黄昏の

2014⁄10⁄23(木) 00:00
みんぱく01

たそがれの太陽の塔。

――ちょうど帰るときに背景の空の色が
いい塩梅になっていたような気がするな~
と 思いましたので
振り返って取らせていただいたような形です。
まぁ それはともあれ。

どうも。 こんにちは。 のっぴぃです。
夏に引き続きまた 万博記念公園の方行ってきました。

みんぱく02
一応 ルートとしては前回と
逆方向から攻めてみた感じ。
夏には阪急京都線方面から来たけどね~

淡路で乗り換えて~
――って やり方とか
御堂筋線突っ走ってみるとか
結局阪急でも宝塚線使ってみるとか
地味な違いはいくつかありますが。

――ところで 大阪モノレールがJRと接続する場面が無いのはなぜなんでしょうかね?

さて このタイミングもそれはそれで 親がまた来たからという理由で
立ち寄らせてもらったのですが そちら方面の話はまた別にしゃべることにします。
……生き死にという話題にはなりませんが 少し重たく感じるものなので。

一応 最低限のことだけ先に喋らせてもらうと 急遽日程が空きまして
そのタイミングで何か 親もボクもやれることないかな~
――って 模索してみてのこの形になるんだと思います。

みんぱく03
そんなわけで 基本的に下調べも何もせずに
とりあえず みんぱく行ってきたわけですが
その先でこんな感じの
フードフェスティバル
やっていたみたいなんですよね~
――たどり着いたのはお昼時。

何か食べてみたい感もありました。

……けれども その時間帯 バカみたいな込み具合だったことに加えて
公園への入場料とは別に500円程度取られること。
――さらに そこから先 さらに料理を食べるときになって
どれくらい取られる可能性があるのか全く分からないこと。

何より 中も(時間帯のせいか)激混みしていまして
入場料とられるゆえに なかなか 自由に動き回らない上に
こんな感じで時間 縛られてしまうのは せめて関東からきている
親的に つまらないものもあるんじゃないかと考えて早々に切り捨てて。

みんぱく04みんぱく05
……結局 ありきたりになるのかもしれませんがみんぱくへ駆け込むと。

まぁ ありきたり言いましたが 親にとっても 関東に来て以来
まだ一度も入ってこなかった場所のようで 何かとその
懐かしい話を聞かされたりしたこともありましたし ボクもボクで
とある課題を片づけるのに 博物館をネタにしたレポートを
作らねばならないような感じになっていましたので 何かと都合がよかったという。

ついでに 前回こちらに来た時――少なくとも その時がボクの記憶の上では
始めてきたことになっているのですが 親も来ていなかったということは
その時本当に初めてきたという認識でよかったんでしょうね――には
気が付かなかったのですがここの音声プレイヤー

よく博物館なんかでありがちな 有料で貸出――みたいな形ではなく
申告して電話番号的な何かを伝えておくのであれば
基本的に無料で貸し出せるみたいなことがあったんですね~

……まぁ すべての展示の前でそれ 聞いていたら
博物館回るだけでずいぶん疲れてしまう物でありますし
これは 何度かに分けて博物館通ってみてすべてコンプするためのものなのだろうと。

そして 前にも同じようなこと書いた気がしますが
やっぱり PSPなんだな~  って 思ったわけであります。

とまぁ そんな音声ガイドを聞きながら お昼食べたころから
閉館時間がどうこうって館内放送が騒ぎ出す程度の時間まで
ゆったり時間がつぶせたものだから 博物館って
なかなか知的に楽しむのには良い空間なんだなって再認識。

みんぱく06みんぱく07
まぁ そんな時間までうろうろしていて
その先は 親の万博当時の足跡をたどるような形で公園歩きまして
たどり着いたのが 彩都西方面の列車が到着する路線側の駅。

……まぁ こちらもこちらで モノレール区間として載っていませんでしたしね~
――いろいろ 自己満足な写真 とらせていただきましたよっと。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/2209-853f1104