似てるようで違う

2016⁄02⁄09(火) 09:00
・似てるようで違う境遇
どうも。 素で記事作るの忘れかけていました。

――どうやら研究で忙しいときって そんな初歩的なミスが
積み重なりがちになるようです(ブログ的な意味で)。

ところで 同様な意味合いでなかなか忙しかった時期であったと
言うことができるであろう大学受験期間に関しては
少なくとも 今よりは滞りなく記事作れていたような
気がしているのですが さて あのころはどうやって維持していたのでしょう。

まぁ 記事作る時間そのものもそうですが
そのネタをどこから調達してきていたんだっけ……

……ということを思い返してみると なんだかんだで
旅の恥はかき捨てではありませんが 積極的に
予備校でのあれこれをネタにしていた気がするなぁと。

元々 あそこで教えている人たちはなんだかんだでキャラが濃い人が
異常に多い傾向にありましたからねぇ……

……ただでさえメンタルに日々入りそうな浪人生に
毎日のように接しているとか言うのが理由になりそうですが。

――それに対して 今は恥をかき捨てられるような環境ではないですし
あの時の経験が今に応用できるかな?  という
淡い希望はどうにかした方がいいのかもしれませんね……

仮に面白い言動をする人がいたとしても ここに書いたら
ただの仲間の悪口書くような形になってしまいますし。

なんか 「忙しい時期」ということで一致する話ではあるものの
根本的に違う、ということで認識した方がよさそうです。



・で 現状を簡単に。
はたして研究生活がどのくらい順調に行っているかというと。
――自分で進捗を正確に把握できていない疑惑が晴れない程度には
ヤバい状況というか――うん、みたいな感じです。

結構 言われたことをただ愚直にやっているだけというか
自分で考えたことを素直にディベートする能力を
しっかり身に付けられていないというか。

で ディベート能力の悪さ(要するに口下手)に関しては
他の場所――スライド発表をはじめとして――に
そこそこ禍根を残してしまっている感があるのも否めないところ。

……「えーあーうー」あたりの言葉はほぼ間違いなくまざる。

それどうにかしようと口頭発表のすゝめみたいな本買ってみたのだけど
その話題を振った父親に「それよりお前のコミュ障どうにかした方がいいだろ」
とか言われる始末ですからね。 もうどうしようもないね!

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/2703-70e14a02