考えなし

2015⁄03⁄06(金) 00:00
ちょっと考えてみたら ここ最近画像に頼った記事しか
作っていない気がしましたので たまには画像に頼らない
記事制作みたいなのも やっておいた方がよさそうな気がしましたということで。

――脈略がめちゃくちゃ??  そんなのボクの日記にはありがちのことでしょう?

……まぁ そんなブロガーとして最悪なことはさておき 今後(人生的な)のはなし。

先日ニュースを眺めているときにやっとボクも認識したような
感じではあるのですが そろそろ就職活動が本格的に始まってきた感じなんですね。

これから就職活動を始めてみようという流れって言うのは
大方 大学の学年としてボクと同じ学年の人が主に向かっていくべき
課題になっているのではなかろうか――といった感じでしょうか。

――みたいなことを考えてみますと もう この先の人生を
考えている人はかなりがむしゃらなことやっているんだなぁと
……他人事のように書いてしまう部分もありますよね。

――実際問題 そんな風に他人事のように見ていたりしている世界に
ボク自身も真面目に取り組んでいかないといけない状況だということ
半分くらい忘れている疑惑もあったりするわけですが。 ここで。

まぁ ボクは一応理系っぽい学部行きましたし そこ行った人間は
往々にして 少なくとも修士の二年間は大学に残って
ある程度研究を進めておかないと実用にならない疑惑もあると聞きます。

――まぁ ボク自身もその漠然とした流れに乗って
「とりあえず 今度の試験受けて修士は残るんだろうな~」みたいな
考えでいた――というところまでは考えていたのですが。

実際にどこに受けてみようかとか そんな風に考えてみて
他の大学、大学院に行こうと考えた場合には どのような問題が
待ち構えているのかみたいな 真面目な調査ははたしてどこまでやっていたのか。

……ちょっと 思い返してみたら なかなかに シビアな問題というか
ほとんど何も考えていなかったんじゃなかろうかといった感じになっております。

一応 ボクの学年の段階では「自己推薦入試」というシステムもありませんし
(残念ながら ボクの次の代からは導入されるという噂)
やるのであれば たとえ神戸大学のまま進むのだとしても
試験問題に真正面からぶつかっていく必要があるのではないかということで。

――もしかしなくても この春休みの間にある程度は
勉強なりなんなり 進めておいた方がいいのではなかろうかと。

主に こうなってくると心配になってくるのは一番には英語。

正直な話 別に某外部テストとかで点数課されるとか言う流れは
特に設けられておりませんでした(うちの大学の場合)ということで
正直 あまり正面から向かっていくことのなかったボクの過去。

……この先 例えばテストになった時にどのような感じになるのか
――ということまでは真面目に考えていなかった疑惑が募ります。
――何につけてもボク 将来の見通しが甘いことが多いんでしょね……

まぁ 大学受験の時のボクの行動を考えてみますと
英悟がアレという感じであっても とりあえずそれを補完するような
専門の点数を必要とする展開になるのだろうとは思いますが。

さて それで 自分の大学の専門の授業の復習ということになった時
――まぁ 良い、とは言いませんが まだいいとしましょう。

他の大学に行こうと考えてみた時に ここでも少しばかりの問題が。

ちょっと変わった学科に入学してしまったことが災いするか
「専門のお話をある程度理解するのにも ちょっとハードルが高め」という
現実があるのではないか疑惑がそこらに散らばっていることに気が付きました。

……ちょっと 大切なことに気が付くの遅い疑惑もありますね。
具体的には 「物理学科」に行ったわけではなかったので
そちらの方面に行こうと思った時には例えば 電磁気学とか
熱力学の類に関しては なみなみならぬハードルがそこにはあるのではないか

――という疑惑が存在している……気がします。
……ほかの大学考えるのであれば それらの勉強を
少なくとも基礎から そこそこの実用レベルまではとけるようになる必要が??

……英語での点数が全く期待できないこともありますし
語法とかそのあたりも 完全にひどいことになっているのは容易に想像できますしで
何というか お先の暗さが特に目に染みてきたような気がしないでもない。

とりあえずは 今から就職活動の方へ強引に進路変更するというのも
一応選択肢として存在しているにはしているのでしょうが
ぶっちゃけて ボク自身の希望的にも そんな行動は面白くない
――って 思っておりますので。 ……勉強一択でしょうね

……と言いつつ 昔のボクが頼んだのか名簿の流れで勝手に来るのか
細かいことはよく覚えていないのですが ボクの家のポストには
なんか「就職セミナーのお知らせ」みたいなお手紙が
定期的に投函されていたりしていましたし 考える機会はあったのでしょうが。

……まぁ ボク自身 内心としては 進学したいという方向に
頭の中身がシフトしておりましたので 正直その封筒の中身
まともに目を通したことがあったかどうか定かではないのですが
(↑絶対に 今から就活は始めるべきではないでしょう)


まぁ もう少し考えてみますと ボク自身は一浪している関係で
小学校から高校時代までのクラスメート(と言えるだろう)方々の中には
(ボクと同じ目に合っていない限り)既に就職も終えまして
この三月をもって大学を無事卒業。

そのまま 社会人になります。  みたいな方も結構いるんですよね。
――同じように 受験も終えてこれからも研究にいそしむ方もいらっしゃる。

――彼らがしっかり立ち向かった壁にボクは遅れて突貫するべきなんだから
……恥ずかしい流れにするべきではなかったのだろうなぁとふと。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/2347-74377bda