気づいたこと。

2017⁄07⁄30(日) 00:00
さて 納得できたかどうかは別としても一応は
進路のほうが確定できてい参りましたので
この先のっぴぃさんの学業とかもろもろに関して
予定を立てることができるようになったわけであります。

なんて書いておけば 結構意識高い感じで今までの
日常に戻ってこれたりするんじゃね感出てきたりするものなのですが。

自分の大学生活を思い返してみて 一応大学の勉強くらいしか
取り柄がなかったんじゃないかって考えた結果
いろいろとその大学生活に疑問を呈せざるを得ない
体験をいろいろとしたのっぴぃさん。

特に研究その他に関して少なくとも 就活始まる前に
持っていたモチベーションレベルから見ても
ほど遠い場所にまでやる気が落ち込んでいるという現状であります。

こう いろんな会社見てみた限りでありますと
自分で大学の授業がどんな感じでどんなポイントを
抑えてほしくて教授がテストを作ってくるのか考えながら
あくせくと勉強頑張ってみるよりも

日々バイトやらサークルやらで遊んでみたりしながら
テスト前にいかにやってる人から情報聞き出して
ちゃらっといい点数とってみるみたいな手際の良さみたいなのを
世の中は求めているんだろうなぁと思いましたね。

――まぁ、やたら数学力あるとかそのあたりの才能とかも
また別枠で評価対象になるのでしょうが 少なくとも
私みたいな凡人にはそれくらいが関の山でしょう。

まぁ ここで改めて分かったことといいますと
やっぱり 私は勉強くらいしか取り柄がない人間であった。

そして、研究にも完全に向いていない人間である。

このことに気が付いてしまったあたりから もしかして
院受けないでもろもろ活動していたほうが人生
いいほうに転んでいた可能性があったのではないかという
可能性に思い当ってしまったりしたわけでありまして。

――まぁ、何と言いますか 今までの中で最大レベルで
大学に向けたモチベーションというものを失っているところであります。

残念ながら すでにあと半年は大学に通わないといけない
身になっておりますので ある程度やらなければならないことが
山積みになってみたりしているところであるのですが……

少なくとも今の自分には これを片付けるためのアイデアを出し
それを実践していく自信が相当失われていることだけは
確かであるということができるのかもしれません。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/3245-6939af8a