去り際の光

2017⁄12⁄18(月) 00:00
なるだけ神戸にいる間は神戸の思い出を残していくべき
――なのかなぁと考えている今日この頃。 のっぴぃです。

ルミナリエ01
そんなイベントの一つ、神戸ルミナリエが先日まで
こちらのほうで開催されていたのですが
最後の機会ですしせっかくなので行ってきましたルミナリエ。

こう クリスマスが近いという空気もあるからか
「イルミネーションといえば冬」といった感結構ありますね。

ルミナリエ02ルミナリエ03
まぁ 写真がどんな写りようなのかといったことは
あまり気にしない感じで撮影しておりますが 結構このあたり
情緒ある感じだと思うんですよね。 なんだか温かい。

そんな光のアーチですが 最初に来た5年前のそれと違って
今回はアーチとアーチの間にも電飾が彩っていて
結構アーチに立体感を感じるようになりました。

ルミナリエ05ルミナリエ06
まぁ 一個一個の装飾がどんな感じだったのか
――ということを詳しくは覚えていないのですが 少なくとも
東遊園地にあったものが前見たものと違うことくらいはすぐわかりました。

――何というか 初めて見たときの東遊園地には
光でできたコロッセオのようなものが鎮座していましたからね…

それに対して こっちにはでっかい光の駅(ヨーロッパの大都市の
中央駅みたいなの)が出来上がっているな~  といった印象。
……まぁ 中には何も入線しておりませんでしたが。

ルミナリエ06
まぁ 今年が神戸開港150周年であるということを考えると
ちょっと 「駅」じゃなくて「船舶関連」の何かで
たとえてあげたほうがきれいにまとまったんじゃないか感がありますが
あまり深いことは考えないようにしましょう。

とまぁ そんな感じで人ごみのその他大勢に紛れまして
適当に神戸の光の祭典を楽しんでまいりました、というお話です。

ちなみに一緒に行ったのはちょうど神戸に用事があったらしく
誘われたので妹と一緒に兄妹で――という感じですね。
「せっかくなんだから見に行こうぜー」って感じ。

――まぁ 彼女にとってはこちらの光よりも若干
その後食べたパフェのほうが興味むいていたようで
「あ~、花より団子か……」といった印象もありましたがそれもそれで。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/3394-41a37d0a