今年はうるう年

2016⁄02⁄29(月) 00:00
どうも。 今年はオリンピックイヤーでもありますが
そんな年は うるう年、というのが大方イコールでつなげる感じですよね。

そんなわけで 本日2月29日はかなりレアな日付であります。
半ばどうでもいいですが 三月生まれの自分にしてみると
こんな風にうるう年の比というのは 自分の誕生日と同じ日である
二月の一日の曜日が変わってくるということが起こるので

……ちょっと 調子が狂うことがあるとかないとか。
――なんか この辺りうまく説明するのって難しいですね……

四年に一度ということで ふと 四年前って何やってたっけな~
ということに 思いをはせてみたくなりますよね。

……大学に入学するという話題でがやがやしていたのも
四年前と考えることもできますか。 いや~  時がたつのって早いですね。

この期間の間に変わったものはいろいろあります。
――単純なボクの生活習慣、みたいな話もありますが
ボクの地元の街もこうやって帰省するたびにいやでも意識することになりますが
街にあった建物が入れ替わっていくということも起こります。

そして それ以外にも ボクの意識が変わったことで
違って認識するようになったものなんかもあります。
……今日は そのあたりに関して全部は語れませんが ちょっと語りたいなぁって。

物理的に街の景色が変わった話――まぁ あまりにも具体的な話まで
掻き込んでしまうと それだけで自分の実家の大まかな位置が
ばれてしまう可能性もあるのでぼかし筒になりますが。

毎度 自分がこうやって千葉に来るたびに
何かしらの建物を取り壊している光景や
足場を組み立てて これから工事が発展していくだろうことが
用意に想像できる光景が広がっていたりします。

まぁ 一戸建てが新たに建つみたいなのは
それこそ町内の話くらいしか自分も把握できたりはしていませんが
マンションが新たに建ってみたり 逆に「え? マジで? この建物壊す?」
みたいな変化も巷では起こったりしていました。

あとは 明らかにリフォーム噛ましている様子とかね。

大回りとかで京葉線乗り込もうとしたら 今まで逐一反応してきた
千葉駅のほかに 蘇我駅の様子なんかも変化が
始まっている様子が見て取れたり、といった話とか。

まぁ そんな風に物理的に誰が見ても明らかな変化と違って
自分の意識の変化で大きく変わって見えるようになった風景
――もっと具体的に言えば 町内で車乗るようになって
「この筋一方通行だったっけ」みたいな部分に気を使うようになったとか。

……誰がどんな場面で言っていた話だったかまでは覚えていないのですが
車に乗ると世界が変わるという話を今 身を持って
体感しなおしている次第であります。

おかげで ちょっと いろいろと面倒くさい 町内の一方通行事情を
一からたたきなおしていることがあったりなかったり?

ホント 世界が変わったなぁって実感しているところであります。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/2725-b78521b2