律儀

2015⁄08⁄29(土) 00:00
・要点
先にこの先書きたい出来事を引き起こすに至った元凶に関して簡潔に書いておきましょう。

のっぴぃさんはとにかく予定の管理というのが雑です。
――一応 スケジュール帳みたいなのは持っておりますが
八月に入りまして とりあえず大学のスケジュールが
一旦ごめんになった段階で「スケジュール帳をどこへ放り出しただろう」

……という扱いになっている時点で押して測るべしという感じになってますね。

――そりゃ バイトの管理も全くできなくなりますわ……
……みたいな 過去何度も上げてきた自分の欠点の片鱗を
しっかり見せていくスタイルになっているわけですがねぇ。

さらに そんな感じで予定管理がガバガバであることを踏まえまして
「先見の予知がとにかくできない」ということもありましてね。

――いや~  避けられたはずのスケジュール上の問題を
あっさり見逃してしまうということが往々にしてあるわけですよ。

まぁ 入試の試験自体は9月入ってからなので今日 この話題書いているということは
「試験に行きそびれて留年確定」みたいな展開ではありません。
……が スケジュール的にやらかしました。 といった話題であります。



・8月。何もないとでも?
――なんて思っていた時期が私にもありました。

どうも のっぴぃです。 今日はスケジュール管理がままならない受験生が
結構正念場の時期に予定管理をやらかしてしまったという話題です。

……履修登録から 試験一週間前に予定されていた集中講義に対して
履修登録をしてしまった。 そして さらに履修取り消し期間の間に
それを取り消すのをすっかり忘れていたという事故をやらかしてしまうとは
――自分でも 気が付いたときには愕然としましたからね~

まぁ その履修登録を行った際には 集中講義の日程に関しては
「日程未定」みたいに表示されていたわけで その次点で見極めることが
難しいということはありましたからね。 ――しっかり取り消しをしておくべきだった。

……うん。 履修登録の段階で聞いていた情報では その講義は
7月中にあるって噂だったんですがね。 その後後ろに日程がずれ込んで
こんな 一番半端な時期に設定されてしまったような感じになりますか。
――ちょっとは受験生が受けられる授業なんだし 配慮をダネ……?

まぁ 結局はそんな風に自分に振り返ってくるわけですが
さらにもどかしいのが そんな厄介な集中講義をとっているということに
気が付いたのが履修取り消し期間終了翌日ということで。

――見事にぎりぎりアウトといったところだったんですよね……

こう 間が悪いというかなんというか。
――そんなわけで 真面目なのっぴぃさん しっかり授業受けてきましたよ。

――後からこんな話したら 周りからほぼ100%の確率で
「そんなのぶっちしちゃえばよかったじゃない」みたいなこと
指摘されましたが そんなの知るもんですか!!!

……とことん 根が真面目だなぁなんて 自分でも思った次第であります。

別に卒業単位がきついというわけでもありませんし
――まぁ 総合成績に関しては落単が確実に一つ増えますので
必然的に下がってしまうことはありますがね。
……少なくとも 自分は気にしていない値であるのですが。

さて その授業内容自体ですが端的に言えば「思ってたのとかなり違った」。
そして 内容も相応に面倒くさいものだった。

……いや 難しいとは言いませんが 何というか
わざとなのかって思いたくなるくらい妙に面倒な感じ。

そもそも 資料にホイホイと数式書かれてたりしていますが
それぞれに関してしっかり定義が成されていなかったり
そんな中で急に練習問題とか言い出したものが出てきたりで
――なんというか 資料についていくのが大変な感がありましたね。

まぁ それに加えて 少なくとも授業受けているときののっぴぃさんが
どこか 察しの悪いモードだったこともありまして
その授業受ける態度が結構グダグダになってしまった感が否めなく。

極め付けには その演習問題が しっかり明記されていない数式を
自分で計算した挙句に数値を代入(その数値の表記の仕方もあいまい)して
概算値を出すという まぁ 何というかすべてが曖昧模糊な問題。

最終的には桁計算だけでいいかなって見方もできるかもしれませんが
少なくとも 与える資料(≒スライド)の中ですら
しっかり文字の定義がされていないわけだからもう カオスの境地になるわけで。

こんな風に書いても多分呼んでいる人には全く通じない文章になっていますが
その授業に関しても結構 それと同じようなことが
起こっているんじゃないかって思います。 ――お前は何を言っているんだ。

さて ところでこの授業を受けていた方々ですが
院に進んだ方々はまぁ 別にしても 受験を控えているはずの同学年の方々

……だけで考えてみますと どうやら単位数が足りないだとか
元々進学するつもりはないだとかいう立場の人……らしい?
方々の顔が並んでいたのがちょっと 印象に残りました。

――うん。 やっぱり 入試受けるつもりの人に
そんな集中講義なんて受けている余裕ないよね。 当然だよね。

みたいなこと考えながら とりあえず自分の間の悪さを呪うべきか
妙に律儀なところに感心しておくべきか 自分の行動ひとつとっても
さまざまなとらえ方があるものだな~  なんて。

――感心しているふりして 見事に目の前の院試問題から
現実逃避していたわけですが さすがに戻らないとまずいですよね。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/2535-27163981