忘れちまったよ。あの時のことはな。

2016⁄01⁄29(金) 00:00
早速蛇足的なことを書きだすことになりそうな気がするのですが
自分高校時代の愚痴その他と比べて大学でのお話って
あまり記事にしない傾向があるように思います。

自分がこのブログを立ち上げたのが高校二年の春でしたから
「高校生」と言い張っていられた時期は2年間。

まぁ このブログにおいては受験時代予備校であった諸々の愚痴も
同じファイルで格納していますから合わせて3年間。

対して大学に通って4年も過ぎようとしておりますが
まだ 大学に関するネタでの記事というのは
追いついていないような気がする、というのが現状でしょうか。

まぁ 例えば「授業」という物に関してみるのであれば
高校とか予備校とかではなんか先生とかが面白い言動するたびに
それを逐一細かく書き込んでいたような気がします。

ボクにとっては高校時代その他には「文化祭」などの
所謂「学校行事」と言われるようなものは
特に記憶に残るようなイベントではありませんでしたからね。

文化祭の自由な時間 特にやることないうえに
一緒にだべるような人もいなかった割には
クラスの出し物のシフトとかのせいで勝手に休むわけにもいかず
仕方ないから武道場の陰でぼーっと座って空眺めていた話でもします?

それに対して 大学生活でもまぁ それなりに
先生とかで濃いキャラの人はいたはず

……というか 大学って変人奇人大集合みたいな
意味合いも持った大人が集まるような場所ともいえるでしょうし……

……そんな人ばかりでさぞ記事ネタ多くなっていても
おかしくなかったんじゃないかって今 ふと思ったんですよね。

まぁ ちょっとした人間不信(上の内容で大方想像できるかもしれませんが
高校時代に植え付けられました)を原因として
結果的にまともなサークル活動とかできなかった

――というわけで 入学時には期待していた
このネタで多くのブログネタをみつける、みたいなものは
結局夢幻に終わってしまったわけなのですが。

先日 一つ下の学年の人たちの研究室配属が決まった
――なる話を聞きまして ふと 自分の「大学生生活」というのは
何だったんだろうということが気になりました。

入ってみるとまるで 今の大学四年生というのは
「大学生生活」というよりも「研究生活の第一歩」といった意味合いが強くて
この三月に卒業式を迎える身ではありますが
「学生生活」という意味合いでは三年生を終える時点で卒業するんだなぁって。

そんな中 さて 「学生生活」の間に自分が積み上げていた
または 思い出に残してきたものとはいったい何なのだろうと。

……明確なことはわかりませんが何か、私は大切な忘れ物をしてしまったようです。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/2693-fb83f546