こっていたようで。

今度はお偉いさんをお父さんに持ったボンボンが
虎の威を借る狐とばかりに家でも外でも威張り散らしていたら
まぁ ちょっと家でやりすぎてしまって結果父親に刺される、と。

なんというか エリート街道を突き進んできた父親もこれで
人殺しでムショ入りすることになるし そのお父さんも
この立場になるまでにいろいろと積み上げてきたものがあるだろうし……

などと考えると人の苦労というのは世代を超えることもなく
また 積み上げてきたものというのも簡単に瓦解するのだなぁと
ふと悲しくなるのっぴぃさんなのでありました。



最近妙にニュースで見る機会が増えたなぁと思う議題はほかにもありまして
「高齢者の運転事故」のメディア露出が増えたかなぁと感じるわけです。

まぁ 言い方悪いですがブレーキとか踏み違えて高齢者が
事故を起こすのがここ最近に急に増えたとは思えません。
――日本全国規模で考えればそれこそ毎日のように
この手の事故は怒っていたのではないでしょうか。

ただ それすべてをニュースとして放送するわけにもいかないので
ニュースセンターの人たちがおそらくこの手のネタを
取捨選択しているのでしょうが その篩からこの手のネタが
零れ落ちることが減った、とそんな感じなのだろうなぁと。

まぁ 車だけなら「地域特有危険運転」みたいなのも
ここ最近話題になっておりますが今回はさておくとします。

考えてみれば このような傾向は池袋で暴走車が親子をひき殺してからなのでしょうか。

……あの辺も「お偉いさん」が起こした事件でもありますし
なんというか 日本上層部の闇とかくすぶりを
いろんな意味で生々しく見せてくれているような気がしますね。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/3922-940168ae