アミューズメント事情

2015⁄06⁄10(水) 00:00
QMA06.jpgQMA10.jpg
せっかく直近にそれっぽい話題打ち込みましたので
ちょっと 神戸のゲーセン事情っぽいお話も一つ。

まず挙げてみた画像の左側の方。 今回カムバックプレイの際に
久しぶり――? に 尋ねさせてもらったゲームセンター。
正確に書けば 移転後初めて訪問させてもらったゲームセンター。

一応 前からも名前とか場所的には存在していたのですが
始めに規模が小さくなり次に移転の告知が来て……
……といった感じで 世間の世知辛さを前面に受けている気がしなくもない場所。

一応 過去の流れ的には サービス的には
100円1クレみたいな料金はそこまででもなかったのですが
予習の回数が多かったり録画が出来た理みたいな意味で
「周辺の設備が良い」といった印象のお店。

まぁ ボク個人は ニコニコにプレイ動画上げたりしないので
あまりその恩恵は大きくなかったのですが
録画できる店の希少性くらいは認知しているつもりです。

――前は伊丹にもあった(魔龍が闊歩している頃には相当お世話になったお店)
のですが 気が付かない間に閉店してしまいましたしね……
……思えば 初めて主席の看板を背負ったのはあのお店でした(回想)

まぁ ここまで動画ヨイショしておいて移転して以降はまだ使えないみたいですが。
録画機器。 まぁ あと配線すれば動きそうな感じなのでComing soonといったところ。

で 今回こちらの方に顔出した理由は単純明快。
――せっかくカムバックキャンペーン利用するならば
その内容も できるだけ得をしたうえでやりたいじゃないという物。

主に予習回数につられた形にはなりますよね。

デフォ設定のラウンドワンは別としてもう一件
100円2クレと クレサービス的には素晴らしいお店があるのですが
あそこは ワンプレーの内容(予習内容とか)はデフォのままなので
「このタダの分を使い倒す」という要旨にはそぐわなかったわけで。

――結局 宝石はじめ金属賢者のめっさ並んだ中で蹂躙されて則終了。
……楽しめたのは予習のみだったというオチなのは言うまでもないか。
――合格点普通に90代後半じゃないですか。予選。 レベル高すぎでしょう。

そして、初心者排除の極みを個々で見た気がします。

ついでに 過去頑張っていた社タイの精度に愕然したお話もありますが
――ここまで触っていなかったらこうもなる、そんな風にも思えますね。

そして 今回行ってみて初めて知ったのですが
もしかしたら 4人で集まって対潜できる神戸で唯一の場所かもしれませんね。
――ホント 神戸での店内対戦事情は苦しいものなんですよ。

続いて右側の方――こちらはさらっと終わらせられるか。

同じく神戸に存在していたゲーセン――こちらは元々存在していたビルを
建て替えている間期間閉店したのち 新しいビルが完成したら
元いた場所に戻ってくるというパターンなのですが
こちらの写真は現在 新しくたてている最中のビルの方。

ちなみに 先ほどのお店の移転事情は 「サンプラザ内のフロア変更」でした。

防音壁の方が外れました。 つまり後は内装工事のみですかね。

――こうして 箱が出来てみますとそれだけで八割方
完成したように見えてしまうのは まぁ 良くあることかもしれませんが
――これで 少しは神戸のアミューズメント事情も回復するのでしょうか。

――まぁ 今の現状が続くようであれば あまり新しくできたビルの方に
お世話になることも無いような気がしますが……  うん。
……QMAはやらなくても ちょくちょく指はやってたかもしれないねぇ。 うん。



とまぁ ゲーセン事情で話も引き延ばしましたが
ちょっとそれでも足りないのでQMAの愚痴をもう少し。
――ツイッターではそれで燃え上がる人がいるので自分の世界で愚痴ります。

と 言うか なんで愚痴するだけで燃え上がる人がいるのでしょうか。
……QMAファンの中でも「クイズ楽しい派」の人の中で血気盛んな人に
しばしばみられるこの傾向。 個人的に理解に苦しみます。

そもそも 今までのバージョンアップのたびに起こっていた
細かい仕様変更のたびに 大なり小なり反対意見はあったものです。

それに対して 今作で発生した仕様変更は今までの仕様変更の中でも
類を見ない規模のものであっただろうと思います。
――それまでの仕様に何かしら愛着を持っていた人とか
ボクみたいに適応力がかなり少ない人とか
自分が楽しんでいたものが新作で軽視されている人も少なからずいるでしょう。

さらに ここ最近はすぐに個人から発せられた情報が
SNSを通じて世界中を飛び回る世の中になっています。

好きな人は好きでいいでしょうが 嫌いな人もそれに対して
少なからずコメントを発していくのも大切なことでしょう

――実際 前に行われた「判定勝ちシステムを導入」などの
パッチ修正のきっかけとなったのが「皆さんの意見」からと言われていた
……そして 別に今はロケテをやっているわけではないことを考えると
SNSでのそれぞれの意見が少なからず反映されているとみるのも自然です。

そんな中 自分と異なる意見に対してディスった上で過剰にケンカを引き起こす
――それが 今作楽しい派にしろそうじゃない派にしろ
許されたものではありませんよね。 互いの意見は尊重しなきゃ。

まぁ お互いが理解できれば最高ですが そうならなかったとしても
むやみに相手の口をねじ伏せようとするのではなく
適度に無視するなど スルーしたりすることはできないものか。
――この辺りしっかりわきまえることができれば
運営により洗練されたアイディア遅れるんだろうなぁなんて思いながら、ね?

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/2453-a8988300