フォルダ整理

2018⁄01⁄28(日) 00:00
当時狙っていたのか否か、今になってはあまり定かではない感じなのですが
私の高校(予備校)時代のお話を書き込んだブログのフォルダのほう、
結構記事の数が切りのいい感じで整っているんですよね。

――記事数300って たぶん予備校出る時期ののっぴぃさん
受験とかもっと他に考えない解けないこともあったのだろうに
そっちのことメインで考えていた節もあるよなぁ……

それに対して このなんだかんだで6年間在籍した大学の記事も
同じように丸めたりすることできないかな~

――などとふと フォルダチェックしてみたらちょうどいま
400という切りのいい番号――を若干過ぎたところという
「記事の番号を丸めたい意図を持つのならば最悪なタイミング」
であることが暴露されてしまっているようです。 のっぴぃです。

まぁ もう このあたりの数字をうまく丸めようということは
意識するだけ無駄、といったところかもしれませんね。

むしろ いい感じで「大学時代のやつと飲みに行きました~」
――この言い方よりは「研究室の面々のOBOG」とかそんなくくりになりそうですが――
といった会話を組み立てて このフォルダを将来的にも
有効活用できるか模索するほうが建設的な議論な気もします。

まぁ この先そんな機会があるのかどうか私自身では
ちょっとよくわからない部分もありますからね。

……中学校、高校時代の方々とはもう かなり音信不通って感じですし
同窓会とかにも誘われた覚えがない感じ。

ついでに言うと 小中高で当時のことを思い返せるような資料が
現状手元にいずれもないという悲しい問題も発生していて
「あの頃を皆で振り返る」というイベントや必要性と
無縁な生き方をしているだけありまして……

自らに対し悲しみと不安とこれからもこんな感じになるのではないかという不安と
ついでに自分の薄い対人関係を全力で大っぴらにするこのスタイル
――相当な自虐心にあふれている気がします。 自分でします。



まぁ たぶん今までの自分の流れ的に「私の大学こんなでしたー」
みたいな話題で記事作ることになるのでしょうが
それに向けた取材? のほうも ぼちぼちやっていかないとだめですね。

といえども 大学という施設はやっぱり不用意に映してはいけないもの
――というか こんな一ブログで後悔していけないものというのが
ごまんとあふれている世界になってきますし
だからと言って自分の縁がある空間というのも非常に限られていますし。

……結構このあたりの取材についても暇なときに計画練ってみたほうがいいかもしれません。
――時期的には 修論発表が終わり、4年生のスタンバイができるのを待つ時期がちょうどかな。
……今考えられるのはこのくらい。 結構マジで?

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/3432-34c4dbb3