さらば荷物よ

2018⁄03⁄07(水) 00:00
というわけで 本日付で荷物を送りだす――俗にいう
引っ越しという儀式をすますことになるわけですが
基本的に 前もって何かを用意するとか考えるとか
全く持ってできなかった、ということだけは
あらかじめ宣言しておこうと思いました。

結構 自分アドリブで動くことに関しては
全く持って役に立たない人間であるという自覚があったのですが
「だったら前もってある程度スケジュールをいじってしまえばいいじゃない」
という 予防の意識を他大に詰めた考えだったのですが……

何と浅はかというべきか そんな簡単に
予想立てて動くことができるとかそんな世界ではなかった。

何と世界をなめていたことか!  といった感じであります。

荷造りとかに関しても一応二月の段階で始めていたとはいえ
結果的に最後はかなりの物を段ボールに押し込めて
強引に体裁を整えたような感じでしたし
――自分が考えていたほどスマートな感じにはなりませんでした。

そのあたり考えてみるならば 修論時期に記事ネタがないことを
隠すことを半分くらい考えながら作っていた
「断捨離」の話題に関しても全く意味をなしていませんでしたしね……

まぁ それはそう、と割り切って生きていくしかない。

自分が苦手なアドリブというものにいかに慣れていくべきか、
ということが これからしばらくの社会人生活の
大きな課題になってくることはほぼ間違いないのかもしれません。


さて 一応私のこの日程近くのスケジュールに沿いますと
本日の引っ越し荷物運びだしと粗大ごみの処理を同時に済ませてしまいます。

ここでお別れになる荷物とは例えばまともに回ってくれなくなった
洗濯機の類だとか 冷蔵庫の類、ロフトベッドなどになります。

――炊飯器とかも送り出してやろうと思ったのですが 頑張ったら粗大ごみで出せた。
何事も試すことは試すべきだと思った今日この頃であります。

――何というか これ抜きで生活を成り立たせることは
無理だったと言い切れる面々(ただ 結構くたびれていることは確か)
ということで 個人的にもなかなか精神的ダメージは大きい

……といいたいところですが 結構泣かされたものも結構あった面々でもありますし
「次 いかにグレードアップしてやるか」という感覚になっていて
――いい意味でも悪い意味でも「別れ」であるという印象。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/3468-203c83da