コペルニシウム

2010⁄03⁄11(木) 23:00
<Ⅰ>

IUPACは公式にcoperniciumという原子番号112の原理のシンボルCnの名前を承認しました。 この要素の発見のための優先権は割り当てられました、同意された評価基準に従って、Gesellschaft fuと#776、に; ダルムシュタット(ドイツ)のr Schwerionenforschung(GSI)(Heavy Ion Researchのためのセンター)。 GSIのチームはcoperniciumという現在IUPACによって承認された名前を提案しました。 シグルドホフマン、GSIチームのリーダーは「意図が、彼自身の生涯どんな賞賛も受けて、核化学の天文学と分野の間のリンクを強調しなかった有力な科学者に敬礼する」ことであると述べました。

名前はGesellschaft fとuumlで提案しました; r Schwerionenforschung(GSI)は、有名な科学者を尊敬するために命名要素の長い伝統に属します。 ニコラウス・コペルニクスは、uacute、 ; Torとn、ポーランドの1473年2月19日に生まれて、1543年5月24日に死にました、ポーランドでもFrombork/Frauenburgで。 彼の仕事は、人類の哲学的で政治上の考えには異常な影響があって、実験結果に基づく近代科学で上昇中でした。 FrauenburgのCathedralの教会法としての彼の時間、コペルニクスは太陽、月、惑星、および星の動きの複雑な天体観測のために決定的なモデルを開発するのに何年も費やしました。 1543年に、「De revolutionibus orbium coelestium、肝臓sixtus」には非常にはるかに達する結果があったので、彼の仕事は発行されました。 本当に、コペルニクスのモデルは神学の、そして、政治上の結果を持っているとして大きな変化を天文学と物理的な力に関連する世界観によく要求しました。 コペルニクスによって紹介された太陽系は、物体が一般的なセンターに向けられた力の影響を受けて動く他の類似のシステムに適用されました。 これは著しく、顕微鏡スケールでは、核と軌道に乗っている電子がある原子のボーア模型です。
RecommendationsがIUPACジャーナルのPureとApplied Chemistryの3月号で発行されて、Pure Appl. Chemでオンラインで利用可能である、2010、Vol.82、No.3、ページpp753-755(doi: 10.1351/PAC-REC-09-08-20)。 原子番号112の原理の発見へのクレームの優先権は国際純正応用化学連合(IUPAC)と国際純粋応用物理学連合(IUPAP)から得られた独立している専門家の共同作業班によって決定されました。 Pure Appl. Chem、グループのレポートが2009年7月に発表された、2009、Vol.81、No.7、ページ1331-1343(doi: 10.1351/PAC-REP-08-03-05)。 Joint Workingパーティは2番目のレポートを発行するでしょう、113?118に原子番号が範囲にある要素の発見のためのクレームに対処して、近い将来。

IUPACは1919年に化学者によって産業とアカデミーから形成されました。 90年間以上、Unionは、化学科学と共通語のアカデミックで、産業の、そして、公共のセクター化学を結合させる際に世界的なコミュニケーションを伸ばすのに成功しています。 化学命名法の世界的権威(用語)が測定、原子量、および他の多くの批判的に評価のデータに関する方法を標準化したので、IUPACは認識されます。 IUPACとその活動に関する詳しい情報はwww.iupac.orgで利用可能です。



こちらより



<Ⅱ>

コペルニクスは、地球が私たちの現代の世界観へ道を開く太陽の周囲を軌道を描いて回ると発見しました。 13年前に、元素112はGSI加速器施設で国際的な科学者のチームによって発見されました。 数週間前に、国際純正応用化学連合(IUPAC)は、公式に彼らの発見を確認しました。 約6カ月後に、IUPACは公式に新しい要素の名前を是認するでしょう。 この期間は科学的共同体に"copernicium"という提案された名前をIUPAC命名の前に議論させるように決められます。
「IUPACが公式に私たちの発見を認識した後に、私たちは、112番目の新しい元素のために"copernicium"という名前を提案するのに同意しました。(私たちは皆発見にかかわる科学者です)。 「私たちの世界観を変えた傑出している科学者を尊敬したいと思います。」と、シグルドホフマン(発見チームの代表)は言います。
コペルニクスはトルニの生まれる1473でした。 彼はFrombork、ポーランドで1543で死にました。 天文学の分野で働いていて、彼は、惑星が太陽を旋回するとわかりました。彼の発見は地球が宇宙の中心であったという当時の受け入れられた信念を反駁させました。 重力の発見に、彼の調査結果は重要でした。(重力は惑星の動きに責任があります)。 また、それは星が信じられないほど遠いという結論とサイズとしてすごく大きい宇宙に通じました、そして、地球は動いていますが、星の地位は変化しません。 その上、コペルニクスによって奮い立たせられた新世界眺望は、神学と哲学の人間の自己概念に影響を与えました: 人類がもう世界の中心を見ることができませんでした。
惑星が異なった軌道を太陽の周囲を回っていて、また、太陽系は他の物理的システムのためのモデルです。 原子の構造は小宇宙に似ています: 惑星が太陽の周囲を軌道を描いて回るように、電子は原子核の周囲を軌道を描いて回ります。Exactly112電子は新しい元素"copernicium"の原子の中を原子核を旋回します。

元素112は水素より277倍重い、周期表の最も重い元素です。 リード目標に亜鉛イオンを砲撃するとき、それは核融合によって生産されます。 元素がほんの一瞬の後に既に崩壊するとき、非常に速くて敏感な分析法の助けで存在を立証できるだけです。 ドイツ、フィンランド、ロシア、およびスロバキアからの21人の科学者が元素112の発見につながった実験にかかわりました。
1981年以来、GSI加速器実験は6個の化学元素の発見をもたらしています。(化学元素は107?112に原子番号を運びます)。 GSIの発見チームは既にそれらの5つを命名しました: 元素107はbohriumと呼ばれて、元素108hassium、要素109meitnerium、元素110darmstadtium、および元素111はroentgeniumと命名されます。



こちらより



いきなり 何を書き出したかと言うと
化学の先生が 先月に正式に発表された元素について
今度のテスト――明日の最後――に出す とか言い出したので
調べていたものを そのまま転載したわけです

ちなみに 翻訳はこちらで行いました

で 自分で写したものとかは なんだかこちらにコピペしたくなる
そんな性格を持ち合わせておりますので
なんだかんだで掲載してみたわけです。

まぁ 少しばかり興味もありますし。
前 古典で調べた内容をそのまま載せたこともありますしねww

にしても 原稿によって同じサイトで変換したものでも いろいろと和訳の質が変わってくるんだなぁ……

最初の文章なんか 判読不能ですよねww
ちなみに 元素記号は
Cn

だったかしらん??

これの次の元素が 日本で作られて それの名前の候補が(もし 命名権が与えられれば……可能性高いけど)

Jp
ジャポニウム

とか 考えられているらしいですしww

で もし こうなれば 元素記号で初めて”J”の文字が出てくることになるみたいですね~
こうなると U~(ウンウンなんとやら)を含めなければ 元素記号で出てきていないアルファベットは
Q
だけ ってことになる……らしいのですがww

ちょっとした雑学でした~ww

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/373-2c597c14