TV離れ

2017⁄09⁄16(土) 00:00
普段から民放をはじめとしてテレビをほとんど見ない私ですが
――というか 結構最近はそれに拍車がかかっている気がします――
そんな生活の中でもちょくちょくと特番を見てみたりして
一応 誰と判別できる芸能人はいたりします。

高校生とかの時代はエンタの神様とかは見ていて
それなりの旬な芸人は知っていたし、みたいな感じ。

ただ なんだかんだでテレビではもてはやされているけど
どうも、今でもそのノリについていけない人物も
ちらりほらりといらっしゃるのも事実。

たとえば 某たけしさんなんかは結構個人的にいまいち
この人が出ている番組での楽しみ方がわからないです。

……何というか シュールな笑いがよくわからないんでしょうかね。
先日27時間テレビのMCがどうとかいう記事を見ながら
芸人扱い?されているのを見て ちょっと違和感覚える程度には
この人の肩書とかわかっていないな~  と思った次第。

……一種の俳優とか映画監督とかそっちのイメージしかなかったよ。

確かに 普通の俳優の扱いに対してはギャグ要素強い
立ち位置に回されることもあったのかもしれませんが
あまり違和感感じずにいたのは「そんな俳優業である」と認知していたからか。

まぁ 彼に関しては単純に「活舌的に何をしゃべっているのか
いまいち判断つかない」という意味で困ったことになることも多くて
人の活舌等に苦難を言うほど自分もしゃべれるわけではないので
いまいち苦言を言うべきではないのかとは思いつつも……

……何というか メイン司会という立場はちょっと、
役柄に合わないんじゃないかな~  と思う今日この頃。



まぁ ただでさえ実家が民放・バラエティからほど遠い世界だった故に
このあたりの人間関係とかの勉強がおろそかになっていて
それがそのまま今の自分の人間形成に大きな影響を
与えているんだろうなということをひしひしと感じる今日この頃。

――まぁ ドラマとかでの人間の感情の動きとか心情とか
一部は書籍でカバーできることもあったりするのかもしれませんが
やっぱり テレビとかで把握できることも多いのだろうとは思います。

……ただ、単純に自分たちの知らない世界に驚いたりするならまだしも
人の上げ足を取ったりして笑いものにするようなバラエティ――主に
人間をテーマにしたものって対外この路線に走る印象がありますが――なんかは
どう贔屓目にしてもその存在意義がひねくれているようにしか感じられません。

……たぶん 実家が民放から極端に距離置いていたのはこのあたりが
大きく関係していたんじゃないかと思うわけですが
その路線、たぶん当分は変わることないんじゃないかな、って思いますね。

――今の時期はそのまま民放廃れちゃえばいいのにすら思います。
そうでもしないと、変わるきっかけにならないでしょ? ほかの意味でもさ。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/3294-e218e33e