ちぃーっとクサクサしますよ~

2015⁄05⁄23(土) 00:00
どうも。 大きく風呂敷を広げすぎたとしても
まともに処理する気はありませんよ。 ブログの上では。

――まぁ 自己嫌悪とか人間不信とかそのあたりのお話は
この先もまた話題にせざるを得ないネタでしょうから
いつかまた その風呂敷に触ることもあるでしょう。 きっと。

ところで まぁ 発表の間中引きずり続けた程度に
テンションが落ち込んだわけですが そんなときののっぴぃさん的
とりあえず 次に気分をつなげるアイテムというのは
ひとまずラノベを読み漁ってみるとかブログに書きなぐってみるとか。

そんな選択肢になっているみたいなのですが
――まぁ 最悪でも翌日以降、次の一手には
引きずらないような対処法を用意しておくのは大切だと思うんですよね?

――ところで 世間一般的には金曜日には飲み会がはかどるとか
そんな噂も耳にする程度にはストレスにはアルコールが一番
――みたいな声が聞こえたりしているような気がするのですが。

……そういえば ボクの部屋の冷蔵庫には
いつ消えるのかわからないほど重鎮化したような気がするチューハイがありますね。

……特に親父が来るたびに なんだかんだで酒が部屋に増えていくのですが
ボク一人では基本的に一杯煽ることすらしませんので
本当に 中身が全く減らないんですよね。 これは健康なことなのか?

まぁ 両親がここにやってきたときにはアルコールのお相手もしますがね?

一応は 酒には結構強い方――まだ本気で酔ったって思った経験がない、
ということで それはそれで怖いことなのかもしれませんが――だと
自負しているつもりなのですが 自分からの身にはいかない性質でして。

まぁ ボクにしてはよくあることとして新しいことには挑戦しないということが。

――まぁ ここから何が言いたいかと言いますと
そのあたりの気分発散の方法も 今までの方法に固着しすぎて
新しい方法を試そうとしていないだけなのかもしれないということで。

おかげで 酔いつぶれたりしないという意味では
そこそこ体に安心な生活送っているのかもしれませんが
それはそれで 危険な平衡の上で成り立っているような気がしないでもないですね。

――なんてこと書きながら自分自身はわかっている。
今間のままの状況なのだったらボクは絶対に変わろうとしない。

そもそも問題なんてここで書いているほど感じていないのだもの。
別に誰かに悪影響を与えているでもなし。 変える必要がどこにある。

やっぱり 呑みがストレス発散になりうるなんて文化も上司に付き合って~  とか
そんな意味合いで 何につけてもほかの人とのつながりあいの中から
迫ることができる――といういい方が正しいのかはわかりませんが――
一つの考え方なのかもしれないなぁなんて考えながら。

まぁ 今のボクのスタンツだったら確実に
「ゆとり世代」の特徴であるといわれているものの一つ
「付き合いが悪い」「プライベート最優先」に走るだろうという自覚はありますよ。
……というか ここ最近のボクの生活だってそれにドンピシャじゃないですか。

さらに言うなれば 「撃たれ弱すぎる」なんてのも
昨日から今日の話の流れの展開から考えて
かなり当てはまる部分自分であるんじゃないかって思っていますよ?

……まぁ 今のところは「次失敗しないように」なんて考えていますが
ボクのトラウマになった人間関係がこじれた原因はいずれも
「次」がなかった――もしくはあったとしても気がつけなかった――
なんてことがありましたし かなり慎重になってしまいかねないんですがね。

……死レットここで 「トラウマになった人間関係」なんて書いていますが
そのあたりなんて 上で書いた「人間不信」の直接的な言い換えですよね。

……なんか 一つのこと書こうとしただけで同じ内容が
堂々巡りになっていくこの惨状ってホント何なんでしょうね……

……解決しようにもいったいどこから手を付ければいいのかわからない。
ゲームにしてみるのであれば詰み、ですよ。
――だからと言って人生チェックメイトするのはさすがにまだ早いからなぁ……
……なんて 悩める世代は未だに悩み続けるみたいです。


ここでくさくさしていても何の解決にも至れる気がしませんので
とりあえず 適当な時事ネタでも振りかざしてごまかそうと思います。
……先日 大阪市の方でなかなか政治的な意味で面白い選挙ありましたね~

一応 ボクが住んでいるところは中途半端に
維新の声が幅を利かせているような気がする位置だったので
ところどころでこの辺りに関する声も聞こえてきたのですが
――大学の中には大阪市の実家から通っている人もいましたしね。

ボク自身としては 橋本さんは「大阪市長である間に国政にも
必要以上に絡もうとしている」みたいな意味では
かなり 立ち位置がいやらしく見えていて……

何においても実行力や影響力がある一種のカリスマだったとは思っていましたが
正直嫌っていたんですよね。 ――まぁ そんなあの人でしたが
今回の結果を経て引退表明聞いたときにはほう、と思ってしまいました。

まぁ どんな形であれ 政治に大きな一石を投じた人であることには変わりないですし。

――意見に賛成できるか、人間性が気にいっているか否かは別として
一つの「今の政治家の一つの形」としてなかなか良い人材だと思っていました。

……まぁ このもろもろのお話が起こった陰で一つの政党が完全に
活動を停止しようとしている点に関しては――最初から
あの人が国政に必要以上に干渉しすぎていていたという部分の
弊害が大きく出てきているような気がするんですがね それは。

――早くまともな野党が構築されないか切に願うばかりです。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/2435-bebce0b6