ニコニコ

2015⁄04⁄22(水) 00:00
どうものっぴぃです。 ここ最近の記事の流れが
どう考えてもワンパターンすぎて困っております。
――はたして どんな作戦を考えるのが一番よいものなのか。

――少なからず気になるところなのですが
あまりいい策(というか 記事ネタ)が思いつかないんですよね……

さて 基本的に大学登って部屋に戻ってプライベートを謳歌する
――という生活スタイルが確立しつつある今日この頃ですが
ここ最近のプライベートでは何やっているかと言いますと。

……結構な頻度でニコニコ動画眺めていることが多いですね。

某ゲームも(何度も書き続けていてそろそろしつこいくらいですが)
全くやる気になれなくて結果 ゲーセンに行く、
みたいなこともめっきり無くなってしまいましたからね。

大型更新で多少なりともやる気になれるシステムに
変わってくれたなら話は変わってくるのかもしれませんがね。
現状ではそのあたり かなり難しい話でしょうね……

さて そのニコ動の中でも最近比較的見ているのが
実況動画の類……でしょうか。 ゲーム実況とか。

まぁ ボクがゲーセンに遊びに行くきっかけも最初の方は
通い詰めている友人(マルチゲーマー)がゲームをやっているのを
後ろからボーっと眺めているところから始まりましたし
他人が何かしらゲームプレイしているのを眺めるというのは

ボクにとって結構初心というか基本というか。
……みたいな立ち位置になるんじゃないかと思える次第で。

まぁ 現状は 神戸の方にはそんな感じのマルチゲーマーもいないので
――まぁ せめて音ゲーマンについていったときに
台の後ろの方で所在無げにうろうろしてみたり
プレイをボーっと眺めてみたりしていることはありますが。

でも 千葉に帰って彼と遊びに行ったときには
かなりの確率で未だに 彼が何かしらのゲームをやっているのを
後ろから眺めているという時間が生まれるのは初心に帰った気分なんでしょうね。

やったものにはやったものの面白さがある、というのはわかりますが
やはり 金銭的その他の問題もありますし
それらを全てやっていけるほど実際問題手を付けられませんって。

――という下地持ちのボクにとっては実況動画
そこそこ見入れるというか 楽しんでいけるものも多いです。

達人様の見とれるようなプレイも 攻略動画の類の
ガチャプレイ多かったり 色んなものに翻弄されているような
ゲームプレイも 結構ボーっと眺めているだけですごい勢いで
時間が過ぎ去ってしまうものです(ボクにとっては)

――まぁ それしている割には あまり動画にコメント
残したりしないわけですが そのあたりはリアルでもゲーム観戦は
静かにをモットーにしているボクらしいといえばらしいのでしょうか?

まぁ それを真面目に論説しようと試みてみたならば
例えば 積極的に「動画」づくりに対して参加しようとしていないとか
ネガティブな言いようはいろいろとあるような気がしますが。

まぁ 荒らしもしないし盛り上げもしない。
――昔から 一歩引いて他人のゲームプレイを眺めていた
ボクら市といえばボクらしいスタンツなのかもしれないなぁとか思いながら。

それにしても そんな動画眺めながら
実際にそれを投稿できる人ってかなりすごい人の集団なんだろうな~
――なんて しばしば考えてしまいます。

まぁ そもそもその上げるネタがないと何も作れないのは
このブログ然りその動画投稿然りといった形で
あまり大きな変化は認められないのでしょうし

――その ネタになりうる原材料を提供できるだけでも
かなりの努力が必要になるでしょう。 そして 動画の編集能力。

やっぱり サムネイルから始まり一番見せたい場所を
ハイライトしたり強調したりしながら動画を編集する

――そして シリーズものになってくるとその一貫性を
しっかり練り上げないといけない。 単純な編集手腕もそこに加わるわけで
この作業も並みな人ではとてもじゃないけど難しい作業でしょう。

さらには プレイしながらしゃべっている人なんかには
トーク能力とか ロード時間なども視聴者を飽きさせないような
場つなぎ能力エトセトラも求められてくることでしょう。

ボクのブログみたいに ひとしきり独りよがりでしゃべり続けるだけでは
絶対に閲覧者数なんて伸びるわけがない(そんな意味では明らかに
ボクには絶対動画投稿なんて出来たものではありませんが)ですし
それを 手元の作業に集中しながら繰り出すわけですから

……って考えると 本当にすごいなぁと思います。
まぁ 「ゆっくり」実況みたいな感じで そのあたり諸々のトークを全て
編集作業しながら原稿をゆっくり練っていくこともできそうですが。

……それとこれとがあるのとないのとでは臨場感は変わってきますね。
(だからといって ゆっくり実況の出来が軒並み悪いわけではないですよ。
こちらはこちらでより「ストーリー性」を重視した
実況が多いような気がします――シリーズものになったならば。)

……少なくとも自分は 「自らができないことをやってのける人」というのに
何かと尊敬の念を抱いておりまして まぁ 単純に
「面白い動画」というのに笑わせてもらうだけではなく
そこに至るまでの能力とか作業とかに敬意を示してみたいなぁと。

あまり 「これを伝えたい」ということも無く筆を執っているのでアレな感じですが
今日のところはこのくらいでしゃべり終えたいと思いますね

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/2401-bda4804d