ゲレンデ帰り・やらかした?

2019⁄02⁄24(日) 00:00
われながらしつこいかな~  などと思わなくもないのですが
スキー行ってきた、というお話に少しばかりオチが付きましたのでこちらのお話を。

もう ゲレンデから帰ってきた後のお話です。
――先ほども書きましたように 翌日は半日以上の惰眠をむさぼっていたわけですが
これから覚めたとき体の不調が訴えられるわけです。

……何やらおかしいぞ?  と。

というのも なぜかやたらに肋骨が痛い。
……床から起き上がろうとすると肋骨の下のほうがすごく痛む。

ほかにも くしゃみしたりしゃっくりしたりといった生理現象を催したとき
肋骨の下のほうに刺すような痛みが現れるようになりまして。

ひとまず 呼吸するたびにダメージを食らう、というレベルではなかったですし
休日診療はそれだけでもお高いし、ということでちょっと様子を見ていたのですが
直近にスキーへ行っていたこともありいろいろと疑っちゃうわけですよね。

――ボーダーを避けるために派手に素っ転んだりだとか
そうでなくても運転めちゃくちゃな日だった、という実感もあったことですし。
実際一度 胸から落っこちたこともあったわけで最悪肋骨にひび入れたり
折ってしまった、というのもあり得るかなという自覚。

と言えども スキー当日は別に胸が痛んでいたわけではない、ということもあり
筋肉痛の類なのかな?  という疑いも晴れないという
まぁ なんというか 素人目には何が正解なのかわからないといったところ。

ひとまず 数日後病院へ通った結果折れてはいない、ということを知り安堵。

これをやりきるために強引に定時帰宅かます準備かけててよかったものです。

と言えども やっぱり痛むものは痛むので痛み止め処方してもらいましたが
――そうなるとこの痛み、何なんでしょうかね?
神経痛とかその辺に値するものなのでしょうか?



社会人たるもの 周囲を巻き込んだ被害を起こすことなかれ、とは言いますが
例えば 腕の骨折とかやってしまったら周りになんと言われるか、といった感覚。

まぁ 今回は怒られるような展開にならないだろう被害で終わりましたが
改めてアクティビティ前には体調万全にしておかないとなぁと反省したのっぴぃさんでありました。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/3822-bd62cefe