白い日

2018⁄03⁄14(水) 00:00
基本的にホワイトデーとかそんなものに縁がない人間であるのっぴぃさん。
――まぁ バレンタインデーというものが基本働いていないわけで
こうなることはそもそも自明であった、と声を大にして訴えてみましょうか。

……といいつつ 先日神戸で最後――ではないと思うのですが
しばらくお別れですね会をしたときに メンバーに女性もいらっしゃいましたし
私にしては珍しくホワイトデーコーナーに顔を出すということはありました。

……まぁ このあたりのお祭りごとに関しては「積極的に絡みに行くこと」というのが
もしかしたら楽しむ大前提なんじゃないかなって思ってみたりした
今日この頃だったり?  ……まぁ そんな感じであります。



さて のっぴぃさん本体はこの日程では北海道に飛び立っておりますが
そして 記事を書いているのっぴぃさんの時間系列は
あまり考えないほうがいい、といった感じであったりしますが。

とりあえず 神戸から送られてきた荷物というのがどんな扱いになっているのか
みたいなことに関して適当におしゃべりしてみようかと思います。

まぁ 予定通り「直接社員寮に送る」前に 実家で荷物の選別をしなくてはならない
そんな作業をはさみますので まずは客間である和室に
私の荷物を大量に積み上げた状態になっております。

一応 このあたりを撮影した写真も用意したのですが どこでどんな
引っ越し会社を使ったとか 写真にした時点でばれてしまいますし
何というか あまりよくない気もしたのでここではそんなことを語るだけで。

で この選別作業というのが自分が思った異常に面倒くさい。

基本的に ある程度系統わけで下宿で段ボールにぶち込みましたし
「大学のテキスト」をはじめとした箱を整理すればいいんじゃないか
――などと当初は考えていたのですが 「もう古くて着れたもんじゃない服」だとか
「本格的な断捨離」というものをやらされる羽目になりましてね……

基本的に ずぼらなのっぴぃさんに対して几帳面な母親がおりまして
その人に全力で尻たたかれながらしぶしぶ作業を進めている今日この頃であります。

そう考えてやってみると 思った以上に運んできたものの中にも
結構ゴミがあったのか~  と思ったと同時に 自分が当初考えていた以上に
今度詰め込む荷物ってものを増やせることがわかりましてね。

……すごいなぁと思うと同時に これを自分で再現できるかどうかを考えたときに
「多分無理」みたいな答えが返せるというのもなかなか悲しいところで。

……何というか 母の偉大さというのを知った気がしますね。
ここに関しては全力で親に似なかったことを後悔するべきかもしれません。

……正確に言えば「何もやらなくても勝手に親が気持ち悪がって
終わらせてしまったので受け継げなかった」説を提唱したいところですが
――まぁ これはいいわけでしょうね。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/3470-24c23d8a