My Works

2016⁄09⁄30(金) 23:28
ここ数日間――規制から帰ってきたからは特に――は
大学での研究とかを念頭に考えてみますと
なんというか かなり自分のふがいなさを見つめるような

……そんな経験を集中的に食らっているような気がする。
そんなのっぴぃです。 割とへこんでます。

自分に対し「まともにこんな論文さえ読めないのか」
みたいなことでいろいろとへこんでいたのが先週の話。

――仕事のスケジュール組みとかでいろいろと
問題が絶えないなぁというのにあきれているのはいつもの話。

そして かなり最近の部類に話になってきますと
ここ数日間連続してあった講習会でやったことで
いかに自分の今まで大学でやってきたことの意味のなさというのに気が付いて。

負の感情に駆られて清水の舞台から飛び降りたくなったりしたものです。

別に 研究テーマが意味なさすぎる理由で意味がない、というわけではありません。
――確かに 社会に役に立つ技術を開発しているとか
そんなベクトルでの貢献を期待するのであれば少なくとも
ボクが進んでいる分野事態がゴミみたいなものなので。

人間の知的好奇心――我々はどこからきてどこへ行くのか――という
命題に対して取り組んでいく人、少なからず必要だと思うんです。

じゃあ 何が無駄だったのか。
――というか 無駄、というか今まで自分がやっていたことが
「ただの作業」だった。 考察のひとかけらもないことしてた。

それに尽きる話だったということに気づいてしまったんですよね。

今までおもむろに何日間か時間かけてひぃひぃ言っていた作業が
実は とあるソフトを使うと物の数時間で終わってしまう。

――それだけの時間があればのっぴぃさん、今まで使っていた時間を使って
どれほどの研究成果をあげられたのか。

もしくは ひどい英語を少しこなれたものにするためにも
お勉強と称した論文漁りをどれだけ遂行することができたのか。

そのあたりを考えてみますとなんというか涙が止まりません。

ただし そのソフトに関しても ライセンスが必要とか
そんな話もあったりしているので あながち誰も責められない

……あえて言うのであれば「今のことを継ぎたいにしろ他大に出ていかなかった
自分が悪い」と攻めるべき事案なのではないだろうかと。

このような立場というのを自覚してしまいますと
ますます自分が今まで何やっていたのだろうと
焦点の合わない目で虚空を眺めていることしかやることないわけですよ。

さらにいうなれば その作業やるにしても効率悪すぎたりして
――そして それに関して他人にヘルプを申し出るのが
非常に悪かったりして もう 自分でも何が何やら。

自己反省会は尽きません……

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/2940-ede3617b