真面目な本

2014⁄07⁄23(水) 00:00
どうも。 昨日の海の日記事に関しては 海の日の存在を忘れていたのは本当。
――で 海の日に合わせてそれっぽい記事を書こうって思い立ちました。

そこまではよかったのですが いざ その前提で記事書いて
いざ投稿って思った時に 既にその日に装てんされていた記事が
日付ずらして投稿したら 完全にアイデンティティ崩壊させるような
書き方していたしょうもない記事だったので相当焦りましたね。

……まぁ 時間も足りないことですし せっかくした作文を
こんなことで反故にするのも面倒だったので 結局直前まで書いていた
海の日に登校しようとしていた記事をちょちょっと手直しして
ほぼ原文ままで 少々間抜けな記事 上げてみた形になったのですが。

……う~ん。 どうせ自分のことだから もっと無鉄砲に
記事作っていたんじゃないかな~  って 思っていたんですけどね。
思ったより真面目だったみたいです。 過去の自分。

というわけで なんか間が抜けてしまったタイミングに上げていた
昨日の記事に 少し伏線張っておきましたが その伏線回収と題しまして
なんとかレポート終わらせた普段レポ畜の大学生の束の間の休日。

……書かせていただくことにしましょうかね。 たまにはそんなのもいいでしょう?

ただし しょうもないことを全力で引き延ばして書かせていただきますので
そのあたりはご了承を戴きたいところであります。 面倒くさいと思いますが。
――何書くにしても 逐一理由まで書きたくなるのがこの日記の特性ですので。



きっかけは 前 親が法事するためにこっち来た……なんて話していましたが
その時に 大阪府南部某所にある両親の実家にも顔出したんですよね??

……で その時に使ったチケット――金券ショップで買ったのですが――を
余らせてしまいまして今月末まで使えるなんば行の切符が
一枚 手元に残っている状況になるわけで。 ――その時は南海使いました。

まぁ 無理して使うでもないのかもしれませんが せっかくあるのなら使いたくなるのが
性という物でありまして大阪市に遊びに行こうと思い立ったわけです。

まぁ 一日使えるのであれば一か所って言うのも何ですし 別に
誰かと待ち合わせていくまででもないような気がしたので
とりあえず なんばに行く前に梅田よってそちらで用事作るのもアリかなぁって。

そんなわけでまず 梅田の方に行ってきたのですが 今回はいつものように
ゲーセンに入り浸る……にしても あまり人が集まっていないようでしたし
かなり使い勝手のいい場所がつぶれてしまったこともありましたしちょっと難民状態。

それ以前に ここ最近レポートのために部屋に籠っているときに
ちょっと自分の部屋に勉強的な意味で参考書が少ないなぁって言うのが気になって。
――なんか 今更遅いような気がしないでもないのですが 文献買いに行きました。

そもそも うちの学科の授業不自然なほど教科書使う授業が無いので
――せめて 物理学系統の授業とかに関しては教科書指定してくれていいと思うのですが。

どうも その授業が終わった後 授業の復習しようと思った時に
ばらばらとプリントの束が出てくるのと きっちりとテキストが残っているのとでは
そのとっつきやすさがかなり違うなぁというのが気になったところ。

……物理学科の授業 過去に自分は受けたことがあるのですが
そちらはしっかりと テキストを残すような授業を行っていました。
……で 気が向いたときにこっちに関しては復習してみようかなんて思えるんですけど
本来の自分の学科の授業は それよりも優先順位が落ちてきてしまうというのは。

それに加えて 夏休みにお勉強しようかと考えている方面のもの
――後期には 一般相対論の授業取りに行こうかと考えている節がありまして
そちらを始める前に勉強した方がよさそうなものでしょうか――も立ち読みしに。

そもそも 特殊相対論が相当理解できていないと辛い部分がありそうですので
そちらの復習をやっておきたいと感じていたというのが一つ。

次に 今期の授業でも必要性を感じた部分ではあるのですが
量子力学に関してもお勉強しておいた方がよさそうって思ったのがもう一つ。

書籍01書籍02
その前に そもそも理科年表とかファインマン物理学といった古典的名作ならば
ボクも持っておく必要性を感じたような気がする。 というわけで そっち方面の
お買い物もどっさりとやっておいた。 そんな気もするんですよね。

――なんか 前からぶつぶつ書いていくよりも 現物載せた方が
早いような気もしないでもないですが 先に理由書きたかったんです。 ごめんなさい。

まぁ このような本ですら 教科書指定されていなかったですし
紹介されるようなこともなかったですし――と 人のせいにする部分が一つ。

それ以前に 自分でサーチしなかったという部分に関して自分自身にも
相応な責任があるんだろうなって思っている。 そんな部分もありまして。
――なんとなく他人事のように 自分も甘いなぁって思ってしまったわけでして。

まぁ さっきざっと流しで書かせてもらいましたが 夏休みに自分が
自分に貸す課題として用意したのは 上のようなお勉強――主にこれから
一般相対論習って行こうと考えた時に気になる点の補充。

そして 今期の授業でぶっちゃけ ついていけている気がしない部分に関して
遅いかもしれませんが 補填したいなぁと思った。
……といったきっかけを平然とさらしたような形になっております。

ということを作文している際には 自分の勉学に対する取り組み方に
多少なりとも疑問を呈せざるを得ない感じになっているのですが
――この辺りは おいおい考えていくことにしましょうかね。

書籍03
あと 巷で有名になっているらしい
こんな本も買ってきました。
――フーリエの冒険。

……一応、数学の本です。
なんか 帯にも書いてありますが
そんな注釈なしに読めない程度には
本当に 破天荒な描き方してあります。

数学の本です。

大切なことなので三回、数学の本です、と書きたくなってくるこの本。

……先輩方とか 一部の教授とかから フーリエ変換の勉強
いまいち腑に落ちないのなら読んでみるといいよって言われた
一種の“不朽の迷作”らしいのですが――ちょっと 気になりましてね。 えぇ。

TOP

Comment

教科書指定されても大学の図書館で借りてきて2週間おきに毎回延長するkzが通りますよー
私の家には参考書がほぼありません。大体図書館で探して何とかします。
大学の図書館になければ市の(今は区の)図書館で探します。
図書館、意外に便利ですよ?(手元に残らない欠点は残りますが…)

特殊相対論は高校ころ少しかじって辞め、量子論は大学1年のころ少しかじってやめました。
いまは全く使わないのでやめて正解でしたが、あそこらへんの話は結構難しいですよね。

この記事読んでいると、講義中と課題とテスト勉強でしか勉強してない私はまだまだだなと思いますね。夏休みに復習・勉強する気0ですし。
そのやる気、すごいと思います。私には無理です…

2014⁄07⁄23(水) 21:58 | | [edit]

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/2114-7d3c34ed