学問以外も

2016⁄05⁄26(木) 00:00
どうも のっぴぃです。 どうも学会は
自分の研究内容だけを学ぶ場所ではないということを
いろいろと思い知るようなことが出来たわけであります。

というわけで 本日はそのような目線でしゃべっていきたいと。

まずは 「知ってた」内容としては英語力のクソさ。

英語のセッションで圧倒されるだけではなく
こう 普通に学会歩いていたとしてもその毛の方と
コミュニケーションをとらざるを得ない場面に遭遇して
そのたびにあたふたとすることを続けておりました。

……いや 学門に王道なしとはよく言いますが
王道はないにしても道しるべくらいはあっていいとは思うのですが
何か 良い教えはないものかとついついねだりたくなります。

――いばら道を歩くのと地図もなくさまようのは
何か違うのではないかと個人的に思うわけで。

地図がなかったとしてもせめてコンパスはほしい。
そんなのっぴぃさんであります。

次。 世渡り的な。 世の中にはこのような学会に来ているのに
人の意見を全く聞こうともせずという人がいるらしい。

こう 学会で発表しようとやってきた人に対して
真面目に取り合って行こうと思ったら
見事に今までの定説を自分流にアレンジしまくった挙句
カオスの境地に至った発表を聞かされて。

ついでに 異議唱えようとしても全く聞く耳持ってくれないという
正直 変なのに捕まったな~  としか言いようのない
展開に巻き込まれたりした模様です。

しかも それに初めは比較的真摯に取り組んでみたおかげか
妙に絡まれたりしたわけでして
ホント あの時の自分は何やっていたのだろうと思わざるを得ない感じだったわけであります。

あれほど時間の無駄と言えるようなことはないだろうね。

さらには それから逃げるためのいろいろな策のおかげで
その日のポスターセッションが完全に
聴けなくなったというわけで――もう 最悪の一言。

跡にも引きずるような最悪な結果を残しましたが
やっぱり このような出来事もおそらくは ボクの世渡りが
もう少しよければ防げたものなのではないかと。

……身辺の固め方をもう少ししっかりしていく必要が
あったんじゃないかな~  というお勉強をした次第であります。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/2813-9f4a08ac