これもいつも書いていることだが

2016⁄02⁄05(金) 00:00
結果的に 食事しているところから恵方に向いて
巻きずし食べることになった時に目の前にあったのは掃除機でした。

――掃除機をじっと見つめながら無言で巻きずしを食べる
男子大生(22)の図。 ……まぁ 深いことはノーコメントで。

まぁ こんな機会でもないと寿司なんてめったに食べないですから
それだけでも良しとするのが情けってものです。
――そして 関西ではこのときくらいしか干瓢巻かれている
お寿司にありつける機会がないような気がするというなんという悲しみ。

……もっと、栃木、頑張れよ!

どうも のっぴぃです。 順調にというかなんというか
「卒論」という物に追われつつある人生送っています。
……が どうも 「卒論」という物が何なのかいまいち理解が進んでいない感が。

なんか 感覚が未だに 何かの授業で宿題出されて
その宿題に淡々と回答をしています、といった感があるんですよね。

そう感じる結果はもう 過去にも同じような話題の中で
何度も書いているような気がする 自分でデータを出した、
その先に一体何を考えるか、といった部分にあります。

英語の論文を読んだ。 で、そこからどうする?
――何かのきっかけをもとにその次のステップへ
足を進める、といった創意工夫のようなものが少々鈍い気がする。

――仮に自分がなんとなくなりたいなぁと考えている
研究職などに進みたいと思った時に 恐らく一番求められているというか
ココでしか評価されないであろうポイントが
現状の自分の中では圧倒的に足りていない。

そして それを自らでは気が付けていない、もしくは
自分で気が付いたとしてもそれをフォローする時間が足りない程度にまで
その発見に時間を要するという現状。

忘れっぽい、基本的な動きが並列作業でしかないといった
自分の中での悪いところの相乗効果が悪い方向へドンドンと
積み重なっているような気がするんですよね……

少なくとも M1に上がるにあたって この辺りを
まずは自分で「まだ取り返しがつく段階で」気が付くことができること。

その後は それにしっかり取り組むとかいろいろと
階段があることはわかっていますが 絶対踏み飛ばして骨折することが
目に見えておりますので 着実に一段一段登って行きたいですね。

――ということを 一か月ごとに客観的に目標だてないと
意識できないというそこからまず 改革する必要あるのかもしれませんが。

その他 過去自分が「やるぞ」と思ったまま なんだかんだで
投げ捨てているノルマみたいなものを まぁ 何というか
いろいろと発見することがここ最近多く手ですね。

やたら大風呂敷を広げる癖にうまく収集できない現状を
まざまざと見せつけられる機会が多いような気がする今日この頃です。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/2699-933af336