胃袋事情

2015⁄11⁄24(火) 00:00
どうも。 のっぴぃです。 ちょっと食べ物関連で
記事でも書きたいなぁと考えてみたりしていたのですが

――まぁ 飯テロ画像ばかり貼り付けていくって言う
今までのスタイルというのもさすがにちょいと芸がありませんので
今日は まぁ 完全にないとは言い切りませんが
ある程度は 普通に語りパートも入れていきたいなぁと思います。

407_20151123230012c23.jpg415.jpg
というのも まず何よりも 先日姫路行ったという
お話は書かせてもらいましたが その時のおしゃべりの中で
その時食べたものの話題だけはすっぱり抜かしていたんですよね。

――というわけで 忘れる前にメモっておこうというわけで。

まずお昼。 まぁ 姫路在住の友人と一緒に行動していたのですが
「姫路でそれらしい食事をとった思い出があまりない」ということで
えきそばの方 食べさせてもらいましたというわけで。

まぁ 元々のことを考えると 注文してすぐに出てくるところに
驚くのは無粋ってものなんでしょうね~  というわけで。

帰りは――なんか 姫路に人が訪ねてきたときに
しばしば人を招くという地元で有名なピラフ店――ということで。

味はもちろん 量も特筆すべし、ということらしいですね。
そして 一番安いの選ぶとひたすらコメを食べる羽目になるということで
何かしらの味ついてるやつをチョイスするように言われました。

というわけで 自分の場合はトマトソーストッピングをチョイス。

どこか 自分の母親の作るチャーハンに近いものがあったのですが
――あの人 卵使わないからなのかなぁ。 この感想ってどうなんでしょうね。
一種 おふくろの味というべきなんでしょうか?



ちょっと 昨日不意に腹の疼きを感じまして
いつも通い詰めているデブラーメンのお店行かせてもらったのですが

……なんか 調子が悪いんですよね。

スッと胃袋に入ってくれないというか
腹が満腹で腹に入らないというのはテンプレート過ぎてわかる。

けど 腹八分目の感覚なのに全く腹に入ってくれない。
箸が進まない。 いつも普通にぺろりと平らげるメニューなのに
全く腹に入ってこない。 これはなぜなのだろうと。

昼もかえって早い方だったんですけどねぇ。

結局 最後チャーシュー食べきることができずに悲壮の面着き帰ってきたのですが
――う~ん。 何が違うんだろうなぁとか考えてみたのですが。

一応 自分なりにちょいと考えた結果一つの可能性
「調子が悪い日はマジで脂っこいものが食べられない説」というのが
一番有力なんじゃないかという説に思い当りました。

そんな風に考えると過去 ちょいと思い当たる節があったので……

――ということで考えると これも年ということになるでしょうかねぇ……?

二十代前半でこんなことを思い当らざるを得ないというのは
いろいろと悲しい部分があるというのは――言わずもがなといったところでしょう……
老い、かぁ。 なんか嫌だなぁ……



あ。  京都でのご飯は倹約の極みだったので特に書くことないですね~

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/2624-547c3c43