北の国から(3)

2018⁄03⁄22(木) 00:00
019_20180526164121e2e.jpg020_20180526222626867.jpg
というわけで 横手で暗くなる前に街中を軽く「走り」町の風貌を確認したところで
――何というか 「かまくら」を見るのにはちょっと時期がずれていた気もする雪の量でした――
メインディッシュと呼んでいいのか 焼きそばのほうへ。

021_20180526222626e1e.jpg022_20180526222625fdc.jpg
どうも 焼きそばコンテストでもいい位置を占めていたり
運がよく NHKで鶴瓶がやってきたりもしたお店だったようで
実際 活気があふれている店だった子を覚えています。

――まぁ 居酒屋の活気、って感じだったのは否めませんが。



023_20180526222625987.jpg024_20180526222625265.jpg
翌日。 ちょっと時間が余ったので朝っぱらに男鹿半島へ。

――基本的に「あちらこちらをちょろっと見てくる」というのがコンセプトですし
こんな感じの薬にも毒にもならない寄り道というのを太陽するスタンツ。

025_2018052622274002c.jpg026_20180526222739974.jpg
で 駅前には男鹿名物なまはげの像があったのですがこちらがなぜか
無駄にグローバル化に対応していやがりまして四か国語でしゃべるとか。

――といいつつ、観光物件の性か、少なくとも英語ではうなりながらウェルカムしているだけでしたが。

027_20180526222739ac0.jpg028_201805262227398c4.jpg
で 戻ってお昼過ぎには青森で。
030_20180526222739465.jpg031_20180526222738fa7.jpg
いただきましたのは学部卒業旅行の時にも食しましたが「味噌カレー牛乳ラーメン」。
――完全にどっぷりハマっております。

ただし 感想としては前にも同じこと書いた気がしますが「メンマが微妙」といった感じ。
今度来るときにはメンマ抜きでオーダーしたいところですが たぶん来た時には忘れてる。

そして その後に来ましたのは新青森――東北北海道鉄道旅行と称してますからね。
そりゃ 北海道に行くために北海道新幹線乗っていかないとッてもんですよ。

そして 私が持っていた東日本・北海道パスでは「新青森~新函館」まで新幹線に乗れる。
――青春十八きっぷでは「奥津軽いまべつ~木古内」という区間ですしね。
新幹線でお安くいくなら 学生のうちならばこちらのほうが気が楽だったというわけですよ。

(にしても 奥津軽いまべつって素直に返還で出てこないのね。 新幹線駅なのにさすがですわ……)

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/3533-5aafe2fd