御帰り!

2015⁄09⁄30(水) 00:00
のっぴぃです。 ……やっと PCが帰ってまいりました!!

八月上旬にモニタが割れて まぁ 受験期間中に
いろいろとやきもきしたくないとか
すぐに調べもの(当然勉強)したいときのために手元に置いておき

ついでに艦これ夏イベントもこなし←こちらメイン説

そのあたりの仕事が終わった後に大手を振るって
修理店に駆け込んだはいいものの 修理店についた途端に
何を思ったかHDが吹っ飛ぶという暴挙を披露。

それの自動修復でどうにかなったは不幸中の幸いか。

――と そのあたりの内容でタイミングを逸したりしたのか
……と 言うのとは関係ないとは思いますが
まぁ なんだかんだでパソコン修理店の中で完全に存在を忘れられ。

まぁ 存在忘れられるのは持ち主に似た部分もあるのかな。

5日で終わる見込みだった修理がなんだかんだで
3週間くらいかかってやきもきしたパソコン修理が終わりました。

長かった。 とても長かった。
やっぱり 使い慣れている道具とそうでない道具って
その愛着とか……やっぱり違うよね、ということを実感しました。

まぁ そこにおまけとしてパソコンの画面と同時に
特に理由もなくスマホの画面が割れてみたりで本当に
散々な感じの中身が続いたような感じで……

お財布的にも相当厳しいことになっています。 はい。



とまぁ そこまでがここらのボクに起こったことで
これまでも散々同じことを口走り続けていたと思われます。
で それの間は基本的に ウェブフォーマットに直接
書きたいことを思ったように書き込む形で記事作っていました。

――といった内容で 実際に記事作ってそれの中身みたいなのを
論じる機会ってなかなかないんじゃないか、と思いましたので
こんな風に 自分のPCも戻ったことですし
それまでの記事の中身を検証してみることにしました。

まず いつもはwordの文字数に関して必要以上に気にして
――言い方変えるなら「記事の行数ばかりに目を光らせて」
内容とかそのあたりは二の次になっていた節があるブログの記事の量ですが。

まぁ 目につく指標――ここが何行目だとかこの文字が何文字目だとか――
といったものがない分 どちらかといえば
「こんな行数になったので後は巻でしゃべる」といったことは
そこまで多くなかったんじゃないかと思います。

そうなると 地のトーク技術というか そのあたりが気になってくるのですが
昔からボク こうやって記事作るときには 基本頭空っぽにして
恐らく 一番聞きづらい独り言をしゃべり続けるようなテンションで書いておりますので。

だからと言って 内容が読みやすいものになったかといえば答えはNOでしょう。

そして そのあたりのフォーマットをなくしたら 記事の中での
文字数が減ってきたんじゃないかと期待していた面もあったので
この際 今まで書いてきた原稿をこれまでのフォーマットに押し込めて
その総文字数から本当に自分がフォーマット変えることで文字数へるのか

少しは口にチャックができるのかということに関して調べてみました。

結果 作業している途中で失敗とかしていなければという
前提の上ではなりますが 計算結果はほぼほぼそれまでの8割。

意識的に自分が文字数減らして記事書くとき(画像が多いときの
記事の分量も含む)の分量は きっちり2/3の分量になるということを
踏まえてしゃべらせていただくと 格別こんなスタイルで
記事を制作したと言って文字数が減るというわけでもなさそうという結果に。

なんか 記事上げているときには少し 記事のエリアが狭くなっているような
錯覚に覆われていたのですが どうやら気のせいだったようです。

――もしくは この期間中画像を用いた記事を全く登校しなかったことが
その辺の錯覚を思わせる大きな要因だったりしたんじゃないかなって。



まぁ この間の記事ネタ 明らかに電化製品破壊が連続しすぎた
ショックを相当に引きずっていたおかげで そのネタのバリエーションが
見るからに一辺倒になっていた部分がありますが……

……まぁ 文字数的にそちらの方が見やすかったみたいな意見が
ありましたら行っていただけると改善できるかもしれません。

ただし そのあたりも含めまして来月からちょっとばかり
記事の下書きの仕方をちょっと変えてみようかなぁなんて考えていますが。

――今までと今回の記事の作り方を総括して考えてみようかなぁなんてね。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/2566-949c3a88