摩耶

2015⁄04⁄30(木) 00:00
どうも。 昨日宣言だけはしてしまいましたので
とりあえず さっさと その「気分転換」なるものを報告したいと。

01_20150429103205158.jpg
まぁ 単純に言ってしまえば山登りですよ。
とりあえず摩耶山。

一応神戸は山と海の間に張り付いているような街ですし
登山しようと思えば六甲山系がちょうどいい感じで控えているんですよね。
……けど 今まで上ったことはありませんでしたと。

まぁ 今までは大方「自転車で動き回る」ということはしていましたが
その影響で割と横移動中心だった→部屋から見て北の方は
ほとんど意識してこなかった、って感じですよね。

02_20150429103204941.jpg
一応今自分が住んでいるところなのに
他人行儀っぽく説明させていただきますと
これから書こうとしている行程はケーブルカーとか正直
ケーブルカーとかロープウェーで
ショートカットできたりします。

――が ここ最近ほとんど動いていない、ということを
内心生活習慣病的意味で結構不安視していた手前
「さすがに今回はしっかり運動しないとなぁ」と思い立ちました。

――要するに 「ヤマノススメ」ですよ。

……まぁ この辺り 前もって下調べしたり準備したうえになりたつ物ではなく
ボクにとってはもうありふれた 「そうだ、山へ行こう」といったテンション。
……その場の思い付き以外の何物でもありません。

ハイキング? トレッキング? 森林浴???
……まぁ 呼び方は何にせよ そんな感じのこと やっておりました。



03_201504291032030a5.jpg04_20150429103202b41.jpg
さて 登ってみてほどなく、といった感じなのですが。
――なんというか 自然の猛威っぽさがほとんど隠されていないようにも見える。
――という感想がまず真っ先に思いついたのですがそれは。

ホント 登山道に足踏みいれた瞬間から柵が埋まってるし
――大方 比較的最近にあった土砂崩れで埋まったものと思われます。
あの時ケーブルカーもかなり被害受けていましたし――
表示によると“歴史的遺産”が廃墟同然になっていたり。

……まぁ 焼失、みたいな展開だったらわかりますが
ある程度形が残っていた物であるなら修繕するなりなんなりして
こんなみすぼらしい姿残すということだけは避けた方がよかったのではと思ってみたり。

――まぁ 日本の文化財保護なんてアメリカやイギリスのそれと違って
「現状維持」というのに重き老いていますからね。
――一度崩れてしまったらもう 手の施しようがないのかもしれません。

05_20150429103201853.jpg
そんな山の上にはそれこそ
「焼失」してしまった寺が残されていました。

06_201504291031594c7.jpg07_20150429103347699.jpg
――おかげで 山の上の方はかなり石段が安定していたりしていて
歩きやすかったですね。 一部崩れている部分もありましたが。

10_2015042910335137a.jpg
まぁ 一部の石段は断層で切られたんじゃ
ないかって思われるような
そんな風にも見えたのですが
――って思えてしまうのは
自分の専攻故の感想だったり
するのかしらね?

08_20150429103350e45.jpg09_201504291033493d6.jpg
で 廃墟に対しこちらに関しては途端に焼失したものを直したくなったのか
それっぽい工事が行われているな~  とか思って
裏から眺めてみたら。 ……屋根、トタンじゃん。
……さすがに こんな中途半端な修復は嫌だな←我儘な奴

11_201504291033484c7.jpg12_20150429103348400.jpg
で 山の上にはなくなってしまった本堂の跡とか
その後ろには 天狗岩、なるものが。 人の手が程よく入った
山の上にはよくありがちな光景ですが 趣があっていいですね。



13_20150429103445412.jpg14_20150429103444f91.jpg
そんな 失われた寺に思いをはせてみながら
よっこらせと登りきりました。 これで多分摩耶頂上です。

何というか 一か月近く動かなかったせいか
疲れを感じ始めるのが早かった気がしますが(回復も早かったけど)
とりあえずは 自分の足で登りきりましたよ~  というわけで。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/2411-d47c43a1