履物の受難

2016⁄09⁄25(日) 17:09
大方帰省のころにあった部分までの出来事の画像を使って
しゃべれることはしゃべりつくした感あるので
ひとまず 文字だけでしゃべる流れに戻ってみましょうか。
(一応 画像を用意して作れるネタがなくなったわけではない)

――まぁ だからといって完全に神戸で新たに起こったことのみでしゃべる、
なんてこともなく 実家で起こったことも含めつつ
いろいろと愚痴ってみようかと思うんですがね。

まぁ そのあたりも含めまして ここ最近いろいろと
物が破れて使えなくなる、もしくはなかなか人前に出にくくなる
みたいな事案が多発してみたりしております。

先日お盆のお墓参り中にいきなり靴の底がはがれて
まともに歩けなくなったことを皮切りとしまして。

今回 帰省先から戻ってきたときにもまた
今度はツッカケがベロンと底はがれて階段かけ下りると
それだけで店頭の原因になりかけたりしておりましたし。

――まぁ 一応「人前に出にくくなる」程度で収まりましたが
実家でもボクの履物に対する事件はありまして。

実家を発つ直前――完全に台風通過中の雨の夜――に
「そういえばあの時買った(上記のお墓参りの一件は
ちょうど親と一緒にいたのでそのついでにく使ってもらっていた)靴に
防水スプレーしてやるよ」というありがたいお言葉。

その時の天気も天気でしたし その申し出をありがたくお受けしたのですが。

……盛大に木材用のカラースプレーぶっかけられましてね。
自分なりに履き慣れてきた まぁ そこそこ気に入っていたカラーが
左右変な感じで――そんなデザインですよ、と
堂々と言い張れないような感じになってしまいましてね。

ついでに言えば その買い替えを決意させた事案が事案なだけに
「こんなことが急に起こったのは安物の靴買っていたからじゃないか」疑惑を考え
そこそこ高級気な靴(運動用という意味でも)を買っていただけに
そのショックはそこそこ強かったりしましてね……

……普通に神戸に戻ってきた後ですが あの靴は
レギュラーな立ち位置だったあのころからずいぶんと
廃れた扱いになってしまっている、といったわけです。

まぁ 最近敗れたものつながり、で靴以外のものも
最後にダラダラと並べてしゃべってみますと。

今度は帰省で実家の扉を久しぶりに開いた日に履いていた靴下も
盛大にこのタイミングで穴をあけていたなんてこともありましたね。

――要するに 大学での出張の帰り道から横須賀歩き回ったり~
といった出来事が 高速バス移動だったおかげで割と
「同じ服装で歩き続けた」という衣服にとっては何かと
ダメージを受けやすい条件下で酷使していたのかな~

なんて 自分でも心当たりがあったところですし
――もともとその靴下自体が「儂の寿命は……」なんていいだしそうなくらい
くたばっていたわけですから 「とうとうか……」くらいで
こちらとしての意外性はそこまでなかったんですがね。

もう少し「最近破れた」ネタで続けたいものありましたが
割と今日しゃべり切った感ありますし 一応今までで
「履物ネタ」で一致性ありましたし そのネタは明日以降で
いい感じでまとめられそうな話題の時にしゃべることにしましょうか。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/2935-4294cd91