長年の垢

2018⁄02⁄07(水) 00:00
来月――マジで下手したら今月中かもしれませんが――に来るだろう
引っ越しの予定に向けて徐々に部屋の片づけ始めました、ってお話。

まぁ 6年間も同じところに住んでいると当然といいますか
いろいろと自分の「ずぼらなところ」というのに目を向けなければ
ならないということも多くてですね……

先日 (とりあえず修論の提出も終わったという解放感とともに)
ちょっとずつ作業のほうを始めてみたところなのですが
ずいぶん昔にもらった大切そうでそうでない書類だとか
大学院受験の時に勉強していた内容の計算用紙とか
たぶん相当昔に捨てておくべきものが意外とあったな~

……という掘り出し物をしながら感慨にふけるのっぴぃさん。

まぁ この処理したものの中には例えば就活のパンフレットとか
――年末に束ねていたのですが その作業の最後のほうで
パンフレットの間から現金の入った封筒が出てきて
捨てるに捨てられなくなった――の最終処理とかも含まれるんですがね。

某人材会社さんによる就職セミナーではそこへの移動費というか
粗品のようなものがもらえたこともあったのですが
その時の物を私が処理し忘れていた品であると言えます。

まぁ そうでなくても 乱雑に積まれていたものを改めてしっかり
分別しなおして袋に入れるとかするだけでもずいぶんと
すっきりするな~  というのが驚いた部分でもあります。

――ついでに 修論間際で掃除機とかかける心理的余裕がなかったおかげか
床に体毛とかが降り積もっていたのをある程度処理できた、というだけでも
結構気持ち的に楽になった、といえるかもしれません。

一応まだ 食品をはじめとしてカオスの巣窟になっているだろう
領域というのは結構あるような気もしますし
なるだけ早く引っ越しの手続きを進めるためにも
やれることはやれるうちにやっておきたいな~  と思います。



あと 前々からも思っていたけれども部屋が片付かないように見える
大きな要因として洋服の管理があるな、というのを改めて思い知りました。

基本的に「収納ケースの引き出しに服をたたんで入れる」という動作が
どうも面倒くさくて常習化しないみたいなんです……

もうこうなったら 棚に直接服を置くとかして
「引き出し」という動作をなくす必要性を大きく感じています。

――ついでに言えば 「クローゼットの開け閉め」というのも
結構面倒くさがる要因になっているようで このあたりの教訓も踏まえつつ
衣装の整理について考えていきたいところであります。

具体的な方法に関しては 次住む部屋の大きさが決まり次第、でしょうか。
(一応素案はあるものの 今と同じ六畳間ではちょっと辛い気もする)

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/3439-02d0e1e8