北の国から(13)解説回

2018⁄04⁄21(土) 00:00
さて 例年はどうだったか――ということをいまいち覚えていないのですが
この時の東日本北海道パスというのは北海道のほうには特急課金コースがありまして。

というのも 追加券を買えば一日だけ特急も乗り放題になるというもの。

北海道の移動になりますと基本的に特急中心のダイヤが組まれていて
――普通列車での移動が北海道独自?ののんびりとしたものになっている
大きな要因であると思うのですが――まぁ この券の効果というのは
たぶん 金額以上のものなのではないかと思われます。

ただ まだ貧乏学生だったのっぴぃさんは(だからといって今がリッチというわけではない)
あまりその券すら買えなかったのですが 六日目の当日だけは
「全力で特急を使って移動してやろう」という意気込みで行くことにしました。

108_201805271215429ec.jpg
一応 記事の中では旭川に到着いたしましたが
五日目(ここまで書きました)から七日目の朝まで
旭川のホテルでは二連泊をして 荷物を持たないフリーな状態で
この特急構成を楽しんでやろうと、そんなことになっております。

……あ~、この際だから今日の記事まるまる説明にしちゃう前提で行ってしまいますと
今までの「かなり強引な駆け足観光」というのは 宿をとった街でない限り
基本的に1週間分の着替えなどを含めた荷物をすべて抱えて走り回っていた形になります。

考えてみればもう 体力(とカバンの耐久力)に任せた力任せの行程になっていますが
・乗り換え時間が割とタイトな中に「駆け足観光」時間をねじ込んでいる
・必ずしもコインロッカーが近くにあるわけではない
・そもそも コインロッカー代が惜しい

……などなどの理由でこのようなバカのような体力ごり押しがまかり通ったわけです。

まぁ そのおかげで結果的にそうなった「北海道旅行≒各地の食い歩き紀行」を
メタボのような問題をさほど気にすることなく進めることができたのはよかったのかなぁと。

……ただでさえ外気が冷たくカロリー消費も期待できますし 荷物という重りを担いで
走り回っているわけですから これらでカロリー調整をした、と考えています。

まぁ その代償はそれなりに大きなものであったらしく
持ち歩いていたPCがそれこそまともに機能しなくなる――マウスがつぶれたのは
この時だったか否か?――みたいな状況で もしかしたらブログ更新が滞る
遠因だったのかもしれないな~  みたいなこと思いながら。

……というわけで 今日は説明をだらだら書きましたがその分次回は
口少なめに、画像大目に、特急成分ばかりで構成しようかなって思います。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/3543-402be088